入りやすくて落ち着く!セブ島にあるおすすめのカフェ6選

happy young woman looking at phone in coffee shop

セブ島でおすすめのカフェは?セブ島には、溢れるほどたくさんのカフェがありますが、人気・有名・便利・雰囲気良しと条件がそろっているところに行きたいですよね。

今回は、セブ滞在中に一度は訪れたい!友達とのおしゃべりの場としても、一人でゆっくり勉強したり、はたまたWi-Fiを使って作業をするのにも役立つおすすめのカフェを6つピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. Bo’s Coffee(ボス コーヒー)
  2. The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)
  3. FIGARO(フィガロ)
  4. Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)
  5. Krispy Kreme Doughnuts(クリスピークリームドーナツ)
  6. Chatime(チャ・タイム)

それでは、順番に見ていきましょう^^
 

スポンサードリンク

1.Bo’s Coffee(ボス コーヒー)

image
  • ドリンク1杯の価格帯:100~300ペソ
  • Free Wi-Fi取得方法 :パスワードを店員に聞く
  • 店舗       :ショッピングモール内、街角など多数

フィリピン・セブに拠点を置くかなりメジャーなコーヒーチェーン「Bo’s Coffee(ボスコーヒー)」。

フィリピンにはスタバもありますが、こちらもフィリピン版のスタバといったところでしょう。Wi-Fiもパスワードを聞いて、インターネットに繋ぎ「Bo’s Coffee」のサイトにパスワード入力すれば簡単に接続されます。

コーヒー・ティー・スムージーなどに加えてクッキーやパンなどのフードメニューもあります。個人的にはモーニングのイングリッシュマフィンとコーヒーのセットがお気に入り。

雰囲気が良く、留学生や外国人もよく利用しているので過ごしやすいし、長居もしやすい環境です。

2.The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)

image
  • ドリンク1杯の価格帯:150~250ペソ
  • Free Wi-Fi取得方法 :メンバーシップカード購入要(195ペソ)
  • 店舗       :ショッピングモール内、街角など多数

カリフォルニア州ロサンゼルス市を本部とするコーヒーのチェーン店「The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)」。

店の名前の通り、コーヒー・紅茶がメインで、食べものもケーキやサンドイッチ、パスタなどの軽食があります。

初回にメンバーシップカードを購入すれば、そこから無料でWi-Fiが使えるようになります。ポイントも溜まるようなので、「The Coffee Bean~」が家の近くにあったり、使う回数が多い方にはおすすめ。

店の雰囲気は良いです。アメリカのコーヒーチェーンなので、「Bo’s」に比べて欧米人の在住者や旅行者が多いイメージです。

3.FIGARO(フィガロ)

image
  • ドリンク1杯の価格帯:100~200ペソ
  • Free Wi-Fi取得方法 :店員さんにパスワードを聞く
  • 店舗       :ショッピングモール内など

コーヒーが美味しいと評判のカフェが「FIGARO(フィガロ)」。フィリピン発のコーヒーチェーンで、落ち着いたリッチな雰囲気でおすすめです。

定番のコーヒーはもちろん、紅茶派の方にはフレーバーティー。コールドドリンクも豊富。クリームののったフロートや、フロスト(スムージー)なども楽しめます。

ピザやパスタなどの軽食も人気で、ランチからティータイムまでくつろげる空間です。
 

スポンサードリンク

4.Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)

image
  • ドリンク1杯の価格帯:100~250ペソ
  • Free Wi-Fi取得方法 :WIFIアクセスカードを購入
  • 店舗       :ショッピングモール内、街角など多数

日本でもお馴染みの「スターバックス コーヒー」。スタバファンは、ここに来れば日本と同じクオリティーのドリンクやフラペチーノなどが日本より安めのフィリピン価格で楽しめます。

友達とおしゃべりの場としては最適のスタバですが、ガヤガヤと混み合っていることが多いので、勉強やまったりするのにはおすすめできません。

また、Wi-Fiを使うのにも、アクセスカードを購入する必要があるので、Wi-Fi接続のためならスタバではなくBo’sの方がおすすめです。

5.Krispy Kreme Doughnuts(クリスピークリームドーナツ)

  • ドリンク1杯の価格帯:100~150ペソ
  • 店舗       :ショッピングモール内

1937年にアメリカで創業した歴史あるドーナツ店。日本でも一時期は行列ができるほど有名でしたよね。

セブ島にはショッピングモール内などに数店舗。マニラにも数店舗あります。カフェというよりドーナツがメインではありますが、甘いスイーツが食べたくなったときにおすすめ。

日本でも人気のドーナツが、フィリピン価格でちょっと安めに買えるのも嬉しいポイントです。

6.Chatime(チャ・タイム)

  • ドリンク1杯の価格帯:60~100ペソ
  • 店舗       :セブITパーク内

台湾発のタピオカミルクティーをメインに扱うお店。日本ではつくばに第1号店がオープンしました。

そんな日本ではなかなか飲めないけれど、世界中で大人気の台湾のタピオカミルクティーがフィリピンで楽しめますよ。

特にタピオカ入りは、小腹が空いたときにピッタリ。ミルクティーの飲み応えと、タピオカの食べ応えバツグンで、1杯で十分満足できるでしょう。お店は若い人で賑わっています。友達とのおしゃべりの場として最適ですよ。

まとめ

以上、友達とのおしゃべりの場としても、一人でゆっくり勉強したり、はたまたWi-Fiを使って作業をするのにも役立つおすすめのカフェを6つピックアップしてご紹介しました。

セブの店舗は入れ替わりも多く、1年単位でこの間まであった店がなくなっているなんてことも。その点、大手のコーヒーチェーンがやはり強いですね。

今回、紹介したカフェは、大型ショッピングセンターのアヤラモールやSMモール、ビジネス街のITパークなどで見つけることができます。

勉強や作業スペースとしてはもちろん、おしゃべりの場や待ち合わせの場としても活用できますよ。

是非、セブ生活での参考にどうぞ^^☆
 

スポンサードリンク

happy young woman looking at phone in coffee shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です