ビジネスやスピーチでも使える!「光栄です」を表す英語表現まとめ

英語でなんて言う?】シリーズ。

今回紹介するのは、褒め言葉をもらった時・プレゼンテーション・表彰 / 代表スピーチなどの時によく使われる「光栄です」という言葉。

フォーマルなスピーチや、目上の人にも自然に使える、「光栄です」を表す英語フレーズを見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

1.「光栄」は英語で何て言う?

まず最初に、「光栄」という言葉を英語に訳してみましょう。

Honor / Honour

(一般的にはHonor、イギリス英語ではHonourを使います。)

  • 意味:光栄・名誉・敬意・評判 など

ただし、”Honor / Honour”はあくまでも「光栄」という名詞の直訳なので、状況や主語によって言い方が変わります。

★「光栄です」を表すフレーズ★

  • It is an honor.
  • It’s a pleasure.
  • I am honored.
  • I am flattered.
  • I am delighted.

上記は全て「光栄です」という意味を表していますが、微妙にニュアンスが違うので、相手や状況によって使い分けましょう。

2.「それは光栄です。」

続いて、「それは光栄です。」と、褒め言葉や名誉などに対して使うフレーズを見てみましょう。

It is an honor.

Honor“を使ったシンプルでストレートな表現です。”Honor“はHから始まりますが、「アナー」という発音になるので、冠詞は”a“ではなく、”an“になります。

It is a pleasure.

直接的に「光栄」という言葉は使わずに、”Pleasure“を使うことでより柔らかくカジュアルなニュアンスになっています。

  • Pleasure・・・喜び、喜ばせるもの
    「それは喜ばせるものです。」⇒「それは光栄です。」

3.【応用】「~できることは光栄です。」

It is an honor.It is a pleasure.

このまま使ってももちろん良いのですが、この2つを使ってさらに応用することもできます。「~できることは光栄です。」を表す文章を見ていきましょう。

It’s an honor to be here.

「ここに居られることが光栄です。」

It’s such an honor to speak to you today.

「本日、皆さんにお話ができて本当に光栄です。」

代表スピーチやプレゼンなどの場面で使える表現。

It’s a great honor to receive an invitation from you.

「あなたからご招待して頂けるなんて本当に光栄です。」

It’s a pleasure to meet you.

「お会い出来て光栄です(嬉しいです)。」

It has been a great pleasure to work with you.

「一緒にお仕事をさせて頂けて光栄です。」

過去から現在まで一緒に働いてきたことを表しているので、現在完了形(has been)を使っています。過去形にするよりも、今後もよろしくというニュアンスが含まれていて良いでしょう。

 

スポンサードリンク

4.「私は光栄に思います。」

では、自分を主語にした「私は光栄に思います」は英語で何と言うのでしょうか?

I am honored.

  • Honored【形容詞】誇りに思う、光栄である

“Honor”の形容詞系を使った表現です。フォーマルな場でよく使われる表現。

I am flattered.

  • Flatter【動詞】褒める、お世辞を言う

“Flatter”という動詞の受け身(be flattered)を使って、「(褒められて)光栄です」「(お世辞でも)光栄です」というニュアンスで使います。

こちらはより謙遜の意味が込められています。告白やオファーを丁重に断る時もこの一言があるといいかも。

Wow… I’m flattered, but I would like us to just stay good friends.
「それは光栄だけど・・・あなたとは良い友達のままでいたいんだ。」

I am delighted.

  • Delight【動詞】~を喜ばせる、楽しませる

こちらも”Delight”の受け身形を使って、「喜ばせてもらった→光栄」というニュアンスで使えます。

5.【応用】「~できて、私は光栄です。」

「私は光栄です」と一言でもいいですが、光栄に感じている事柄を付け加えてみるのも良いでしょう。

  • I am honored
  • I am flattered  + to
  • I am delighted
  • I am flatteredby

toの後には動詞の原形、byの後には名詞が続きます。

I am so honored to meet you in person.

「直接お会い出来て本当に光栄です。」

  • in person・・・直接、直に

目上の人や憧れの人に初めて会う時に使えるフレーズです。

It is very nice to meet you, Dr. Smith. I am so honored to meet you in person.
「初めまして、スミス先生。直接お会い出来て本当に光栄です。」

I am honored to be your son (daughter).

「あなたの息子(娘)でいられて光栄に思っています。」

父の日や母の日のメッセージにピッタリ。

I am honored to be invited to give a talk here today.

「本日こちらでお話をさせて頂く機会を頂き光栄です。」

I am honored to have the opportunity to give this presentation.

「この度はプレゼンテーションの機会を頂き、誠に光栄でございます。」

I am really flattered to hear that.

「それをお聞きできて(そう言って頂けて)本当に光栄です。」

I am flattered by your compliment.

「あなたからのお褒めの言葉を光栄に思います。」

I am delighted to work with you.

「あなた(方)と一緒に働けて光栄に思います。」

I am delighted to join this team.

「このチームに加わることができて光栄です。」

まとめ

以上、フォーマルなスピーチや、目上の人にも自然に使える、「光栄です」を表す英語フレーズをご紹介しました。

素直に嬉しい気持ちを表したい時、ちょっと謙遜気味に言いたい時などに使い分けてみましょう。

是非、参考にしてみて下さい!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です