カナダでワーホリ!【ホームステイ】のメリット・デメリット

ss
スポンサードリンク

ワーホリでカナダに滞在する時、語学学校に通いながらホームステイを経験したいという方がとっても多いかと思います^^

私自身も、カナダのバンクーバーにて1回、コスタリカのスペイン語留学時に1回、そしてワーホリでトロントにて1回、計3回のホームステイを経験しています。

今回は、自身の経験も交えてホームステイのメリット・デメリットをシェアしたいと思います。

メリット・デメリット順番に見ていきましょう!

1. ホームステイのメリット

まずはメリットから挙げていきます。

もちろん家族によって多少の違いがあると思いますが、良い家庭に巡り合えれば良いことがたくさんありますよ^^

現地の家族の輪に入って生活することで文化を知る

現地に生まれ育った、もしくは長く住んでいる家族と共に生活することは、その国の文化を知る1番の近道

カナダは移民が多く、必ずしもカナダ生まれのカナダ人がホストファミリーとは限りません。

ただ、移民が多いという文化も含めてカナダ。移民になった経緯や、祖国のことなど聞いてみたりして、コミュニケーションをとってみましょう♪

カナダ人の友達、コネクションが出来る

語学学校に通っていると、同じ留学生の友達は出来ても、現地のカナディアンの友達ってなかなか出来ないもんです。

ホストファミリーは家族であり、頼れる良き友達にもなれます。

・自分と近い年齢の子供がいる

・父母の年が若くて話が合う

・知り合いを紹介してもらえる

このような形でカナディアンの友達や知り合いの輪が広がるかもしれません♪

ネイティブの英語を聞く機会が多い

学校で英語を学ぶのはもちろんのこと、やはり語学で大事なのは、長い時間その言語に触れていること。特にネイティブの英語に触れられる機会はとても大事です。

学校のクラスが大人数で、なかなか先生に1対1で聞けない質問も、家でのんびりしている時に聞けるって良いですよね^^

私もホストファミリーには学校の宿題を見てもらったり、授業で行うディスカッションの練習をしたり、履歴書の添削など、たくさん手伝ってもらいました♪

ご飯や生活面でのサポートが心強い

一人暮らしと比べて、ホームステイは実家にいるようなもの。特に、朝昼晩とご飯が出るのはとってもありがたいですよね。

勉強や宿題に集中してて気づいたら夜7時、食卓には既に美味しそうなご飯が出来上がっている。だいぶ助かります^^

また、洗濯や掃除などもホストマザーがやってくれたり、本当の子どものように全てサポートしてくれる家庭もあります♪

2. ホームステイのデメリット

もちろん、良いところもあれば悪いところもありますよね。上で述べたメリットと対比してデメリットを見てみましょう。

家庭によって、コミュニケーションの度合いの差が激しい

メリットで述べたように、カナダという国は移民の国なので、様々な文化、バックグラウンドを持つ家庭があります。

そのため、ホームステイをビジネスの1つとしてしか考えていない家庭も少なくありません

必要最低限の食事、部屋の提供のみで、あとは一切関わらない。家での会話もほとんどなく、ご飯もみんなバラバラで食べる。そういった話もよく聞きます。

また、英語が母国語ではない人もたくさんいるので、ホストファミリーの英語が聞きづらい、訛りが強くて理解できないというパターンもあります

「ホームステイ、絶対に失敗したくない」という方は、留学エージェントなどに手配する時に、自分の希望をなるべく細かくお伝えしてみてはいかがでしょうか。

夕食の有無や帰宅時間を毎回連絡する

ホストファミリーにとって、お金を払って滞在している留学生は、家族であると共にお客さんでもあります。そのため、何かあれば責任も生じるし、もらったお金分で、ご飯もしっかり用意します。

なのでこちらも礼儀として、友達とご飯を食べるので夕食がいらない日や帰宅時間が遅くなる場合は、心配しないようにとホストファミリーに連絡をする必要があります。

重要なことだとはわかっていても、毎回連絡したりするのは面倒だったりしますよね。

ホストファミリーとの相性や、気遣い

一番多い問題かもしれません。いくら家族と言っても所詮は他人。相性が悪く、コミュニケーションがストレスになったり、相性は良くても気を遣いすぎて疲れたり。

ただ放っといてほしい・・・という時も、同じ家で生活してて元気がなかったら、ホストファミリーも気になってしまいますよね。

自分のペースで暮らせるハウスシェアの方が気楽だという方も多いです。

まとめ

以上、ホームステイのメリット・デメリットについてご紹介しました。

私自身の経験上、初めてのカナダ・バンクーバー留学時のホストファミリーは、完全にビジネスタイプの家庭でハズレでした。

夕食も冷凍食品だったり、家族全員で食事をとることも少なく、小さい子供たちがいたので、ベビーシッターのような感じでした。(↑良い経験になったので、結果的には良かったですが。)

コスタリカ・スペイン語留学の時と、カナダ・トロントワーホリでのホストファミリーは非常に良く、生活面、語学面両方でたくさんサポートしてもらいました^^

ホームステイの費用はだいたい、4週間(1ヵ月)で$750(75,000円)前後。

ワーホリで滞在する場合は、最初の2~3ヶ月を学校に通いながらホームステイして、仕事が見つかったらハウスシェアに移るという形が良いのではないでしょうか?

参考にどうぞ☆

▶️その他のワーホリ情報はこちら

スポンサードリンク
ss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です