【接客英語】注文の確認をしたい時に使える英語フレーズ

xc
スポンサードリンク

「ご注文を確認させて頂きます。」「すぐに確認致します。」 日本の飲食店の注文の場で必ず聞くフレーズですよね。

今回は、飲食店の注文の確認で使える接客英語フレーズをご紹介したいと思います。

  1. 確認のため、ご注文を繰り返します。
  2. ご注文はグリーンサラダ、グリルチキン、リンゴジュース、以上で宜しいでしょうか?
  3. 確認致します。

それでは、順番に見ていきましょう^^

[Photo by Consumerist Dot Com]

1. 確認のため、ご注文を繰り返します。

日本のレストランでよく使われるフレーズですね。特にオーダーが多い時や、紛らわしいオーダーの時などには確認必須です!

“Please let me repeat the order (to make sure everything is okay).”

◆Please let me ~
日本語でいう「~させて頂く」という便利なフレーズです。

◆Repeat
【動詞】繰り返して言う、復唱する

◆Make sure
「確認をする」「確かめる」

“to make sure (that) everything is okay.”(thatは省略可能)
(問題ないか、全て上手くいっているか確認する)

※注文などの接客時だけでなく、様々な場面で使える万能なフレーズです。

My mom calls me everyday just to make sure that everything is okay.
「うちのお母さんね、何か問題がないかとか心配して毎日電話してくるの。」

2. ご注文はグリーンサラダ、グリルチキン、リンゴジュース、以上で宜しいでしょうか?

実際、上で紹介した”Please let me repeat the order.”をわざわざ言わずに、そのままの流れで注文を繰り返すことも多いです。

“Okay, so that’s one Green Salad, one Grilled Chicken with rice and an apple juice. Is that right?”

◆Okay, so that’s…
「かしこまりました、ご注文は・・・」

ナチュラルな流れで会話するために、Okay【かしこまりました】、So【したがって、では】、That’s【それは(ここでは”ご注文は”)】を上手く使ってみましょう。

◆”One” green salad…

間違えのないようにオーダーの数を確認しましょう。
“One order of…”、”Two orders of…”と、”Order”という言葉を使って表すこともできます。

Okay, so that’s one order of green salad, two orders of Grilled Chicken.
「かしこまりました、グリーンサラダがお一つと、グリルチキンがお二つですね。」

◆Is that right?
「それで合っていますか?」「宜しいですか?」

最後にこれを付け加えることによって、”お互いに確認しました”というサインになりますね。

3. 確認致します。

最後に、注文したのになかなか料理が出てこない、注文したものと違うものがきたなど、お客さんから指摘を受けた時に使うフレーズをご紹介します。

“Please let me check on it.”

◆Check on…
「…をチェックする、確認する、調べる」

Excuse me, my order has not come yet.
『すみません、まだ注文したものがきていないのですが』

– Oh, I’m sorry. Please let me check on it.
「申し訳ございません、確認してまいります。」

Excuse me, but this is not what I ordered.
『すみませんが、これは私が注文したものではありません』

– Oh really? I’m sorry, I’ll check on it right away.
「本当ですか?申し訳ございません。すぐに確認致します。」

まとめ

以上、飲食店の注文の確認の時に使える接客英語フレーズをいくつかご紹介しました。

【確認時に使える表現】

  • Please let me~  ~させて頂きます
  • Repeat       復唱する、繰り返し言う
  • Make sure     確かめる
  • Is that right?   合っていますか?
  • Check on      調べる、チェックする

これらの表現、ボキャブラリーを上手く繋ぎ合わせて、丁寧かつ正確な接客を心がけましょう^^

参考にどうぞ☆

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク
xc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です