【LINE絵文字】英語の略語の意味を全部まとめてみた!

34
スポンサードリンク

LINEアプリを使っている方、たくさんいると思います!

国境を越えて日本人以外にもユーザーが多いLINE。そんな中でも特にLINEの絵文字やスタンプに出てくる英語たち!

「へー!これってこういう意味なんだ!」「この表現、めっちゃ使えそう!」そんな風に思える表現が結構あります!

今回は、LINEの英語の略語の意味を全部まとめてみました!

それでは順番に見ていきましょう^^

[LINE Official HP: http://line.me/ja/]

Page.1

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.40.16

ANGEL

=天使

日本語のニュアンスとしては、”神”という訳がちょうどいいでしょうか。

・Thank youuuu! You are such an angel♡
(ありがとぉぉぉ!ホント神!♡)

ASAP

=As soon as possibleの略。「出来るだけ早く」

AW!

何か困って不快な時、もしくは感激した時にも使います。

・Awww, he is soooo sweet!!!♡
(きゃー、彼ってホントに素敵!!♡)

BAD

通常の意味は「悪い」ですが、スラング表現としては全く反対の「すごく良い」「カッコイイ」という意味で使われています。

・This car is so bad!
(この車、超カッコイイ!)

また、「すごく」という強調の意味でも使えます。

・I miss you so bad.
(あなたにものすごく会いたい。)

・I want it so bad.
(それがすごく欲しい。)

BADASS

元の意味は「たちの悪い」でしたが、現代では上のBADと同じくスラング的に「カッコイイ」「(人が)強気な・腕のいい・我が道を行くタイプ」という意味でも使われています。

Bomb / Boss

若者のスラングで「素敵」「カッコイイ」という意味でも使われています。”Cool”や”Awesome”と同じ感覚です^^

・That’s bomb! / It looks boss!

BOY

「男の子」という意味以外にも、”Boy”で歓喜・驚き・落胆などを表します。

・Oh, boy…
(あぁまったく・・・)

BRB

Be right backの略。「すぐ戻ります」

BRO

Brotherの略。男友達に親しみを込めて呼ぶ時などに使います。

BYE

カジュアルに「じゃあね!」

Chill

BombやBossと同じく、素敵、カッコイイという意味。

・It’s really chill!

また、Chill(またはChill out)は「くつろいだ」「リラックスした」という意味もあり、Relaxと同じニュアンスでよくネイティブが使っています。

・I am just chilling in my room.
(部屋でただくつろいでるよ。)

Cool

「いいね」「最高だね」

Bomb, Boss, Chill, Awesomeと同じ意味ですが、流行や世代に関係なく使えるのでとっても便利!

日本語のクールは、「冷たい」「カッコイイ」というニュアンスですが、英語のCoolは「いいね」という意味で幅広く使われています。

・That sounds cool!
(それ良さそうだね!)

・Cool.
(相槌として「いいじゃん」)

Cute

「可愛い」という意味ですが、女性に使う場合は年齢に注意!

小さな子どもに使う場合は良いですが、成人した大人に使う場合、ちょっと上から目線というかバカにしたようにも聞こえてしまうので、あまり使わないようにしましょう!

オトナの女性には”Beautiful”(美しい)や”Attractive”(魅力的)を使ってみてはいかがでしょうか?

Page.2

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.40.30

Cutie

若い女の子を呼ぶ時に「かわいこちゃん♪」みたいな感じで使います。

年配の方が可愛い子どもに言うときなどに使いますが、相手が小さな子どもじゃない場合や、友達同士・恋人同士・家族間では「Sweetie」「My love」の方がよく聞きますね。いずれも親しい間柄でのみ使えます^^

DAT

THATのスラング。ちなみに”Da”が”The”のスラングだそうです。

DANG

「げっ」「嫌だー」「くそー」

同じ意味の”Damn”を少し弱めた言い方。

・Damn it! ⇒ Dang it!
・Shit! ⇒ Shoot!

