【フィリピン滞在中に必要なもの】おすすめのシャンプーまとめ

Woman washing her hair on white tiles background.
スポンサードリンク

1,2週間程度の滞在であれば、旅行用のシャンプー・コンディショナー・トリートメントなどを日本から持って行く方が多いですが、1カ月ほどの留学であれば現地で買う方が荷物も減ってラクですよね。

今回は、フィリピン現地で買えるおすすめのシャンプーについてご紹介したいと思います。

  1. シャンプーの種類と相場
  2. 現地で買うならコレ!おすすめシャンプー5選
  3. 日本で使っているものを持って行く

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.シャンプーの種類と相場

フィリピンのスーパーやドラッグストアに行くと、日本と同じくシャンプー・コンディショナー系がズラリ。

日本でもよく目にする世界的に有名なブランドも多いので、どれにしたらいいかわからない、知らないブランドを買うのは不安な方は、LUX(ラックス)・PANTENE(パンテーン)・DOVE(ダヴ)など日本でもお馴染みのものを選びましょう。

シャンプーの質ですが、そもそもフィリピンと日本では水の水質が違います。日本のシャンプーを海外に持って行ったけど、全然泡立たなかった、なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

これは水の違いが原因です。現地には現地の水質に合ったシャンプーが販売されているので、フィリピン滞在中は現地でシャンプー等を買うのが良いでしょう。

また、フィリピンのシャンプー・コンディショナー・トリートメントは以下のようなものも多いです。

shampoo_pantene_hair_fall_control_7gx700_sachets_1

[出典:https://www.wecareforhome.ph/shop/]

このように日本で見たら旅行用かな?と思いますが、それにしてはこの小分けタイプの種類が多い。現地のフィリピン人に聞いてみると、普通に普段の生活で1回分のシャンプーとして使っているんだとか。

料金の相場は?

通常のボトルタイプは50~100ペソ前後はかかるので、シャンプー・コンディショナー両方買ったら200ペソ(約450円)~。高いものだと1ボトルで200~300かかるものも。サイズによっても変わります。

上の小分けタイプの場合、ボトルで買うよりも割安です。1パックが2ペソくらいで、8個組で15ペソとか。シャンプー・コンディショナーセットで8回分で30ペソです。1ヵ月でもだいたい120ペソ(約250円)程度。

小分けタイプなら場所もとらないし持ち運びも便利。週末の旅行などにも持っていきやすいので、いくつか買っておくことをおすすめします。

2.現地で買うならコレ!おすすめシャンプー4選

それでは、早速フィリピンのショップやスーパーなどで買える人気のシャンプーをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. LUX / PANTENE / DOVE
  2. Palmolive パルモリブ
  3. Human-Nature ヒューマンネイチャー
  4. Oryspa オライスパ

以下、詳しく見ていきましょう^^

LUX / PANTENE / DOVE

  • 価格:120~300ペソ(約250~700円) /ボトル

LUX(ラックス)・PANTENE(パンテーン)・DOVE(ダヴ)など、上で紹介したように、日本でも馴染みのあるブランドは安心感があります。

値段はサイズによって変わりますが、日本より若干安い程度。日本でもセールなどで安くなっていることがあるので、ほぼ同じくらいかもしれません。

フィリピンの水質に合わせて作られているので、日本製のものと質は変わりますが、泡立ちも良く洗い心地も良いですよ。

シャンプーに特にこだわりがない、洗えれば何でもいい、でも現地の安すぎるシャンプーは怖い、そんな方におすすめです。

Palmolive パルモリーブ

palmolive-naturals-shampoo-intensive-moisture

[出典:http://www.colgate.ph/app/PalmoliveEU/Equity/PH/EN/home.cwsp]

