セブで本格派スペイン料理!『オラ・エスパーニャ』に行ってみた

img_0471
スポンサードリンク

セブには、日本食やイタリアンなど、他国籍レストランがたくさんありますが、その中でも意外と見つけられないレアなのがスペイン料理のお店。

そんな数少ないスペインレストランの中でもおすすめなのが、バニラッド地区・マリアルイサという高級店が立ち並ぶエリアに位置する『オラ・エスパーニャ』。パエリアやアヒージョなどのおいしいスペイン料理が食べられます。

今回は、スペインレストラン『HOLA ESPAÑA(オラ・エスパーニャ)』に行ってきたので、お店の様子や料理についてご紹介したいと思います。

HOLA ESPAÑA (オラ・エスパーニャ)

img_0472
  • 住所 :1 paseo saturnino, Banilad 6000 Cebu City, Philippines
  • TEL:(032) 414 2818
  • 営業時間:10:00 ~ 22:00

セブ市のバニラッド地区、マリアルイサ通りに面しているスペイン料理のお店『オラ・エスパーニャ』。オシャレなバーのような内装で、夜はDJブースから音楽が流れる雰囲気バツグンのスペインレストランです。

お酒を飲みながら、美味しいパエリアが食べたい気分の時は是非こちらへ^^

img_0473

バーカウンターがオシャレです。ランチ・ディナーもいいですが、ちょっと一杯飲みにくるのもいいですね。

メニュー

メニューはスペイン語と英語で記載があります。見慣れないスペイン語でわからないときは店員さんにおすすめを聞くのが一番!でもここに来ると8割方の確率でパエリアをおすすめされます。(一番高いやつ。笑)

ドリンク類

  • ソーダ系:70ペソ(150円)~
  • SOLA(アイスティー):95ペソ(200円)
  • シェイク:165ペソ(340円)
  • フルーツジュース:150ペソ(320円)
  • ローカルビール:80~100ペソ(170~220円)
  • 輸入ビール:100~150ペソ(220~320円)

お店にはワインがたくさんありますが、メニューにはないので、ワインに詳しくない人は店員さんに聞いてみましょう。ただし、お値段もピンキリなので、頼む前に必ず値段を確認しましょう。

img_0476

フードメニュー

  • Tapas(前菜):100~350ペソ(220~730円)
  • Soup(スープ):110~170ペソ(240~360円)
  • Salad(サラダ):200~480ペソ(420~1,000円)
  • Paellas y Arroz(パエリアとライス):800~1,200ペソ(2,000~2,500円)
  • チキン・ポーク・ビーフ料理:250~750ペソ(520~1,600円)

パエリアだけ一気に値段が跳ね上がりますね。ただ、ボリュームもたっぷりなので、5,6人でシェアすることができます。

2,3人の場合は、店員さんに頼んでハーフサイズのパエリアを半額でつくってもらうこともできます。

img_0477
  • 魚料理:320~470ペソ(650~1,000円)
  • Bocadillos(サンドイッチ):130~300ペソ(280~630円)

ハーフサイズのパエリアを3人でシェア!

img_0480

ということで、1/2のハーフサイズのパエリアを頼んでみました!店員さんがおすすめしてくれた“Paella Valenciana”(パエリア・バレンシアーナ)、スペイン・バレンシア風パエリアという意味です。

img_0481

3人でシェアするくらいがちょうどよいかも。男性なら2人でシェアくらいですかね。値段は半額の600ペソ(約1,300円)。

バレンシアはパエリア発祥の地とされており、バレンシア風パエリアは本場の元祖パエリアなのです。これは店員さんがおすすめするわけですね!

見た目からしてボリュームたっぷりで彩り鮮やか。ムール貝やエビなどが大胆に上に乗っていて、ゆで卵とネギで彩られています。

PAELLA VALENCIANA【パエリア(もしくはパエージャ) バレンシアーナ】

バレンシア風パエリアは、ウサギ肉、鶏肉、カタツムリ、インゲンマメ、ピミエント(パプリカ)など山の幸を中心に用いて作られます。シーフードのイメージが強いパエリアですが、バレンシア風は意外にもシーフードメインではないんですね。

『オラ・エスパーニャ』のパエリア・バレンシアーナも上に乗せているのはエビや貝ですが、中身にシーフードは入ってなかったような・・・(うろ覚え・・・)

日本人の口にも合い、具だくさんで満足感◎。とっても美味しかったです。

img_0479

パエリアと一緒に頼んでみたのが、日本ではあまり見かけませんが、フィリピンでは大人気のアイスティーブランド『SOLA(ソラ)』

紅茶の葉と、ナチュラルフルーツフレーバー、水、砂糖を混ぜてつくられたアイスティー。私はピーチティーを頼んでみました。

うん、甘い!(笑)けど、桃の味がしっかりとついていて、美味しかったです。ビールやワインもありますが、たまにはフレッシュなフルーツテイストのアイスティーもいいですね^^

まとめ

以上、スペインレストラン『HOLA ESPAÑA(オラ・エスパーニャ)』のお店の様子や料理についてご紹介しました。

ランチタイムから空いていますが、店の雰囲気は夜が良いですね。DJブースがありますが、パーティー系ではなく、ちゃんと食事にあった落ち着いた音楽を流してくれます。

セブでスペイン料理が食べたくなったら、間違いなくおすすめできるレストランです。是非、一度おいしいスペイン料理を食べに行ってみて下さい^^

スポンサードリンク
img_0471

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です