DamnやShitはちょっと汚い言葉のイメージがあるので、ストレートな表現を避けてあえて単語を少し変えているみたいです。

DERP

「バーカ」「下手くそ~」「ばかげたこと」

アメリカのアニメ『サウス・パーク』から流行ったスラング。

DOPE

「カッコイイ」「イカした」「麻薬」「(人が)まぬけ」

「麻薬」という意味がありますが、スラング表現では「(麻薬みたいにクセになりそうなほど)良い!」「(麻薬で興奮しそうなくらい)良い/カッコイイ!」みたいなニュアンスでしょうか。

名詞で使う場合は「まぬけ」とマイナスな意味になりますが、形容詞として使う場合はポジティブな意味だそうです!

・He is a dope.
(彼はまぬけだ)

・He is dope!
(彼カッコイイ!)

DUB STEP

音楽のジャンルのこと。「ダブステップ」

2000年代前半にイギリスのロンドンで誕生したエレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種だそうです。

DUDE

友達同士で呼びかけの時に使います。”Hey dude!”(Hey man!と同じニュアンス)

アメリカのカリフォルニアでサーフィンやスケボーをしている人たちから広まったスラングと言われていますが、現在では多くの地域で多くの若者が使っています。

DUH

「当たり前でしょ」「そんなのわかってるよ」

呆れたように息を吐き出し「ダァ」。友達同士のカジュアルな会話の中でとってもよく使います。

EAT

「食べる」以外に、スラング表現では「(人を)イライラさせる、悩ませる」

・What’s eating you?
(何をそんなにイライラしてるの?)

また、”Eat it!”で「これでも食らえ!」という表現もあるそうです。

EDM

Electronic Dance Musicの略。

EPIC

「最高な」「素晴らしい」

意味は”Awesome”などに似ています。

Epicの元の意味は「叙事詩的な」、民族の英雄や神話、歴史など壮大なスケールで語り継がれているものを指しているので、「壮大なほど素晴らしい」「大規模な素晴らしさ」というニュアンスがつけ加えられるのではないでしょうか?

EVIL

「悪い」「邪悪な」

頭に”D”を付けると「悪魔」という意味の”Devil”になりますね。一緒に覚えてしまいましょう♪

EW!

「げ~」「おえ~」「ぎゃー」

何か気持ち悪いもの、人、生き物(虫とか)を見た時に使います。

・Ewwwww! So disgusting!!!
(おえ~マジ気持ち悪っ!)

私も、虫の死体とか見た時、かなり使いますね。笑

FAM

Familyの省略形。「家族」または「家族のように親しい仲間・友達」という意味で若い人の間で使われているスラング。

Page.3

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.40.43

FAV

Favoriteの省略形スラング。

・This photo is my fav♡

FML

Fuck My Lifeの略。「最悪だ」「人生終わった」「マジでツイてない」

あまりキレイな言葉ではないですが、よく使いますね。

FO MO

the Fear of Missing Outの略。「取り残されることへの恐怖・不安。」

現代のSNS病として知られています。他人の生活と比較して、話題についていけない、情報についていけない、取り残される疎外感・孤独感を感じ、病的に悪化していく状態。SNS依存症とも呼ばれますね。

FUN

形容詞の「楽しい」「面白い」

・That sounds fun!
(楽しそうだね!)

または名詞の「楽しいこと」「楽しさ」「面白さ」

・We had so much fun.
(私たちはとても楽しんだ。)

FUNNY

「面白い」「可笑しい」「笑える」

“That’s funny~”で「超ウケる~」っていう意味もあれば、ちょっと皮肉ですが、ちっともおかしくない時にあえて”That’s funny.”と言う事もあります。

「そりゃおかしいでしょ」や「笑えるー(真顔)」といった雰囲気でしょうか。

FYI

“For your information”の省略形。「参考情報として」「参考までに」「ちなみに」

GET OUT

「出ていけ!」

スラングでは”Get out of here!”で「うそでしょ!」「マジで!?」みたいな意味でも使われています。

GIRL

「女の子」

また、女の子が女友達を呼ぶ時にも使います。

・Girl, you are the best!
(もうあなた最高よ!)

