facebookの友達申請メッセージで使える英語のフレーズ集

13
スポンサードリンク

連絡ツールやコミュニケーションツールとして、今やほとんどの人が使っているSNS、Facebook(フェイスブック)。

世界的に使われているので、日本人だけでなく外国人の方と繋がることも多いのではないでしょうか?

今回は、Facebookの友達申請メッセージを送る時に使える英語のフレーズをご紹介したいと思います。

  1. 面識がある友達に申請メッセージを送る時
  2. はじめましての相手に申請メッセージを送る時

それでは、順番に見ていきましょう^^

[Photo by FACEBOOK(LET)]

1.面識がある友達に申請メッセージを送る時

数回会ったことがある友達とFacebookを通じて連絡を取り合いたい。まずは、もう既に面識がある友達に申請メッセージを送る時に使える英語のフレーズから見ていきましょう。

あいさつ

何よりも大切な最初の挨拶です。

◆Hi, how are you? 「こんにちは、元気?」

◆It’s (name)! 「(自分の名前) だよ!」

簡潔な自己紹介

同じ名前の人がいたり、大人数で一気に仲良くなった場合、自分が誰だかわかってもらえないときがあります。簡単に自己紹介しましょう。

◆I am a friend of Tom. / I am Tom’s friend.
「私/僕はトムの友達だよ。」

◆I am from *** school.
「***学校出身だよ。」

◆We met at Tom’s birthday party yesterday.
「昨日トムの誕生日会で会ったよね。」

◆I met you at an international event last week.
「先週、国際パーティーで会ったよね。」

◆Hope you remember me!
「私のこと覚えてるかな?」

友達申請を伝える

メッセージの理由と、今後も仲良くしていきたいことを伝えましょう。

◆It was very nice meeting you yesterday!
「昨日は会えて(知り合えて)良かった!」

◆It was great talking with you.
「あなたと話ができて良かった。」

◆I would love to add you on my firend list.
「是非、友達申請をしたいんだけど。」

◆Keep in touch.
「連絡を取り合おう。」

◆We should hang out again soon.
「また近々一緒に遊ぼうよ。」

◆I am looking forward to seeing you again.
「また会えるのを楽しみにしてるよ。」

2.はじめましての相手に申請メッセージを送る時

実際に会ったことはないけれど、友達から紹介を受けたり、プロフィールを見て仲良くなりたいと思った相手への友達申請のメッセージで使える英語のフレーズをご紹介します。

ただし、SNSを使ったナンパなどもよくあるので、異性からのあからさまなアプローチには注意しましょう。

あいさつ

まずは何はともあれあいさつですね。

◆Hello there! 「こんにちは!」

◆Hi, ***! 「やぁ、(相手の名前)!」

自己紹介

名前や共通の友達や職業など、相手に怪しまれたり警戒されないように、しっかり自分のことを説明しておきましょう。

◆My name is ***.
「私(僕)の名前は***です。」

◆I am from *** school.
「***学校出身です。」

◆I am a student / I am working for …
「私(僕)は学生です。/ 私(僕)は~で働いています。」

◆I am a friend of John.
「ジョンの友達だよ。」

◆I saw that we are mutual friends with John.
「ジョンが共通の友達だね。」

友達申請の理由を伝える

そして友達申請をしようと思った理由を説明しましょう。

◆My friend John told me that we have a lot in common.
「友達のジョンがうちらは共通点が多い(似た者同士)だって言ってたんだ。」

◆I think we can be great friends as we share common interests.
「趣味や興味があることが同じだから、きっと良い友達になれると思う。」

◆I saw your profile and you seem like a very interesting person.
「あなたのプロフィール見たけど、すごく興味深い人だなと思ったよ。」

◆I really would like to add you as my friend.
「友達になってくれないかな。」

◆I hope you accept my friend request.
「友達申請受け入れてくれたら嬉しいな。」

◆I am looking forward to hearing from you.
「返事待ってるね。」

◆Thank you for your time.
「(時間を割いて)読んでくれてありがとう。」

まとめ

以上、Facebookの友達申請メッセージを送る時に使える英語のフレーズをご紹介しました。

共通の趣味や共通の友達、学んでいる言語、興味のある国、仕事上のコネクションなどなど、様々な理由で友達申請をすることがあると思います。

最初にしっかりと自己紹介をして、Facebookを上手く活用して世界中にネットワークを広げていきましょう。

是非、参考にどうぞ☆

スポンサードリンク
13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です