海外の友達に英語メールを送信! 書き出しに使える表現6種類

w

海外の友達に英語でメールを送る時、まずどんな書き出しから始めれば良いのだろう・・・?

英語では、突然用件から入るのではなく、最初に近況や調子を尋ねて簡単なやりとりをするのが自然です。

今回は、友達に英語メールを送る時の書き出しに使える表現を6種類、ご紹介したいと思います!

  1. How are you? / How’s it going?
  2. How’s everything? / How are things?
  3. It has been a while!
  4. How have you been? / What have you been doing?
  5. What’s up? / What’s new?
  6. How’s life?

それでは順番に説明していきますね^^

[Photo by Intel Free Press]

 

スポンサードリンク

1. How are you? / How’s it going?

1番よく使われる表現。シンプルに「元気?」という意味。

・Hi, how are you doing?

・Hey, how’s it going?

など、カジュアルに友達に使える表現です。

How are you doing、How’s it going のように、”How” で聞かれた場合の受け答えとしては、

・[I’m (doing)] Great / good / pretty good.

とサラッと返しましょう。

2. How’s everything? / How are things?

近況を聞く時によく使われる表現。意味はほとんど上のHow are youと同じ。

・How’s everything going?

・How’s everything lately?

・How are things with you?

英語ではいろいろな言い方がありますが、日本語に訳したら全部「最近どう?」という感じですね^^

受け答えも上に同じく、GreatやGoodなど自分の状況によって返しましょう♪

3. It has been a while.

しばらく連絡をとっていなかった、会っていなかった友達への挨拶

・It’s(It has) been a while!
「久しぶりだね!」

“While”の部分を変えて、

・It’s been a long time!

・It’s been years!
(数年ぶり)

・It’s been ages!
(Long timeよりさらに久しぶりというイメージ)

とアレンジが出来ます。

・Hi, ○○! It’s been a while!
「やあ、○○(相手の名前)!久しぶりだね!」

と、最初の一言として加えてみましょう^^

※Long time no seeも久しぶりという意味ですが、メールで使う場合は、このIt’s been a whileの方が自然です。
 

スポンサードリンク

4. How have you been? / What have you been doing?

上の”It’s been a while.”とセットで使えます。「元気にしてた?」

・It’s been a while! How have you been?
「久しぶりー!元気にしてた?」

・It’s been ages! What have you been doing up to?
「超久しぶりだよね!最近どうしてた(何してた)?」

受け答えとしては、

・Yeah, it’s already been a year since we met last time! Time flies! I’ve been busy working these days… How about you?
「前回会った時からもう1年が経つんだね!時間過ぎるの早すぎ!最近はずーっと忙しく仕事しててさ。そっちはどう?」

こんな感じでしょうか^^

5. What’s up? / What’s new?

カジュアルな表現で、かなり親しい間柄(特に若者の間)で使われます

意味は、「どう?」「なんか(変わったこと / 新しいこと)あった?」

受け答えとしてメールの場合は、何か変わったことがあれば、それについてシェアしても良いですし、特に何もなければ、

・Not much. / Nothing really.
(特に何も)

・Same old. / Same as usual.
(いつも通りだよ)

その後に、

・How(What) about you? What’s new?
「そっちは何かあった?」

と聞き返してあげれば良いでしょう。

メール以外でも、”Hey what’s up?”は若者の間で、”Hi”と同じただの挨拶みたいな感じで使われており、「なんか変わったことあった?」という意味の質問でも、実際は特に答えを求めていない場合が結構あります。

“What’s up, man”(やほー、おっすー、へーい)には同じく、”hey, what’s up dude”(へーい、おいっすー)みたいな感じでゆるく返しているみたいです。笑

6. How’s life?

直訳は「人生はどう?」How’s everything 等と同じでざっくり言えば、「最近どう?」っていう感じですね。

・How’s life?
「最近どう?」

・How’s life (been) treating you?
「最近調子どう?」

※直訳は「人生は君をどんな風に扱っている?」という不自然な表現ですが、意訳としては「最近調子どう?」という表現が自然でしょう。

カジュアルな場面でよく使われているので、How are you doing?に飽きたら、How’s life?とちょっといつもと違う表現を使って新鮮さを出してみましょう♪

まとめ

以上、海外の友達に英語でメールを送る時に使える書き出し表現を6種類ご紹介しました!

How are you? / How’s it going?

How’s everything? / How are things?

It has been a while!

How have you been? / What have you been doing?

What’s up? / What’s new?

How’s life?

どれも意味としてはほぼ同じで「元気?」「調子どう?」という表現ですが、言い方によって印象も変わるし、レパートリーがあれば使い分けが出来て楽しいですね^^

参考にどうぞ☆
 

スポンサードリンク

w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です