フィリピンでハズセないお菓子といえばコレ!おすすめ6選

Fotolia_63912889_Subscription_Monthly_M
スポンサードリンク

フィリピン留学中、ついつい手が伸びてしまうのがお菓子。スーパーやコンビニに行くと、日本では見たことがないお菓子がたくさん売っています。

でも、実際たくさん種類がありすぎて(日本もそうですが)、どのお菓子がおいしいのか、評判がいいのかわからないですよね。

今回は、日本人の口にもよく合う、おすすめのフィリピンのお菓子を6つピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. ドライフルーツ
  2. OTAP(オタップ)
  3. DING DONG(ディンドン)
  4. CHICHARON(チチャロン)
  5. SKY FLAKES(スカイフレークス)
  6. PILLOWS(ピローズ)

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.ドライフルーツ

image

フィリピンのお菓子と言えば、王道中の王道がドライフルーツ。ドライフルーツを始め、ドライパイナップル、バナナチップスなど、南国のフルーツをモチーフにしたお菓子が豊富です。

1番人気はやはりドライマンゴー。上の画像を見てもわかるように、ドライマンゴーだけでもたくさんの種類が発売されています。

日本で買うと高いですが、フィリピンなら噛めば噛むほど味が出るおいしいドライマンゴーが一袋¥100~¥250程度で買えますよ。

空港やお土産屋で買うと割高なので、地元のスーパーなどでまとめ買いするのがおすすめです。

2.OTAP(オタップ)

image

サクサクの甘いパイ生地のお菓子、OTAP(オタップ)。地元の人からも大人気のフィリピン定番のお菓子で、スーパーなどで手に入ります。

ドライマンゴー同様、OTAPも種類が豊富ですが、メーカーが違うだけで味はどこも似たり寄ったりです。

日本の源氏パイやホームパイをもっとパイっぽくした感じで、気をつけて食べないとボロボロとこぼしてしまいます。

甘すぎずサクサクと食べやすいので、ついつい次から次へと手が伸びます。日本人の口にもよく合うお菓子ですよ。

3.DING DONG(ディンドン)

image

しょっぱい系のお菓子ならミックスナッツDING DONG(ディンドン)がおすすめ。

ちょっとしたおやつにもお酒のおつまみにもピッタリ。フィリピンのビール・サンミゲルとの相性もバツグンですよ。

このひとつひとつの小袋が約1ペソという素晴らしいコスパ。20袋セットでも20ペソ(50円程度)と、かなり嬉しい価格設定なのに、味は普通に日本でも通用するくらいおいしいんです。

留学中、お菓子を食べたいけど、節約しなきゃ・・・DING DONGはそんな頑張る留学生の強い味方です。

4.CHICHARON(チチャロン)

image

引き続き、しょっぱい系。CHICHARON(チチャロン)とは豚の皮という意味です。豚の皮を油でカラッと揚げて、塩味でシンプルに味付けされています。

スーパーや露店などでよく売られている地元の人にも愛されているスナックで、日本人の口にもよく合います。

こちらもお酒のつまみに良く合いますね。カラッと揚げていますが、食感はサクサクよりも、噛みしめるとおいしい感じ。豚をよく食べるフィリピンならではのお菓子ですね。

Cebu-Pearl-Of-South-Philippines-Chicharon
[出典:http://beachrove.com/cebu-pearl-of-south-philippines/]

5.SKY FLAKES(スカイフレークス)

fd-snk-82
[出典:http://item.rakuten.co.jp/tirakita/fd-snk-82?scid=af_pc_etc&sc2id=342048003]

こちらもスーパーやコンビニでよく見かけるクラッカーSKY FLAKES(スカイフレイクス)。プレーンのものもあれば、クラッカーの間にチョコレートやクリームが挟まっているものも。

ちょっと小腹が空いた時はもちろん、プレーンなら上にチーズやピーナッツクリームをのせて食べると、朝食にも早変わり。私は、このプレーン味を買い込んでおいて、朝食、間食、おつまみなど幅広く楽しんでいました。

6.PILLOWS(ピローズ)

pillows-choco-38g
[出典:http://oishi.com.ph/products/pillows/]

チョコ好きさんには、たまらない、こちらも日本人から大人気のチョコ菓子PILLOWS(ピローズ)。ちなみにPILLOWとは日本語で「枕」という意味です。

かためのスポンジのような生地の中に、柔らかめのチョコレートが入っています。写真ほどチョコはトロトロしていなくて、固形です。この形が枕っぽいからこの名前になったみたいです。

小袋に分かれているので、勉強の合間に糖分が欲しい、ちょっと小腹が空いたときなどに最適。10袋セットが50ペソ前後と、オトクです。

まとめ

以上、日本人の口にもよく合う、おすすめのフィリピンのお菓子を6つピックアップしてご紹介しました。

どれも、フィリピン人からも日本人からも人気のお菓子ばかり。現地で食べるのはもちろん、お土産として日本に持って帰ってくるのもおすすめです。

是非、参考にしてみて下さい^^☆

スポンサードリンク
Fotolia_63912889_Subscription_Monthly_M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です