英語が不安でも大丈夫!セブで日本語対応可能なホテルまとめ

Fotolia_74459506_Subscription_Monthly_M

セブ島でホテルに泊まりたいけど、英語に自信がない。ホテルの中くらい英語に縛られず、日本語で快適に過ごしたい。そんな風に思っている方もいるでしょう。

今回は、セブで日本語での対応が可能なホテルをまとめてご紹介したいと思います。

  1. Shangri-La Mactan Resort & Spa(シャングリラ)
  2. Jpark Island Resort & Waterpark Cebu(Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク)
  3. Pacific Cebu Resort(パシフィック・セブ・リゾート)
  4. Pulchra Resort – Cebu Philippines(プルクラリゾート)
  5. 日本人経営のゲストハウスに泊まる

それでは、順番に見ていきましょう^^
 

スポンサードリンク

1.Shangri-La’s Mactan Resort & Spa(シャングリラ)

16754003[出典:http://www.booking.com/]

セブ・マクタン国際空港からタクシーで約15分。マクタン島のリゾートエリアとなる北東部に位置する、セブでも最大級の客室数を誇る広大なリゾートホテルです。

細部まで行き届いたサービスと、リゾートホテルならではの豪華な雰囲気は日本人旅行客にも人気です。

ホテルには日本人スタッフが駐在していることに加え、客室のホテル施設案内やプールサイドのアクティビティメニューなども日本語版を常備しているので、英語が不安な日本人でも安心して過ごせますよ。

16753908

豪華な客室はもちろん、スパやレストラン、ジム、プールなどの施設も充実し、ホテルの中だけでも十分南国セブを堪能できるでしょう。

また、ベビーシッターサービスやキッズクラブ、看護師常駐のクリニックもあり、お子様連れにも非常に心強いホテルでもあります。小さな子ども連れでの旅行や親子留学の最後に贅沢に1泊だけ泊まってみるのも良いでしょう。

2.Jpark Island Resort & Waterpark Cebu(Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク)

25339967

[出典:http://www.booking.com/]

  • 公式HPhttp://www.jparkislandresort.com/
  • 住所:M.L. Quezon Highway, Barangay Maribago, Lapu Lapu City, Cebu, 6015 Mactan
  • 価格:20,000 ~ 40,000円/一部屋当たり(シーズンによる)

巨大なプールで有名な「Jパーク」。セブ・マクタン国際空港からタクシーで約20分。セブの市街地までは同じくタクシーで45分程度です。

セブ最大級のウォーターパークとプライベートビーチは、子どもから大人まで大人気。日本人スタッフも駐在しているそうなので、どうしてもコミュニケーションが上手くとれないとき、ヘルプが必要なときは頼める環境です。

常に日本人がいるとは限らないので、チェックインの時の簡単な英語は話せるようにしておきましょう。

ブッフェ形式のレストランでは、全部の料理に英語・韓国語・日本語での説明が書かれています。

25342127

元は韓国資本のホテルなので、周辺には韓国料理屋などが充実しています。韓国料理好きな人には嬉しいですね。

Jパークはこの巨大プールを利用するために、宿泊ではなくデイユースで来る人も多いです。(特に留学生)

デイユースプランではホテルの豪華ランチビュッフェ・プールの利用・プライベートビーチの利用ができるので、1日使った思いっきり遊ぶのにもピッタリです。
 

スポンサードリンク

3.Pacific Cebu Resort(パシフィック・セブ・リゾート)

36970932

[出典:http://www.booking.com/]

  • 公式HPhttp://www.pacificcebu-resort.com
  • 住所:Suba Basbas, Lapu-Lapu City 6015 Cebu Philippines
  • 価格:10,000~30,000円/一部屋当たり(シーズンによる)

こちらも空港のあるマクタン島にあるリゾートホテル『パシフィックセブリゾート』。空港からはタクシーで約30分です。

以前、日本人のオーナーが経営していたということもあって、日本語が話せるスタッフもいます。(現在のオーナーは韓国と香港)