GOOD

「良い」

“It’s all good”で日本語で言う「オールオッケー」という意味で使えます。

GOOD Morning

「おはよ♡」

GOOD Night

「おやすみ♡」

GREAT

「すごい」「素晴らしい」

ネットスラングでは”GR8″でGreatと読ませたりします。

G2G

“(I’ve)Got to go”の省略形。

・G2G!
(行かなきゃ!)

HAHA

「笑」「ハハ」

Page.4

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.40.53

HAPPY

「幸せな」♪

HEY

カジュアルな呼びかけ。「ねぇ」「おーい」「やあ」

HELLO

皆さんご存知「こんにちは!」

Hi

Helloよりちょっとカジュアル、Heyよりちょっとフォーマルな挨拶”Hi!”

HIP HOP

「ヒップホップ」音楽のジャンル

HMM

悩んだり、考えている時の「う~ん・・・」

HOT

「暑い」という意味だけでなく、人に対して「かっこいい」「きれい」「セクシー」という意味も☆『セクシーな』というニュアンスが強いので、色気があってドキドキしてしまうような人に使います。

・Hey look at that girl standing over there! She is so hot!!!
(おい、ちょっとあそこ立ってる女の子見ろよ!超セクシー!)

・OMG, look at the guy dancing over there, he is so hot!
(キャー、あそこで踊ってる男の人見て!超セクシー!)

男女ともに使えますが、初対面の人に対して直接的に使うと警戒されたり、嫌な顔をされる場合もあるので気を付けましょう!

ily

“I love you”の省略形。彼氏へのメールの最後にily♡

JK

“Just kidding”の省略形。「ただの冗談だよ~」

LAME

「ダサい」「つまんない」

LATE

「遅い!」もしくは、”Later”と同じ意味で「またね☆」「あとでね☆」

LINE

ラインアプリ。もし友達に英語でLINEを使っているか聞きたい場合は、”Do you have LINE?” “Are you on LINE?”と言ってみましょう♪

LINEの部分をFacebookやTwitterに変えればいろんなSNSやアプリに使えます^^

LMK

Let me knowの省略形。 「(私に)教えて」「知らせて」

LOST

・(人が)「迷子」「上の空」「途方に暮れた」
・(物が)「なくなった」「見つからない」

Page.5

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.41.05

LOVE

「愛♡」ネットスラングで”Luv”と書いたりもします!

LOVELY

イギリス英語でよく使われる表現だそうです。

日本語のラブリーは「可愛らしい」というニュアンスが強いですが、英語の”Lovely”は”Nice”と同じく「良いね」「素晴らしい」という意味もあります!

MAD

「怒っている」「頭にきている」

また、文脈によっては「夢中になっている」という意味もあります!

ちなみにこのMad、イギリス英語とアメリカ英語で受け取るニュアンスが違うらしいのでご注意を!上で説明したのはアメリカ英語。

イギリス英語で”Mad”は「気が狂った」(アメリカで言う”Crazy”)のイメージが強いみたいです。使う相手によって誤解を招かないように気を付けましょう^^

#ME

#はハッシュタグの意味。「私を見て♡」「私に注目♡」 みたいな感じでしょうか。

(※ハッシュタグ#をキーワードやフレーズの前につけることで、同じ興味・関心を持つ全ての人が、あなたの投稿にアクセスできるようになる機能)

NAH

Noと同じ意味だけど、Noよりカジュアル

NICE

「イイネ☆」

NO THANKS

「いらない」「結構です」

Oh

「おお!」(驚きや感動したとき)

OK!

皆さんご存知「オッケー◎」

OMG

Oh my God!の省略形。

OOF

「うぅっ!」といううめき声。

PEACE

「平和♪」

PISSED

・イギリス英語で「酔っ払っている」
・アメリカ英語で「怒っている」

“I am pissed off”はどちらも「怒っている」になりますが、”I’m pissed”だけの時は、イギリス英語とアメリカ英語で全然意味が違うのでご注意を!

PLEASE

「お願~い!」

Page.6

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.41.14

POSI

Positiveの省略形。

・Keep it posi!”
(前向きに行こう!)

