ドラッグストア(薬局)で英語接客!使える単語&フレーズ集

3
スポンサードリンク

どこの国にいても生活する上で、薬品や日用品、化粧品などの購入は必要不可欠ですよね。今回は、薬局・ドラッグストアで使える基本接客表現をご紹介したいと思います。

  1. ドラッグストアと薬局の違いは?
  2. ドラッグストア・薬局に関連するボキャブラリー
  3. ドラッグストア・薬局で使える接客英語フレーズ

それでは順番に見ていきましょう^^

1. ドラッグストアと薬局の違いは?

ドラッグストア・薬局と言われて思い浮かぶ単語は・・・

  • Pharmacy
  • Drugstore

上の2つに聞き覚えがあるのではないでしょうか。

まず最初にこの2つの違いを日本語と英語で見てみましょう。

Pharmacy

A store in which drugs and medicines are prepared and sold.
(薬が用意されて、売られている店)

薬局。調剤薬局。病院の処方箋がないと買えない薬が売っている場所をさします。

Drugstore

A store that sells medicines and various other products (such as shampoo, soap, stationary, magazines etc…).

(薬と一緒にシャンプー、石鹸、文房具、雑誌など他の商品も売っている店)

薬局。ドラッグストア。【アメリカ英語で使われる表現】

日本のドラッグストアと同じく、市販薬以外にもシャンプーや化粧品などの日用品を取り揃えているお店。ただし、ドラッグストアは調剤薬局ではないので、病院からの処方箋で手に入る薬の販売はありません。

2. ドラッグストア・薬局に関連するボキャブラリー

次に、関連のボキャブラリーを順番に見ていきましょう。

◆Pharmacy・・・【名詞】 薬局、調剤薬局

◆Drugstore・・・【名詞】 ドラッグストア・薬局

◆Prescription・・・【名詞】 処方箋、処方薬

◆Allergic・・・【形容詞】 アレルギー体質の

◆Medication・・・【名詞】 薬剤、医薬、治療

◆Medicine・・・【名詞】 薬、薬剤

◆Relieve・・・【動詞】 軽減する、和らげる、緩和する、効く、安心させる

◆Gargle・・・【名詞】 うがい、うがい薬

◆Sore throat・・・咽喉炎、咽頭痛、喉の痛み

◆External use・・・外用

*Drug for external use(外用剤)

*Liquid for external use(外用液剤)

◆Tablet・・・【名詞】 錠剤、タブレット

◆Instruction・・・【名詞】 使用説明書、取扱説明書

3. ドラッグストア・薬局で使える接客英語フレーズ

最後にすぐに使える接客英語フレーズを見ていきましょう。

基本フレーズ

“Do you have a prescription?”
「処方箋はお持ちですか?」

“Are you allergic to any medication?”
「薬に対するアレルギーはありますか?」

“This medicine will relieve your pain.”
「この薬は痛みを和らげます。」

“This gargle will relieve your sore throat.”
「このうがい薬は、喉の痛みを和らげます。」

薬を飲む際のルール、注意点

“This medicine is for external use only.”
「この薬は外用剤となります。」

“Please take 2 tablets every 3 hours.”
「3時間ごとに2錠ずつ飲んで下さい。」

“One tablet each time, three times daily.”
「一度に1錠、1日に3回飲んで下さい。」

“Please do not take this medicine more than 4 times within a 24 hour period.”
「この薬を24時間以内に4回以上使用しないで下さい。」

“Please take this medicine after eating.”
「この薬は食後にお飲み下さい。」

“Please do not drive after taking this medication.”
「この薬を飲んだ後に運転はしないで下さい。」

“Please read the instructions carefully before you take the medicine.”
「薬の使用前に説明書をよくお読み下さい。」

まとめ

以上、薬局・ドラッグストアで使える基本接客表現をご紹介しました。

特に処方薬の説明は、正しくしないと大変なトラブルになりかねません。使用時のルールや回数などしっかりと確認して英語で紙に書いておくのもいいかもしれません^^

参考にどうぞ☆

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です