現在でも日本語で書かれた案内が多く見受けられるので、滞在する上で不便はないでしょう。

他の高級ホテルと比べたらリーズナブルな値段で泊まれるので、(特に一人で泊まる場合など)費用を少しでも抑えたい方におすすめのホテルです。

60273030

スイミングプール、スキューバダイビングのトレーニング用プールがあり、ホテル内にはビーチアクティビティの会社も入っているので、ダイビング好きの方などから人気のようです。

ダイバーにおすすめのホテルというだけあって、プライベートビーチは藻が多く、ビーチで遊ぶよりもダイビングの方がおすすめみたいですね。

4.Pulchra Resort – Cebu Philippines(プルクラリゾート)

38880928

[出典:http://www.booking.com/]

  • 公式HPhttp://www.pulchra.co.jp/
  • 住所:San Isidro,San Fernando,Cebu 6018,Philippines
  • 価格:約40,000円/一部屋当たり(シーズンによる)

セブ・マクタン空港からは約1時間半。セブ島の南にあるサン・フェルナンドという小さな町にあるのが『プルクラ』。アクセスがちょっと不便ではあるものの、隠れ家的ホテルとして人気を誇っています。

日系ホテルのため日本人スタッフも24時間常駐しています。英語が不安な方も、ここなら言葉の心配は一切いりません。

公式サイトも全て日本語のページがあるので、問い合わせなどもしやすいですね。

37室ある客室はすべてスイート、そのうち16室がプライベートプール付きのヴィラタイプで、最高に贅沢な時間を味わえるでしょう。セブ留学の前後に時間とお金に余裕がある人は、友達同士やカップルで思いっきり留学をがんばった自分へのご褒美にしてみては?

5.日本人経営のゲストハウスに泊まる

セブ市内であれば、日本人が経営しているゲストハウスに宿泊するのもおすすめです。

ホテルに比べて部屋のクオリティーは落ちますが、日本人オーナーというだけあって治安や清潔感はバッチリのゲストハウスばかりです。

お部屋のタイプは最も安いものだとドミトリー(寮)でお部屋を複数人でシェアするパターンか、簡易的なシングルルーム。専用トイレ、シャワーはなく、全て共有という場合もあります。

プライベート空間で思いっきり贅沢にのんびりするのもいいですが、留学生や旅人さんとの面白い出会いもきっといい思い出になりますよ。

当サイトでおすすめしているゲストハウスは以下の2つ。

Feel at home

image
  • 住所:63 Eagle St.,Sto Nino Village,Banilad,cebu City, Philippines 6000
  • TEL:+63 905 299 2602

セブ市の中心からタクシーで20分ほど北に進んだBanilad(バニラッド)という地域にある『Feel at home』。留学エージェント兼ゲストハウスを運営しています。

環境も、治安もよく、安心感バツグンのゲストハウスです。中に居れば、日本にいるのと変わりません。

フィリピン留学や滞在中にちょっと日本人と日本語を話したくなったときに、気軽に立ち寄れるアットホームなゲストハウスですよ。

【Feel at home】に関する詳しいページはこちら!

トランジットゲストハウス

image
  • 住所:Summer field subdivision, St.Mary’s Vineyard , Montebello Road , Banilad , Cebu City
  • TEL:+63-0933-193-8297

ここのゲストハウスの大きな特徴は、経営している夫婦が世界一周経験者で、とってもフレンドリーなところ。一人で泊まりに行っても、ご夫婦と1歳半の赤ちゃんが温かく迎えてくれます^^

旅のお話やセブの情報もたくさん教えてくれますよ。

旅人さんがふらっと集まれる空間です。こちらも同じく留学エージェントとして運営しているので、学校情報もバッチリ教えてもらえますよ。

まとめ

以上、セブで日本語での対応が可能なホテルをまとめてご紹介しました。

日系だったり、日本人客が多いホテルの場合は、メニューや説明書きに日本語があったり、日本人以外の従業員も簡単な日本語をしゃべれたりと、何かと安心感がありますね。

英語が不安な方もそうでない方でも、日本人が満足できるホテルという意味では泊まる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

是非、セブでのホテル探しの参考にしてみて下さい!
 

スポンサードリンク

Fotolia_74459506_Subscription_Monthly_M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です