英語で接客する時に役立つフレーズ集【おしゃれなバー編】

31
スポンサードリンク

接客英語シリーズ!

今回はオシャレなバー編。外国人のお客様が多く来店するオシャレなバーにて役立つ接客英語のフレーズをご紹介したいと思います^^

[Photo by torbakhopper]

1. バー接客英語フレーズ

まず最初に、バーテンダーとして外国人のお客様を接客する時に役立つ英語のフレーズをいくつかざっくりご紹介したいと思います。

What can I get for you?

「ご注文は何になさいますか?」「何をお作りしましょうか?」

バーでの最初の接客で必ずと言っていいほど使われる表現です。

Would you like ice with it?

「氷はお入れしますか?」

ドリンクに氷を入れるかどうかを聞く時に使います。

Would you like anything to eat?

「何か食べるものはご一緒にいかがですか?」

Coming up… here you are.

「出来上がり。さぁ、どうぞ。」

飲み物が出来上がり、お客さんに差し出す時に使います。

“Coming up!”は料理が出来上がった時などの「出来上がり!」という意味でよく使います。

Can I get you another drink?

「もう1杯いかがですか?」

お客さんのグラスが空いていたら、次のドリンクを聞きましょう。

Do you have any preferences on the whiskey?

「お好みのウィスキーはございますか?」

Would you like a pint or a glass?

「パイント(20 oz)、グラス(12 oz)どちらでお飲みになりますか?」

would you like that on tap or in a can?

「グラスにお注ぎしますか、それともカンのお渡しが宜しいですか?」

Would you like a glass with your bottle of beer?

「ビールのボトルと一緒にグラスもご利用になりますか?」

ビールはボトルのままお客さんに渡すパブやバーは多いですが、一応グラスが必要かどうか聞いてみましょう。

2. バーでのオーダー時に役立つフレーズ

続いてオーダー時に、頼む側もバーテンダー側も知っておくべき基本的なフレーズをご紹介したいと思います。

お酒提供の方法

◆On tap / On draft 注いだ状態、すぐに飲める状態で

◆A can of… 1カンの
“A can of beer”

◆A bottle of…  1ボトルの
“A bottle of beer”

◆A pint of… 1パイントの(20 oz)
“A pint of beer”

◆A glass of / a sleeve… 1グラスの(12 oz)
“A glass of wine”

◆A pitcher of… 1ピッチャーの
“A pitcher of beer”

◆A half liter of… 1/2リットルの
“A half liter of wine”

お酒の割り方

メジャーな頼み方として、ウィスキーの場合の「オンザロック」と「ストレート」をご紹介します。

◆On the rocks 氷入りで
“Whiskey on the rocks.”

◆Straight up ストレートで
“Whiskey straight up.”

まとめ

以上、外国人のお客様が多く来店するオシャレなバーにて役立つ接客英語のフレーズをご紹介しました^^

落ち着いたオシャレなバーでお酒を飲みながら、ゆっくりと1日の疲れを癒してもらえるような接客をしたいですよね♪

参考にどうぞ☆

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク
31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です