PRETTY

「かわいい」「きれい」

RAD

「素晴らしい」「見事な」

Radは元々Radicalの省略形ですが、今ではRadの方がよく使われています。

RAGE!

「激怒」「激おこぷんぷん丸」

SAD

「悲しい」「残念な」

SAFE

「安全な」「無事」という通常の意味もありますが、イギリスのロンドンでは”Safe”=”Good”の意味で使うそうです!面白い!

See Ya!

“See you”のカジュアル系。「じゃねー」「またねー」

SELFIE

自撮り写真。The Chainsmokersの#SELFIEという曲のメインフレーズが”Let me take a selfie♪”ですね。クラブなどで流れるノリノリの曲です^^

SHARP

「鋭い」や「きっかり」「ちょうど」という通常の意味以外にも面白いスラングをご紹介!

⇒南アフリカのスラングで”Sharp”は”OK”、”Fine”という意味だそうです!

SICK

「病気」「病んでる」

または、スラングで「カッコイイ」「スゴイ」(≒Cool)

SLICK

「抜け目のない」「調子のいい」「ペテン師」

ちなみに”Slick”は名前を知らない人を呼びかける時にも使うそうです。”Mr.”、”Brother”、”Fellow”と同じように、「そこのお兄ちゃん」といった感じでしょうか。

SMILE

「笑顔」「にっこり」「笑って♡」

Sorry

「ごめんね。。」

STRESS

「ストレス」「緊張」

Page.7

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.41.24

SUP

What’s up?の省略形。「元気?」「調子どう?」「どうした?」

SURE

「もちろん♡」「当然!」

SUX

Sucksの省略形。「最悪ー」

SWEET

「甘い」「可愛い」「素敵」

TBT

Throwback Thursdayの省略形。

意味は、ネタが少ない木曜日に、昔のネタでもひっぱり出してきてなんとか投稿しよう!ということだそうです!

THANK YOU

「ありがと♡」

TIGHT

「カッコイイ」「最高」(≒Cool, Fantastic)

txt

Textの省略形。テキストメッセージ、ショートメールのこと。

・Text me when you get there :)
(着いたら連絡して!)

UGH!

「あ゛ぁ~」「ゲッ!」「うわっ」など嫌悪感を表します。

UM…

「うーん・・・」「いや~・・・」など躊躇や疑いを表します。

#US

#ME(私に注目♡)と同じく、”#US”で「私たちに注目♡」

WHACK

「バシッ」「ビシッ」という擬音語。強打する、鞭で強く打つ時の音のイメージです。

WHAT?

「何ー?」「どしたー?」

WHAT’S UP?

「元気?」「調子どう?」「どうした?」

Page.8

スクリーンショット 2015-04-16 午後11.41.34

WHY?

「なんで?」

WINNING

「勝ち組」「成功している」

WOAH

「うわっ」など驚きを表します。

WORK

オシゴト

WOW

ビックリしたり、感動したり、喜んだりして「わぉ!」

WOMP WOMP WOMP

「ボコッ」「ボカッ」「ビシッ」など殴る時の音。

WTF

What the fuckの省略形。「何なんだ!」「マジかよ!」「最悪!」「何だこれ!」など訳し方は様々。”What!?”を+ the fuckで強調。

XOXO

X=Kiss / O=Hug

・XOXO = Kisses and Hugs
(たくさんのキスとハグを)

女友達同士や恋人同士、家族間でも使えます^^

YEAH

「イエーイ!」「イェア!」

Y NOT

“Why not?”の省略形。何故ダメなの?=もちろんだよ!(≒Sure!)

Yum!

「美味しい♡」

YUP!

Yesのカジュアル。「そだよー」「はいよー」等

ZZZ

「眠いー」「寝ている」

24/7

「24時間7日間」「年中無休」「四六時中いつでも」

まとめ

お疲れ様でした!以上、LINEの英語の略語の意味まとめでした。

普段の何気ない会話にも是非ちょこっとずつ英語を取り入れてみましょう^^

参考にどうぞ☆

スポンサードリンク
34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です