カナダにワーホリに行く時におすすめの保険はどれ?比較してみた

c

1年間のワーホリで気になることと言えば、海外保険。

カナダワーホリビザ申請の条件の記事にも書いたように、海外保険加入は申請の条件としても義務付けられています。

ただ、この保険料が意外と高かったり、いらないオプションがついていたりと、費用を抑えたい人としっかりカバーしたい人で、希望する保険の種類も変わってくると思います。

今回は、ワーホリ滞在予定の方に状況別、オススメの保険をご紹介したいと思います!

  1. 日本国内にて加入する場合
  2. 現地にて加入する場合
  3. クレジットカード保険からのきりかえの場合

それでは、順番に見ていきましょう。

[Photo by : Susana Fernandez]

 

スポンサードリンク

1. 日本国内にて加入する場合

保険の内容や範囲が広くしっかりカバーしたいという方には、日本国内の会社で加入することをオススメします。

・保険料 ⇒契約期間単位の計算なので割高。(1日当たり400円~、1年で10~20万円)

・保障の範囲や保障額は高く安心。

・医療保険のみならず、盗難や紛失等も含むことが出来る。

・個人賠償責任(自分自身が賠償責任を負った場合)もカバー。

AIU海外旅行保険

スクリーンショット 2015-02-11 午前11.54.57
[出典 : AIU保険会社公式HP http://www.aiu.co.jp/travel/index.html]

◎ 旅行や留学など、用途に合わせたプランで加入ができる
◎ 傷害・疾病などの治療はもちろんのこと、携行品や航空便遅延時の保障もついて安心
◎ 出発日当日に加入することも可能。東京の羽田・成田空港で出国直前でも加入できます!

2. 現地にて加入する場合

保障内容は限られていますが、必要最低限のものにだけ入って費用を抑えることが可能

  • 保険料 ⇒1日単位の計算となり、1日$2前後と安い
  • 保障の範囲や額は低い。
  • 基本的に医療保険のみなので、携行品や盗難保険はなし
  • 1年あたり55,000~80,000円ほど。

以下、オススメ保険としては、私自身がエージェントを通して入っているものを紹介しますが、内容や料金はどこのものでもほぼ同じです。

TISI(Trinity International Student Insurance)

スクリーンショット 2015-02-11 午前11.50.12
[出典:http://www.tisi.ca/]

◎ 最低限の医療保険をカバーしてくれる
◎ 保険料は1日$1.55
◎ 即日からでも加入可能
◎ 最短で16日以上の加入が条件
◎ 死亡、入院、救急搬送、本国送還などの緊急時対応
◎ 緊急治療はもちろんのこと、緊急性のないものでも、$3,000まではカバー
◎ 処方箋薬:30日分、$10,000までカバー
◎ 歯科:治療費は出ないが、薬などは$600までカバー

※ ただし、日本で始まった持病などの治療や病状は含まれません。
 

スポンサードリンク

3. クレジットカード保険からのきりかえの場合

最後に、1番料金を抑えられるクレジットカードとの併用をご紹介します。

ただし、ここで注意しなければいけないのが、クレジットカード付帯の保険はあくまで【海外旅行保険】であって、【期間は3ヶ月ほど】と決まっています。

クレジットカード付帯保険の期限が切れるタイミングで、保険を切り替えることをくれぐれもお忘れなく!

オススメの保険付きクレジットカードを2種類ご紹介しますが、カードの保険は「自動付帯」と「利用付帯」に要注意!!

各カードのサービス内容に沿ってご説明します。

EPOSカード【VISA付】

スクリーンショット 2015-02-11 午前11.50.40
[出典 : EPOSカード公式サイト]

VISA付きのクレジットカードであれば、海外旅行傷害保険が自動付帯のEPOSカード。自動付帯は、そのカードを海外で持っているだけで保険が効きます

◎ 自動付帯なので、出発前の手続きや届けは一切不要
◎ 入院や治療などに加え、携行品の破損などもカバー
◎ 1旅行につき最長90日間適用

楽天カード

スクリーンショット 2015-02-11 午前11.51.10
[出典: 楽天カード公式サイト]

海外旅行傷害保険が利用付帯の楽天カード。利用付帯は、そのカードで出国前に旅費などを支払った場合に保険が適用

◎ 航空券代や、空港までの公共交通費(バスやタクシーなど)を当カードにて支払うことで、保険が付帯。(公共交通乗用具の回数券やプリペイドを決済してもOK)
◎ 入院・治療・携行品などカバー
◎ 旅行期間中は適用されるが、最長3ヶ月まで

まとめ

以上、状況別オススメの保険をご紹介致しました!

1. 日本国内にて加入する場合 ・・・AIU保険

2. 現地にて加入する場合・・・TISI

3. クレジットカード保険からのきりかえの場合・・・EPOSカード・楽天カード

ちなみに、私の場合は3番目のEPOSクレジットカード【VISA】で3ヵ月間を過ごした後に、現地の海外保険に9ヵ月間加入したので、9ヶ月分で約$420(42,000円)でした。

既に給料も発生していたし、困るほどの金額でもなく、現地のエージェントに現金で全額支払い、その日から保険適用してもらいました。(手続きは、20分くらいで書類記入すればOK!)

海外生活、いつ不慮の事故にあったり病気になるかは誰も予測できません。保険加入忘れには十分にご注意下さい!(私も忘れそうでした・・・汗)

参考にどうぞ☆

▶️その他のワーホリ情報はこちら
 

スポンサードリンク

c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です