セブ留学で親子留学を経験するならココ!おすすめの学校3選

Fotolia_91197335_Subscription_Monthly_M
スポンサードリンク

今回は、100校以上あるセブ島の語学学校の中でも、親子で留学を経験できるおすすめの学校を3つピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. QQ English シーフロント校(キューキューイングリッシュ)
  2. First English (ファーストイングリッシュ)
  3. WELTS(ウェルツ)

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.QQ English シーフロント校

parent-child_banner_page_main
  • 公式サイト:https://qqenglish.jp/parents-and-children/
  • 住所   :Looc Maribago Lapu-Lapu city, Cebu
  • 学生定員 :300名
  • 学費+滞在費(1ヵ月):約23万円 (親子2人分)
  • 開校年  :2015年
  • 経営   :日本
  • お子様の対象年齢:6歳以上

セブ島を代表する大手の語学学校『QQ English(キューキューイングリッシュ)』。日本資本の学校で、今や誰もが1度は名前を聞いたことがある有名校です。

セブ島のメインキャンパスはITパークにありますが、2015年4月にオープンしたQQイングリッシュのシーフロント校は空港やリゾートホテルが多いマクタン島。

このシーフロント校にて親子留学プランを体験できるのです。

学校のユニークポイント

リゾートエリアとして知られるマクタン島にある校舎と宿泊施設は海の目の前。シーフロント校はまだまだ新しい学校ですが、QQ English自体は老舗のしっかりした大手の学校なので、サービスやシステムも安定しています。

  • オーシャンビューがのぞめる最高のロケーション
  • 学校と宿泊施設は同じ敷地内。日本人スタッフも常駐で安心サポート
  • 海や自然に囲まれて親子でのびのび英語学習

ここが親子留学でおすすめ!

親子留学におすすめできるポイントは以下

  • 家族専用の個室で周りを気にせずくつろげる
  • 学研と共同開発したQQEnglishならではのお子様専用カリキュラム
  • 月曜・水曜・金曜日の10時から12時に専属ドクターが医務室に待機

仲良し親子で、家族でのんびり過ごす時間も大切にしたい。海や自然に囲まれて、家族だけのプライベートな空間もしっかり確保できる環境です。

環境の変化で体調を崩しがちなお子様のために、専属ドクターがいるのも心強いですね。

こんな人におすすめ!

「親子でリゾート感を味わいつつ、留学を経験してみたい!」
⇒リゾート地・マクタン島にて自然に囲まれて親子それぞれマイペースで英語学習

「初めてのフィリピンで不安。キレイで清潔、安心の環境下で英語を学びたい!」
⇒施設、カリキュラム、サービス共に海外初心者でも安心できる学校

2.First English(ファーストイングリッシュ)

first-english-academy
  • 公式サイト:http://www.firstcebu.com/
  • 住所   :Lot2 Block35, Vista Mar Subdivision Gate2, Dapdap,Lapu-lapu city, Cebu 6015, Philippines
  • 学生定員 :70名
  • 学費+滞在費(1ヵ月):約30万円(親子2人分)
  • 開校年  :2013年
  • 経営   :日本
  • お子様の対象年齢:4~12歳 (Kids general)  / 13~18歳 (General)

こちらもリゾートエリアのマクタン島に位置する学校です。非常に静かで治安の良い立地にある学校なので、小さなお子様連れの親子留学にもピッタリ。

日本人経営ならではの気遣いを感じられる学校。初めての親子留学でお手伝いが必要なママたちが安心して滞在できる雰囲気ですよ。

学校のユニークポイント

生活面、授業面でも、日本人経営ならではの心遣いが伝わる学校です。女性スタッフならではの気配りが光ります。小さな子ども連れ、子ども2人連れて留学にきた、そんなアクティブなママ/パパにもおすすめです。

  • 講師や駐在スタッフはほとんどが女性
  • 五つ星ホテルで働いていたシェフが日本人の口に合う食事を提供
  • 生徒一人に対してフィリピン人の講師と日本人スタッフそれぞれ担当がつく

ここが親子留学でおすすめ!

