無料でセブ島留学?英語学校『AHGS』の【0円留学】の特徴と評判

11
スポンサードリンク

「セブ」「留学」「格安」の3つのキーワード検索すると1番最初に出てくるのが「セブ島「0円留学」|アーグスイングリッシュアカデミー」。

“0円留学”というインパクトなネーミングは、なるべく費用を抑えて留学したい人にとっては目に留まりやすいですよね。

今回は、セブ島に数多くある英語学校の中でも、”0円留学”という非常にユニークなコースがある「アーグスイングリッシュアカデミー(AHGS ENGLISH ACADEMY)」についてご紹介。

合わせて「0円留学」は果たして本当に0円なのか、その実態についてご紹介したいと思います。

1.AHGS ENGLISH ACADEMY(アーグスイングリッシュアカデミー)

  • 住所:Unit 607A, Keppel Center,Cebu Business Park,Cebu City
  • TEL:0120-954-577(日本からのフリーダイヤル)
  • 全校生徒数:60~80名
  • 国籍比率 :日本人100%
  • 滞在先  Sarrosa International Hotel(サロッサインターナショナルホテル)
  • 滞在形式 :複数人部屋(6人)~1人部屋の寮

大型ショッピングセンター「アヤラ(AYALA)モール」から徒歩圏内のオフィスビル「Keppel(ケペル)Center」の2階と6階にある英語学校。

開校から約2年。セブ島の語学学校の中でも比較的新しい学校の一つと言えるでしょう。特に「0円留学」というユニークなキャッチフレーズで注目され始めている学校です。

滞在期間の平均は1~3ヶ月。年齢は日本の大学生、20代前半の若い人が多いです。「0円留学」に関しては、やはり費用をなるべく抑えたい学生さんが多いようですね。

日本人専用の英語学校で、スタッフ・インターン共に日本語で対応してくれるので、初めての留学でも安心です。

▶️セブ島留学がなんと0円!0円留学

2.0円留学とは?

さて、一番気になる点ですが、0円留学とは一体どういうことなのでしょうか。本当に無料で留学ができるのか。いやいや、そんな上手い話はありません。0円留学を実現させているメカニズムはこうです。

留学費用✕仕事⇒授業料&滞在費無料

つまり、学校内で授業を受けてかつ仕事を両方行うことで、授業料と滞在費分の料金を相殺しているのです。日本で言ったら、パートタイムで通いながら空いた時間でバイトをしているようなそんな感覚でしょう。

なるほど、これは理に適っていますね。かなり思い切った発想。これなら0円留学と言われても納得がいきます。

0円留学で行う仕事内容とは?

さて、ここが1番気になるところだと思いますが、「AHGS」の0円留学で行う仕事はコールセンター業務です。

いや、英語もそもそも話せないのにフィリピンでコールセンターなんて無理・・・なんて、そんな心配は無用です。何故なら、コールセンター業務は100%日本語だから。

日本語のネイティブで、カスタマーサービスなどで必要な丁寧な言葉遣いができれば誰でもできるお仕事。研修制度もあるので、初心者でも大丈夫です。

ただし、自ら電話をかけたり、電話口でお客様に説明したりする仕事なので、人によって得意・不得意、向き不向きがあるとは思います。電話口での対応が得意ではない、接客系の仕事にストレスを感じる方にとっては、せっかく留学に来たのに、仕事面でしんどい思いをしてしまうかもしれません。

逆に、日本でもコールセンター業務経験者の方にとっては、日本で行っていた経験を活かしながら、英語の勉強もできるのでおすすめです。

また、コールセンター未経験でも、日本語の正しい使い方や営業の仕方などを学ぶいいきっかけになるかもしれません。

英語の授業との比率

さて、気になる授業と仕事の比率ですが、これは完全に5分5分ですね。スケジュールは人によって異なります。以下、詳しく見ていきましょう。

  • 1日のうちに、仕事と授業が両方あるパターン

4時間仕事+4時間授業を毎日繰り返すパターンです。短期の人はこのパターンが多いようです。ただし、仕事で疲れてしまい、授業がおろそかになったり、仕事がいっぱいいっぱいで授業を休んでしまったりする人もいるようです。

