セブ島からの週末旅行にピッタリ!上陸必須のおすすめ島5選

Fotolia_105076876_Subscription_Monthly_M
スポンサードリンク

セブ島周辺には、観光やアクティビティー、リラックスにもってこいの有名な島がたくさん。

今回は、セブ島周辺で上陸必須のおすすめの島を5つピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. パンダノン島 –Pandanon island
  2. ボホール島 –Bohol island
  3. マラパスクア島 –Malapascua island
  4. カモテス島 –Camotes island
  5. ボラカイ島 –Boracay island

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.パンダノン島

1506410_10152197207127855_197914299_n
  • アクセス:マクタン島の港から船で1時間半、セブシティからは2時間程度

空港のあるマクタン島から船で東へ約1時間半。小さいながらも青い海に白い砂浜が続き、ザ・南国感を存分に味わえる島です。日帰りツアー・アイランドホッピングなどでも人気ですよ。

砂浜が浮き上がってきたかのような、絵に描いたような小さな南の島です。海流などの影響で珊瑚はあまりないので、ダイビング・シュノーケリングよりも、海で遊んだりビーチバレーなどのアクティビティーに最適。

キレイな海を眺めながらビーチでゆったりとした時間を過ごしたい、そんな方におすすめです。

ダイビングやシュノーケリングなら、パンダノンのすぐ近くにあるヒルトゥガン島がとっても有名。島というより、北西側の海洋保護区(禁漁区)がダイビングスポットとして大人気なので、補足で説明させて頂きます。
ヒルトゥガン+パンダノン島のアイランドホッピングがおすすめ。ヒルトゥガンで思いっきり泳ぎ、潜り、パンダノンでリラックスが個人的に大好きなプランです。

2.ボホール島

5446502661_b793d2eca8_b
[出典:David Leaño]

  • アクセス:セブの港から高速フェリーで約1時間半

フィリピン中部ビサヤ諸島の1つであるボホール島は、セブ島の東側に位置しています。フィリピン国内では10番目の大きさを誇る島。

海岸は白く続く砂浜で、リゾートとしてはもちろん、ダイビングなどのアクティビティーや自然を堪能する観光スポットとして人気。多くの観光客やダイバーが訪れています。

海がキレイでサンゴ礁や魚はもちろん、ウミガメやイルカも見ることができるかもしれませんよ。

有名スポットをエンジョイ!

特に有名なスポットといえば、ボホール島タグビララン市の南にあり、世界中からのダイバーで賑わうパングラオ島。パングラオ島にある美しいアロナビーチ。世界遺産のチョコレートヒル。などなど、見どころたくさん。留学中の週末などを利用して遊びに行ってみましょう。

3.マラパスクア島

6200535667_064eb79890_b
[出典:Matt Kieffer]

  • アクセス:セブ島の北端・マヤ港からボートで30~40分

マラパスクア島は、セブ島の北端からボートで行ける、隠れ家的なリゾートアイランド。

北端のマヤ港まではセブ市内の「ノース・バスターミナル」からバスで約4~5時間ほど。かなり距離はありますが、それだけの時間を使ってでも行く価値がある島ですよ。

白い砂浜、ゆったりと流れる時間、バツグンの雰囲気。観光地としてすでに栄えているマクタン島やボホール島とは一味違った穴場スポットです。

ダイビング好きの方にはハズセナイ島

マラパスクアは欧米のガイドブックなどで紹介されているようで、欧米からのダイバーに人気がある島。

サンゴ礁や魚の群れに加えて、可愛い「マンタ」や、幻のサメと言われる「ニタリザメ」も頻繁に見ることができるそうです。ダイバーにはたまらないですね。

4.カモテス島

5664117338_2c88d73316_b
[出典:denise narciso]

  • アクセス:セブ島ダナオ市の港からフェリーで約2時間

セブ島の「ノースバスターミナル」からダナオ市の港までバスで約1時間、ダナオからフェリーで2時間、セブ市内から片道約3時間で行けるカモテス島。週末旅行はもちろん、日帰りでも十分行けますよ。

フィリピンらしい観光スポットやアクティビティー、特に自然を満喫したい方にピッタリの島。都市部のセブシティから離れて、地元のバイクやジプニー(乗り合いバス)を使って美しいビーチや田舎の風景を楽しむことができます。

アウトドア派にピッタリ!大自然を体全体で満喫

・巨大な湖でカヤックやボートで散策できるレイクダナオパーク(Lake Danao Park)
・5~15mの高さから飛び込みができる、カモテスで最も有名な観光地・ブホロック(Buho Rock)
・真っ白な砂浜が美しいサンチャゴベイビーチ(Santiago Bay Beach)
などなど、ワクワクするようなアウトドアアクティビティーが楽しめます。

5.ボラカイ島

11748633343_97de3f1018_k
[出典:Lyniel Sy]

  • アクセス:セブ・マクタン国際空港から飛行機で約1時間

セブ島からは少し離れますが、世界的に有名な白浜の「ホワイト・ビーチ」で、フィリピン有数のリゾート地として知られている「ボラカイ」。

2012年には世界一の島に選ばれているほど。世界が認めるビーチを堪能できるボラカイは、セブから行けるおすすめの島としてハズセない存在です。

エメラルドの海と、真っ白なホワイトサンドビーチ。サラサラの白砂の上を裸足で歩くととっても気持ちがいいです。夕日や満天の星空もたまりません。24時間、美しい空や海を満喫できる島です。

世界が認める有名な島だからこそ、観光客もたくさん。幸せそうなカップル、家族、友達同士で楽しむのがおすすめ。一人旅の方は余計に寂しくなってしまうかもしれません。汗

まとめ

以上、セブ島周辺で上陸必須のおすすめの島を5つピックアップしてご紹介しました。どの島も、美しい海や景色などは共通していますが、雰囲気や楽しみ方は島それぞれ。

ダイビング好き、アウトドア好き、リゾートを満喫したい、自然を感じたい、趣味や気分によって行き先を選んでみては?

セブ島から日帰りで行ける島も多いので、セブ留学中に毎週末違う島に行ってみてはいかがでしょうか。

是非、セブ滞在時の参考にどうぞ☆

スポンサードリンク
Fotolia_105076876_Subscription_Monthly_M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です