親子留学におすすめできるポイントは以下

  • 大人クラスと子どもクラスは別棟に分かれて、集中できる環境を用意
  • 最年少4歳からキッズコースを受講可能。18歳まで幅広い年齢に柔軟に対応。
  • お子様の就学や、未就学児のベビーシッターサービス、キッズルーム有り

キッズコースは全てマンツーマンクラスの6時間。お子様の授業の時間に合わせて、親御さんも大人用のコースを受講することができます。

また、未就学児のベビーシッターサービスに加えて、スタッフとして子ども連れの日本人女性が駐在しているのも大きなポイント。同じ親の立場として相談にのってもらえるのは心強いですね。

こんな人におすすめ!

「子どもが小さいうちから実用的な英語を学ばせたい!」
⇒親子で一緒に滞在しながらも、マンツーマンの授業中はお子様一人で自立してしっかり楽しく学べる環境

「子連れ留学ならではのサポートがあると助かる!」
⇒ベビーシッターサービス、キッズルーム、親子留学向きの環境が整っている

3.WELTS(ウェルツ)

sub_visual01
  • 公式サイト:http://welts.co.kr/
  • 住所   :Base Camp Maria Luisa Road Banilad Cebu city, 6000 Cebu City, Philippines
  • 学生定員 :150名
  • 学費+滞在費(1ヵ月):約31万円(親子2人分)
  • 開校年  :2011年
  • 経営   :韓国
  • お子様の対象年齢:満5歳~15歳

セブ市内の中心地「ITパーク」から近く、高級住宅街の「マリアルイサ」のそばにある学校です。

親子でより英語環境に浸りたいなら、日本資本ではなく韓国資本の学校を選んでみるのも良いでしょう。日本人の割合は(時期にもよりますが)50%程度。

韓国はお隣の国ですが、性格や文化は似ているところもあれば、全然違うところも。子どもが小さいうちから異文化交流ができる環境は良い刺激となるでしょう。

学校のユニークポイント

アットホームな雰囲気が特徴のウェルツ。韓国資本で国際色も豊かな環境に親子で飛び込んでみたいけど、英語力はちょっと不安な方も安心。各国の担当スタッフがいるので、日本語のサポートも充実しています。

  • 各国別(韓国/日本/中国)の専門担当コーディネーターチームが在籍で安心サポート
  • 緑豊かなキャンパスは、治安も良くアットホームな雰囲気
  • 広大な敷地内に、綺麗な校舎、寮、プールなどの施設が充実

ここが親子留学でおすすめ!

親子留学におすすめできるポイントは以下

  • グループキッズクラスでお子様が友達をつくれる環境
  • 日本人経営の学校に比べて国籍が豊かで、親子で英語環境をつくりやすい
  • 親子留学専用の寮がある

韓国人経営で国籍が日本人に限定されていないので、韓国人や台湾人との関わりが持てるのも嬉しいポイント。子どもが小さいうちから近隣のアジアの国の友達ができることは素晴らしいことですよね。

また、親子留学の方が他の留学生に気を使う必要がないように、親子留学専用の寮も用意されています。

こんな人におすすめ!

「せっかく留学するなら、親子で英語環境に浸りたい!」
⇒日本だけでなく他国からの親子留学も多く、日本資本の学校よりも英語環境になりやすい

「子どもには同じくらいの年の子たちと一緒に楽しく英語を学んでほしい!」
⇒キッズのグループクラスでは、子どもたちがお互い英語でコミュニケーションをとりあえる

まとめ

以上、100校以上あるセブ島の語学学校の中でも、親子留学ができるおすすめの学校を3つピックアップしてご紹介しました。

◆リゾートを満喫しつつ、キレイで安全な守られた環境で親子で留学ができる”QQ Englsh”

◆日本人経営ならではの心遣いが光る、キッズのための設備も充実の”First English”

◆韓国資本で英語環境重視、親子で国際色を感じながら留学を体験できる”WELTS”

英語のレベルや学校の雰囲気、目的に合わせて、学校を選びましょう。参考にどうぞ^^☆

スポンサードリンク
Fotolia_91197335_Subscription_Monthly_M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です