  • 日によって仕事の日と授業の日が分かれるパターン

丸々8時間仕事の日と、丸々8時間授業の日が分かれているパターンです。長期の人に多いパターンのようです。仕事と授業のメリハリがつけられるのはいいですが、仕事の日は下手すると一言も英語を話さずに終わってしまいます。

 

もちろん、「0円留学」で授業料や滞在費が浮く分、仕事に対してもそんなに不満を言わずみんな頑張っています。しかし、やっぱり仕事の方が責任が大きいので、英語の勉強に集中したい人にとってはしんどいかもしれません。

仕事を覚えて、授業を受けて、宿題が間に合わない、と慌てている生徒さんも多いです。

「0円留学」は決してラクしてできることではありません。仕事と勉強を両立しながら、その報酬として授業料と滞在費が無料になっているのです。

留学中はキツイこともあるかもしれませんが、留学後はこの経験が就活などにおいても大きな自信に繋がるでしょう。

0円留学プランからガチ留学プランへの変更は可能?

実際に0円留学で申し込んで、現地に来てから途中で変更することも不可能ではありません。(短期間の場合はわかりませんが・・・) 授業料を支払って、ガチ留学プランに変更している方もいます。

【例】3ヶ月間の留学中、最初の2ヶ月を0円留学⇒最後の1ヵ月だけガチ留学

ただし、仕事のスケジュールや人数調整の関係もあるので、変えたいといってすぐに変えられるわけではありません。早めにスタッフの方まで相談するようにしましょう。

3.本当に0円?

「0円留学」と謳っていても、もちろん一銭も払わずにセブ島に行けるわけがありません。無料になるのは学費と滞在費のみ。その他の費用は、自分で用意することになります。

  • 航空券代 ⇒40,000~60,000円
  • 入学金 ⇒15,000円
  • SWP代-Special Working Permit-(フィリピンで働くことができる許可証) ⇒10,000ペソ(約25,000円)
  • 生徒ID代 ⇒200ペソ(約500円)
  • 水道光熱費 ⇒600ペソ(約1,300円) / 週
  • 教材費 ⇒700ペソ(約1,500円) / 1冊
  • 空港送迎代 ⇒600ペソ(約1,300円) ※22時以降のお迎えは1,000ペソ(約2,200円)
  • デポジット(問題が無ければ最終日に返金) ⇒5,000ペソ(約11,000円)

※オレンジで表記してあるフィリピンペソは現地での支払いとなります。

1ヵ月間の0円留学の際に必要な費用例

例えば、1ヵ月間「0円留学」で申し込む場合に、必要な費用の合計は日本円・フィリピンペソで以下のようになります。

  • 航空券代:約60,000円 事前手配
  • 入学金:15,000円 (入学の1週間前までに日本円で振り込み)

約75,000前後

※日本の空港までの運賃や、地方からの飛行機乗り継ぎを含めたら10万くらいは使うでしょう。

  • SWP代:10,000ペソ
  • 生徒ID代:200ペソ
  • 水道光熱費:600✕4週間=2,400ペソ
  • 教材費:700✕4教科=2,800ペソ
  • 空港送迎代:600ペソ
  • デポジット:5,000ペソ(最終的に返金だが支払必須)

21,000ペソ(約45,000円)

※支払はフィリピンペソ現金のみ

絶対的に必要な費用は最低でも15万円は考えておきましょう。さらに、AHGSでは食事も含まれていないので、朝昼晩の食費や、現地でのタクシーなどの移動費、小旅行や観光の費用、お土産代等を考えるとさらにかかります。

フィリピン滞在時の生活費の詳細は【フィリピン滞在のリアルな費用!一ヶ月の生活費は約○○ペソ!】を参考にしてみて下さい。

全て合わせて、最低でも20万円は貯めておくことをおすすめします。

0円留学なのに結局20万はかかるんだ・・・と思う方もいるかもしれませんが、1か月分の授業料の約10万円前後(学校による)が浮くわけですから、費用を抑えたい方や学生さんにとっては助かりますよね。

ただ、「0円留学」という言葉だけを鵜呑みにするのは危険です。事前に何のお金が無料で、何が無料ではないのかは、しっかり確認しておきましょう。

4.「0円留学」どんな人におすすめ?

