女子必見!フィリピン留学で役立つ日本からの持ち物6選

ds
スポンサードリンク

人気急上昇中のフィリピン留学。南国フィリピンは近年リゾート観光地としても有名で、特に女性には安くて楽しめると人気です。

今回は、フィリピン留学を考えている女子は必見!日本から持っていきたい持ち物を6つご紹介したいと思います。

  1. 化粧水・乳液・美容液など
  2. 化粧落とし・洗顔料
  3. 生理用品
  4. サプリメントなどのビタミン剤
  5. ハンガー・パラソルハンガー
  6. カーディガンなど羽織るもの

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.化粧水・乳液・化粧下地など

化粧水・乳液など直接肌に付けるものは、絶対に日本製の普段から使い慣れているものがおすすめ!

フィリピンは日本とそもそも水の質が違います。基本的に水道水を飲むことは出来ず、最初は肌や髪の毛に日本とは違う変化を感じる人もいるかもしれません。

現地でも化粧水などはもちろん売っていますが、フィリピン人の肌は比較的刺激に強いと言われているので、現地のものだと日本人の繊細肌には合わないこともよくあります。

せめて日々顔につける化粧水関係は、日本のクオリティーを持っていきましょう。

ただし、日焼け止めクリームに関しては、ものによっては日本のものではフィリピンの日差しに勝てないものもあります。特別肌が弱いというわけではない、もしくは、身体に塗る用の日焼け止めクリームは現地の強力なものを使った方がよいかもしれません。(※個人差がありますが・・・)

2.化粧落とし・洗顔料

化粧水・乳液系に引き続き、「現地で買えばいいや」とめんどくさがらずに絶対に持って行ってほしいのが、化粧落としと洗顔料。

化粧落としも洗顔料も日本に比べて種類も少ないし、クオリティーも日本製の方が断然高いので、多少かさばったとしても持って行った方が良いでしょう。

日本のように、ちょっとコンビニに行けばメイクふき取りシートが買えるなんてことはありえないので、念のためふき取りシート共々一緒に用意しておくといいですね。

女性は気候や環境の変化によってホルモンバランスが崩れたりすることがよくありますよね。特にストレスなどで肌荒れしてしまう人も多いハズ。自分の肌にあった化粧落とし・洗顔でしっかりと汚れを落とし、肌荒れなどの原因をなるべく減らしていきましょう。

3.生理用品

女性ならではの持ち物。生理用のナプキン・タンポンは日本から持って行くのがおすすめ!

化粧品関係同様、日本製の生理用品は世界中でもトップのクオリティー。吸水性や付け心地など、大きな違いがあります。

特にフィリピンの共用のトイレなどはまだまだ衛生状態が悪いところがたくさん。デリケートゾーンを清潔に保つためにも、ジャパンクオリティーは持って行って損はありません。

海に行って泳いだりする機会が多いフィリピンなので、タンポンも上手く活用してみましょう。

大きい夜用など持って行くのは大変ですが、帰りは使ってなくなるので、お土産分のスペースだと思えばちょうどいいですよね^^

4.サプリメントなどのビタミン剤・青汁などの健康食品等

お金が有り余っていれば、日本食レストランや高級ホテルで良い食事をとることができますが、留学に来ているのに毎回豪華な食事というわけにはいかないですよね。

留学先の学校によって食事付きのところもあれば、自分たちで食事処を見つけて食べるところもありますが、フィリピンの食事の特徴として新鮮な果物はあるけど、新鮮な生野菜は全然ないということが挙げられます。

日本では当たり前のように食べられるサラダをあまり見なくなります。その代わりにポークやビーフを串刺しにして焼いたものが主食になり、かろうじて野菜炒めがある程度。

そこで体内バランスを整えるためにも、サプリなどで野菜からとれる栄養をとりましょう。

日本国内でも多くの人がサプリで不足しがちな栄養分を補給していますよね。さらにバランスが悪くなりがちなフィリピン留学中は、美味しい青汁で野菜を補給したり、サプリで栄養を積極的に取り入れましょう。

5.パラソルハンガー

61RtC41M+rL._SL1148_

[出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B0013L48C6]

フィリピン留学中、1週間以上滞在するなら現地で洗濯する必要性も出てきますよね。

特に下着類は、毎日手洗いでもキレイにしておきたいもの。手洗いなどで洗った洗濯物を干すためのパラソルハンガーを持っていきましょう。

学校の寮で相部屋だとしても必ず男女別にわかれていると思うので、他の人の邪魔にならないように、自分のスペースに洗濯物を干すときに、パラソルハンガーが役立ちます。

長期になればなるほど必要になってくるでしょう。

6.カーディガンなど羽織るもの

常夏の国フィリピンに留学中に風邪を引いてしまう大きな原因の1つが、室内と屋外の温度差なのです。

1年を通して半袖でもじゅうぶん過ごせると思いがちなフィリピンですが、屋外とは一変、ショッピングモールやカフェ、レストランなどの室内は、これでもかというくらい冷房がかかっています。

暑くて汗をかいていた外から、急激に冷えた室内に入ることで風邪を引いてしまうんですね。

特に身体が冷えやすい女性は、必ずカーディガンなどの羽織りものを持ち歩きましょう。タクシーの中なども冷房で寒いときがあるので、長い移動のときは特に忘れずに!

例え1週間のみの留学・滞在だとしても、長袖は何枚か持って行った方が良いでしょう。

まとめ

以上、フィリピン留学を考えている女子必見!日本から持って行った方が良いモノ6選でした。

留学を経験したいと考える女性は年々増えています。女性一人ひとりが安心して快適に留学生活を送れるよう、是非留学時の持ちものの参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク
ds

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です