  • 価格:200ペソ前後(約450円) /ボトル

現地のフィリピン人にも、日本人在住者にも好評なのがアメリカのメーカー「Palmolive」のシャンプー。

「Palmolive」シリーズの中でも、人気なのが上の画像の【PALMOLIVE NATURALS INTENSIVE MOISTURE SHAMPOO】。ココナッツクリームとミルクプロテイン配合でサラサラかつ潤いのある髪を保つことができます。

シャンプー&コンディショナーの2 in 1なので、これ1つでOK!めんどくさがり屋(私です)には助かります^^

Human-Nature ヒューマンネイチャー

hair-care-moisturizing-shampoos-web-product-image-main-688x491

[出典:http://humanheartnature.com/]

  • 価格:70~300ペソ(約150~650円) /ボトル

100%フィリピン産の原料を使った、コスメやスキンケア商品などを取り扱う「Human-Nature」。フィリピン国内で最も有名&人気なオーガニック/ナチュラルコスメブランドです。

「Human-Nature」のヘアケア商品の特徴は以下。

  • 抜け毛の原因となるSLS(ラウリル硫酸)不使用
  • 肌のかゆみ・炎症・ふけなどの原因となるSLES(ラウレス硫酸)不使用
  • ノンシリコン
  • パラベン(防腐剤)不使用

オーガニック/ナチュラルで好感が持てますね。

最後のパラベン(防腐剤として)に関してですが、日本でも多く使われている比較的安全性の高い防腐剤です。むしろパラベン不使用だと雑菌が増殖して腐敗しないように、冷蔵庫などで保管しながら早めに使い切るのが良いでしょう。

Oryspa オライスパ

image
  • 価格:100~500ペソ(約230~1,200円) /ボトル

セブのアヤラモール内の一角で見つけたナチュラルコスメブランド「Oryspa」。こちらの商品は全て100%ナチュラルな米ぬか・ぬか油を使っています。

米ぬかベースのシャンプーは数種類ありますが、その中でもおすすめなのが。皮脂の余分な油をとり、フケ防止、髪の成長をサポートしてくれる成分”グゴ”と、美肌や健康にも効果抜群の”アロエ”のダブル効果が見込めるシャンプー・コンディショナー。

スタッフのお姉さんが丁寧に商品について説明してくれます。シャンプーなどのヘア商品以外にも、マッサージオイルやハンドクリームなど女性に嬉しいナチュラルコスメがたくさん手に入りますよ。

3.日本で使っているものを持って行く

日本でいつも気に入って使っているシャンプーがある、頭皮が敏感なのでいつものシャンプーじゃないと不安、そんな方は、日本製のものを持っていきましょう。

フィリピンの現地でもシャンプーは問題なく買えますし、品質も100ペソ前後のものなら申し分ありません。

しかし、日本製とは質が違うのは事実。ただでさえ、紫外線が強く、都市部は空気もあまりキレイではないので、髪の毛がボロボロに傷んでしまった、頭皮が痒いなどの症状が出てしまう人もいます。

心配であれば、日本のシャンプーを別容器に入れて宿泊日数分持っていき、現地では上で紹介したような小分けになっているものを少しずつ使って様子を見れば、ボトルを買って無駄にせずに済むでしょう。

まとめ

以上、フィリピン現地で買えるおすすめのシャンプーについてご紹介しました。

◆フィリピンと日本では水質が違うので日本のシャンプーは泡立ちが悪いことがある

◆小分けタイプのシャンプーが安くて便利

◆フィリピンでも日本でお馴染みのブランドのシャンプーを買える

  • LUX(ラックス)
  • PANTENE(パンテーン)
  • DOVE(ダヴ)

◆フィリピンならではの成分配合/オーガニック/ナチュラルシャンプーもおすすめ

  • Palmolive パルモリブ
  • Human-Nature ヒューマンネイチャー
  • Oryspa オライスパ

◆頭皮が敏感・品質が心配なら日本のシャンプーを別容器に入れて持っていく

是非、フィリピン生活において、参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク
Woman washing her hair on white tiles background.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です