英語接客するなら覚えときたい!メニュー関連ボキャブラリー

ff
スポンサードリンク

海外のレストランやファーストフード店においてある英語のメニュー。そして日本のレストランでもたまに見かける英語のメニュー。スタッフとして外国人のお客様を迎えるなら、メニューに何が書いてあるか?を把握しておくことはとても大切なことですよね。

メニューで使われる英語を覚えておけば、接客に役立つだけでなく、自分が逆に英語メニューのレストランに訪れた時にもスムーズに注文することができます。英語メニューのお店でスマートに注文できれば、友達からも「すごーい!」と賞賛されること間違いなし!

ということで今回は、メニューの中で必ず見る英語のボキャブラリー、意外と見落としがちな基本的な部分を見ていきたいと思います!

  1. 飲み物(アルコール以外)
  2. 飲み物(アルコール)
  3. 前菜
  4. サラダ・スープ
  5. ランチメニュー
  6. サイドメニュー
  7. メインディッシュ
  8. 魚料理
  9. 本日のおすすめ
  10. セット
  11. デザート
  12. お子様メニュー

それでは順番に見ていきましょう^^

[Photo by H. Michael Miley]

1. 飲み物(アルコール以外)

ノンアルコールの飲み物、ソフトドリンクには、一般的に次のような表現が使われます。

◆Beverages
◆Drinks
◆Refreshments

【例】

  • Coffee(コーヒー)
  • Iced tea(アイスティー)
  • Soda(ソーダ・炭酸飲料)
  • Pops(ポップス・炭酸飲料)
  • Juice(ジュース)

2. 飲み物(アルコール)

ワイン、ビールなどのアルコール飲料は、店によって次のように表されます。

◆Wine and beer
◆Liquor
◆Spirits
◆From the bar

【例】

  • House wine(ハウスワイン)

3. 前菜

前菜、アピタイザー。店によって表し方は変わりますが、同じ意味で使えます。

◆Appetizer
◆Starter
◆Snacks

【例】

  • Garlic Bread(ガーリックブレッド)
  • Nachos(ナチョス)

Mouth watering  garlic cheese toast”
「食欲をそそるガーリックチーズトースト」

【ポイント】 “Mouth watering”で「よだれが出そうなほど、食欲をそそる」という意味。ガーリックの良い匂いなど食欲をそそるものに対して使えます。

4. サラダ・スープ

ご存知の通り、そのままサラダ・スープです。

◆Salads and soups

【例】

  • Caesar Salad(シーザーサラダ)
  • Garden Salad(ガーデンサラダ)
  • Soup of the day(本日のスープ)

5. ランチメニュー

◆Lunch menu
◆Sandwiches
◆Burgers

店によって出すものが変わるので、SandwichesだったりBurgersだったりします。

ランチタイムのみのメニューだったら”Lunch Special”もよく見かけますね。

【例】

  • Grilled Chicken Sandwich(グリルチキンサンド)
  • Veggie Burger(ベジタリアンバーガー)

6. サイドメニュー

◆Sides
◆Side dish

【例】

  • French Fries (フライドポテト)
  • Omelet(オムレツ)
  • Grilled Veggies(グリル野菜)

“Our rice omelets are made with three fresh eggs.”
『当店のオムライスは新鮮な卵を3個使って作られています。』

【ポイント】 「新鮮な、生の」という意味の”Fresh”は、Fresh vegetables(生野菜/新鮮野菜)やFresh eggs(新鮮な卵)など、料理においてよく使われる単語です。

7. メインディッシュ

◆Main course
◆Main dish

【例】

  • New York Steak(ニューヨークステーキ)
  • Roasted Chicken(グリルチキン)

“Our Roasted Chicken is crisp on the outside and juicy in the middle.”
『当店のローストチキンは表面はカリッとしていて中身がジューシーですよ。』

【ポイント】 “Crisp”(カリッと)と“Juicy”(ジューシー)の料理単語を上手く組み合わせて説明してみましょう!

8. 魚料理

魚料理、魚介類の入った料理は以下のように表されます。

◆Seafood
◆Fish

【例】

  • Grilled Salmon(グリルサーモン)
  • Fish and chips(フィッシュアンドチップス)

“Grilled salmon coated in Teriyaki sauce”
『テリヤキソースで味付けされたグリルサーモン』

【ポイント】 “Coated in”で「包まれた、覆われた」という意味。料理時に使う時は、下味の段階を示すみたいです。

9. 本日のおすすめ

店側がオススメしている料理、シェフのオススメなどなど、Specialを使って表します。

◆Specialties
◆Today’s special
◆Chef’s special

【例】

  • BBQ Ribs(バーベキューリブ)
  • Chef’s Special homemade chili(シェフのおすすめ自家製チリ)

10. セット

セットメニュー。ファーストフード店などでよく使われる表現です。
(サラダやフライドポテト、ドリンク付きが主)

◆Combo
◆Meal

【例】

  • Cheese burger Combo (チーズバーガーセット)
  • Hot Dog Combo(ホットドッグセット)
  • Family Combo(ファミリーセット)

11. デザート

食後またはティータイムでのデザート、スイーツ。

◆Desserts
◆Sweets

【例】

  • Apple Pie(アップルパイ)
  • Ice cream(ホームメイドアイスクリーム)

“Try our homemade green tea ice cream.”
「当店自家製の抹茶アイスクリームをどうぞお試しください!」

【ポイント】 “Homemade”は「自家製の、手作りの」という意味。”Homemade Apple pie”、”Homemade cheese cake”などいろいろ応用して使えますね^^

12. お子様メニュー

◆Kids menu

【例】

  • Junior Spaghetti and Meatballs(スパゲッティ&ミートボール)

おまけ

それでは最後におまけとして、上の例文でも使用した「料理の説明に使える表現、単語」をもう一度おさらいしましょう。お客様にメニューを薦める時に使ってみてください。

Mouth watering
【よだれが出るほどおいしそうな、食欲をそそる】

Fresh
【新鮮な、生の】

Crisp 
【カリッと、パリッとした】

Juicy
【ジューシーな、肉汁(果汁)たっぷりの】

Coated in
【覆われた、包まれた】

Homemade
【自家製の、手作りの】

まとめ

以上、英語のメニューに載っている基本ボキャブラリーにプラスアルファーで、料理の説明に使える表現、単語も合わせてご紹介しました!この機会にメニュー関連の英語をマスターして、自身の英語力UPにつなげましょう!

参考にどうぞ☆

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク
ff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です