「0円留学」のコンセプトは、留学費用にとらわれず、一人でも多くの人に留学を経験してほしいということ。そのため、費用面を抑えたい日本の学生や20代の若い生徒さんが多いです。

上でも説明したように、仕事内容は日本語でのコールセンターなので、経験者やコールセンター業務に抵抗がない人にとっては、学費+滞在費分が無料になるのはかなり助かるでしょう。(通常の留学料金の1/3~半分程度が割引になります)

また、学校自体が日本人専用なので、英語を勉強する意欲が相当強くない限り、日本語中心の生活になってしまいます。

費用を抑えたい+自発的に英語をしゃべる努力ができる方、「金欠だけどモチベーションだけは誰にも負けない!」という方には是非挑戦してもらいたいですね。

とはいっても、セブ島留学の選択肢は0円留学だけではありません。0円留学と他のプランを組み合わせることで費用を抑えることもできます。以下、いくつか提案を見ていきましょう。

0円留学+ガチ留学 or 0円留学+他学校

セブ滞在中、0円留学のみだと仕事に気がとらわれて、100%英語に集中するのは難しいかもしれません。

実際に0円留学を経験してみて、やっぱり仕事ナシで英語学習に集中したいと思ったら、1ヵ月ごとにプランを変えてみてもいいかもしれません。

例えば、2ヶ月留学予定で、最初の1ヵ月は0円留学、2ヶ月目はガチ留学にした場合、2ヵ月間ガチ留学で通うよりも10万~14万程度は費用を安く抑えることができます

英語を使った仕事をしながら、滞在費を浮かせたい場合

実際、現地のフィリピン人との交流を通して英語を学びながら仕事も体験してみたいなら、語学学校のインターンがおすすめです。

例えば【AHGS】の0円留学を1~3ヵ月間、その後3~6ヵ月の長期でインターンに応募してみても良いかもしれません。

もちろん、インターンの仕事内容は雑用も含めて非常にハード。英語を活かせるかどうかも完全に自分次第です。それでも海外でインターンとして働いたという経験は大きな自信につながることでしょう。

5.0円留学のメリット・デメリット

上記を全て踏まえた上で、改めて0円留学のメリット・デメリットをまとめてみました。実際通っている生徒さんからの正直な意見も含まれています。

メリット

  • 低コストで留学可能
  • 日本語でのコールセンター業務なので資格等不要
  • 日本人スタッフ・インターンが日本語で説明
  • 学校・ホテル共に立地が良く、初めての留学でも安心
  • 費用は安いけど、宿泊施設の質は悪くない
  • 複数人部屋の共同生活で友達をつくりやすい

デメリット

  • 日本語のコールセンターなので英語は一切使わない
  • 日本人用の学校なのでクラス以外では日本語
  • EOP(English Only Policy)英語オンリーポリシーがゆるい
  • 仕事と英語学習とのバランスがとりづらい
  • 学費と滞在費以外の費用はかかるので、実質0円ではない

どこの学校もいいところもあれば悪いところもあるのは当然。その中で自分の英語学習の目的や、条件に合うところを選びましょう。

まとめ

以上、セブ島語学学校『AHGS』の「0円留学プラン」についてご紹介しました。

語学学校『AHGS』が提供するプランは2種類、それぞれの詳細は以下の公式サイトを参照下さい。

また、『AHGS』の学校自体の詳細や、私自身が実際にガチ留学を体験して感じた、授業や宿泊施設の詳細は、以下の記事に詳しく書いてあります。是非、参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク
11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です