200円定食も!セブで安い&コスパが良いレストランまとめ

Chicken intestines, pig ears and pig intestines - barbeque on stick, local food in the Philippines
スポンサードリンク

日本と比べると物価は相当安いフィリピン・セブ。日本からセブに来たばかりの方は、食事などの価格の安さに驚くことでしょう。

しかし、留学などでしばらく住み始めると、物価の安さにも慣れてきて、さらに安い食事・レストランを求める人も多いと思います。

今回は、物価の安いセブで、さらに節約生活!安い&コスパが良い人気のレストランをまとめてご紹介したいと思います。

  1. 安さ重視ならローカル食堂
  2. 安さと手軽さならフードコート
  3. 安い食べ放題のお店
  4. みんなでシェアしてコスパが良いお店

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.安さ重視ならローカル食堂

988497_10152051506335178_2813897847044291307_n
[出典:フィリピン企業化の日々]

  • 価格帯60~200ペソ(だいたい150~500円)

何よりも安さを求めるならやっぱりローカル食堂。

安さはもちろん、セブの現地の人の生活の中に入っていく、せっかくフィリピンにいるのだから、自分をローカライズしていくという点でも、地元の食堂に入ってみるのは良い機会だと思います。

ローカルレストランや露店の食べ物も普通においしいです。基本的にローカルなお店の場合、ショーケースの中に料理が並べられており、そこから2,3品好きなものを選んでとってもらうシステムのところが多いです。

プレートに料理2,3品+ライスで100~150ペソと本当に安くて助かります。

注意点

注意点としては、やっぱり衛生面ですね。いくら安くておいしいといっても、しっかりとしたレストランに比べて、どこまで衛生管理ができているかは謎。元々お腹が弱い方は注意が必要です。

食べる前に、フォークやスプーンをナプキンやティッシュで拭いたり、持ち運び用のアルコールで手を除菌しておくなどの対策をしておくと良いでしょう。

2.安さと手軽さならフードコート

  • 価格帯150~250ペソ(だいたい350~600円)

手頃な値段で、ローカル食堂よりも入りやすいのがフードコート。

セブシティでは、SMモールやアヤラモールといった大型ショッピングモールはもちろん、小さなモールやスーパーの中にも、フードコートがあるところが多いです。

フードコートの良いところは、価格の安さに加えて、「店の種類が豊富」、「友達と一緒に行ってもそれぞれ違う種類の食事を頼んでシェアできる」ということですね。

時間帯によっては混み合っていてなかなか料理が買えなかったり、種類が多すぎて悩みすぎてしまうという欠点もありますが、ローカル食堂に比べたら衛生面や清潔さがあるのは大きいです。

3.安い食べ放題のお店

次に、食べ放題で定額なのに、安くておすすめのお店を2つご紹介します。お金の上限を気にせずに食べられるのは、金銭的だけでなく精神的にもかなりありがたいですよね。

Port Restaurant(ポートレストラン)

420533_461798280530711_278357024_n
[出典:https://www.facebook.com/port.restaurant/]

  • 住所:Port Restaurant Waterfront Hotel, Lahug, Salinas Drive, Cebu City, Philippines
  • TEL:(032) 231 7441
  • 営業時間:11:00 ~ 15:00 / 18:00 ~ 2:00 am
  • 価格:ランチ→299ペソ(約750円) / ディナー→399ペソ(約1,000円)

セブ市のITパークの目の前にある高級ホテル『ウォーターフロント』の敷地内にあるのに、かなりリーズナブルな値段で人気の「Port Restaurant」。

昼のランチブッフェは、オイスター(牡蠣)付きのブッフェで、ディナーはレチョン(豚などの丸焼き)付きブッフェ。350ペソ前後(約1,000円)と格安なので、ホテルに泊まっていない留学生にも嬉しい料金設定です。

Burrow Lounge(バローラウンジ)

12717305_1262480880445116_276459630734266097_n
[出典:https://www.facebook.com/burrowlounge/]

  • 住所:Ground Floor, Tsai Hotel, Wilson Street, Lahug, Cebu City
  • TEL:092 2738 5067
  • 営業時間:10:00 14:00 / 17:00 ~ 21:00
  • 価格199ペソ(約500円)※チキンウィング&ライス食べ放題

みんな大好きチキンウィングがなんと200ペソ以内で食べ放題(しかもライス付き)という嬉しいお店。

チキンウィング(手羽)はクラシック、チリ、バーベキュー、テリヤキの4種類があり、食べ放題でも飽きずに食べられそうですね。タレが絡まって、ご飯やビールが進む味ですね。

チキンをたっぷり食べられてコスパも最強ですが、食べ放題なのがチキンとライスのみなので野菜不足には気をつけましょう。

4.みんなでシェアしてコスパが良いお店

最後に、友達みんなでシェアすれば、一人あたりのコスパがかなり良いお店のご紹介です。留学生にも大人気のシュリンプ(エビ)とハンバーガーが目玉の2店舗を見てみましょう。

Bucket Shrimps(バケットシュリンプ)

menu-shrimps
[出典:http://bucketshrimps.com/our-menu/]

  • 住所:Salinas Dr , Lahug/ 11 ORCHID St , Capitol, Cebu City, Philippines
  • TEL:(032) 260 6520
  • 営業時間:8:00 ~ 0:00 am
  • 価格:350ペソ(2~3人分)・・・1人あたり約120ペソ

バケツいっぱいに入ったエビが食べられるのが名前の通り「Bucket Shrimps」。

バケツ1つ350ペソを2~3人でシェアしてちょうどよいくらいなので一人あたり100ペソちょっととコスパも良いですね。お店はローカル感が強く、地元のフィリピン人にかなり人気のお店です。

エビ(Boiled Shrimps)はバターガーリック・カレー・ケジャン味の3種類の中から選ぶことができます。どれも味がしっかりエビにしみ込んでいてご飯やお酒が進みますよ。

Casa Verde(カサ・ベルデ)

14572217_10154537236283774_2155946445990935796_n
[出典:https://www.facebook.com/CasaVerdePH/]

  • 住所:#69 Lim Tian Teng Street, Ramos, Cebu City
  • TEL:(032) 253 6472
  • 営業時間:10:00 ~ 22:00
  • 価格:850ペソ(7~8人分)・・・1人あたり約120ペソ

ラモスストリートの本店以外に、アヤラモール・SMモール・ITパークにそれぞれ店舗を持つ人気のアメリカン料理のお店「Casa Verde」。

ここの目玉はなんといってもアメリカンサイズでとってもビッグなハンバーガー。画像は、7,8人でシェアして食べる用の巨大ハンバーガー【ポテト付き】です。

巨大バーガーは850ペソですが、日本人の体型ならおそらく7,8人程度でシェアしてちょうどいいくらいなので、大人数で行く時のコスパは良いでしょう。

まとめ

以上、安い&コスパが良い人気のレストランをいくつかまとめてご紹介しました。

  • 衛生面・清潔面には欠けるが、安くて現地の人が食べる食事を体験できるローカル食堂。
  • 混んでいたり、選ぶのに苦労するが、安くて比較的清潔さもあるフードコート。
  • 上限を気にせずリーズナブルな価格で食べ放題が楽しめる「ポートレストラン」&「バローラウンジ」
  • 友達みんなでシェアすれば、楽しい上にコスパも良い「バケット・シュリンプ」&「カサ・ベルデ」

是非、セブでのレストラン・食堂選びの参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク
Chicken intestines, pig ears and pig intestines - barbeque on stick, local food in the Philippines

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です