会話力向上を狙え!フィリピン短期留学の効果はどれくらい?

sa
スポンサードリンク

英語を学びたい!比較的費用も安くて、場所もアジア圏で近いフィリピンに留学を決めた!でも仕事や予算の都合で1週間~1ヵ月くらいの短期留学しかできない・・・そんな事情がある方も多いと思います。

実際に、短期間のフィリピン留学でどれくらいの英語力が伸びるのか、個人差はあれど効果は気になるところですよね。

今回は、フィリピン留学の特徴も含め、英語力向上の効果について、経験を交えてお話ししたいと思います。

  1. フィリピン留学の特徴
  2. 英語学習の目的を明確にしよう
  3. 期間によって正確な計画を立てよう
  4. 持続的な学習方法を身に付けよう

それでは、順番に見ていきましょう^^

[Photo by Moyan Brenn]

1.フィリピン留学の特徴

まず初めに、フィリピン留学の特徴を説明していきたいと思います。

なぜ、フィリピンで英語留学?

そもそも、フィリピンって英語圏?なんでみんな英語を勉強しにフィリピンに行くんだろう?と不思議に思っている人も多いと思います。

フィリピンでは、小学校から大学までほとんどの授業が英語で行われています。そして就職状況に関しても、英語を話せれば、外資系やコールセンターなど比較的待遇が良い仕事に就くことができます。

なので、大学まで進学しているフィリピン人は当然のように英語を話し、現地の言葉と英語のバイリンガルなのです。

物価や人件費が安いことから、フィリピン(特にセブ島)には、韓国人が先に進出し、多くの英語学校を建設しました。フィリピンの英語学校の学費は欧米諸国の約半分(学校によりますが)。費用もかなり抑えることができます。

英語のスピーキング力が弱かった韓国人は、アメリカやイギリスなどの欧米諸国に留学に行く前に、マンツーマン式でしっかりと基礎を学ぶというシステムを作り出し、そのシステムに魅力を持ちフィリピンに留学する日本人が増えたことで、日本資本の英語学校も増えていったのです。

韓国人同様、英語のスピーキングに慣れていない日本人にとって、マンツーマンレッスンはとても効果的。アジア圏で距離も近く、物価も安く、気候も良いフィリピン、その中でも比較的治安の良いセブ島が留学地として人気になりました。

フィリピンの英語学校の特徴

まずは英語学校のシステムや授業の形態について。

  • マンツーマンレッスン

フィリピン英語学校の最大の特徴です。個人のレベルにあったレッスンができるマンツーマンは特に初心者の方におすすめ。日本や欧米諸国の英語学校だとかなり費用が高いですが、フィリピンなら半額ほどでマンツーマンレッスンが受けられます。

マンツーマンのメリットとしては・・・

◎グループに比べて自分が話す比率が格段に多いので、強制的に英語を話す訓練ができる
◎他の人と比べて恥ずかしがったりする必要が無く、自分のペースで学習ができる

逆にデメリットとしては・・・

△英語力を比べる相手がいないので、モチベーションを保つのが大変
△国籍比率として韓国人、日本人が圧倒的に多いので、国際色豊かな友達を作れない(日本語を話してしまう環境が多い)

  • 寮やコンドミニアム滞在

欧米諸国では、ホームステイが主流ですが、フィリピンでの滞在方法はほとんどが学校の寮、もしくは学校近くのコンドミニアムを長期で借りることになります。

特に寮での生活はご飯3食付きの学校も多く、ご飯の心配をする必要はありません。(好き嫌いが多い人は難しいかもしれませんが・・・)自習室などもそれぞれの学校にあるので、朝から晩まで集中して英語学習に取り組むことができます。

また、寮やコンドミニアムは1人部屋~複数人部屋を選択することができます。料金は高いけど、一人で落ち着く時間を持てる1人部屋。複数人部屋は料金が安いのはもちろん、韓国人など国籍の違うルームメイトがいれば、授業外でも積極的に英語を使う機会が増えるでしょう。

2.英語学習の目的を明確にしよう

さて、このような特徴を持つフィリピン留学で、いかに効果的に英語を学ぶか。まずは、留学前に英語学習の目的というものをしっかりと考えてみましょう。

どんな学習目的を持っている人がフィリピン留学に向いてるの?

海外旅行レベルの英会話力を求めているのか。日常英会話を求めているのか。ビジネス英会話を求めているのか。プレゼンテーション対策なのか。試験対策なのか。欧米留学の前段階なのか。

上で紹介したフィリピン留学のメリット・デメリットをふまえて考えてみると、フィリピン留学を効果的に利用できそうな英語習得目的の例として挙げられるのが以下・・・

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • 試験対策
  • 欧米留学の前段階

“マンツーマンでスピーキングを鍛え、英語を話すことに対しての壁を取り払うこと”と、”周りに惑わされず集中して試験対策に取り組める環境”が、フィリピン留学の大きな魅力ですね。

上のような学習目的の方はフィリピン留学を効果的に活用することができるでしょう。

また、フィリピン留学はどちらかと言えば初心者向けの学校が多いのも特徴。”とにかくまずは、英語を聞く・話すことに慣れたい”という人におすすめです。

逆にフィリピン留学より欧米諸国の語学学校の方が向いてるのは・・・?

海外旅行のための英会話を目的とする場合は、たくさんの国の友達ができたり、今後の旅行先の情報をもらったり、行ってみたい国が増えたりするので、むしろ国際色豊かな欧米諸国の語学学校の方がおすすめ。

プレゼンテーション対策目的の場合も、他の人のプレゼンを見てモチベーションを上げたり、表現力や度胸をつけたりすることが大切なので、周りのレベルが高い欧米諸国の語学学校がおすすめです。

学校選びの大切さ

学習目的が定まったら、それによって選ぶ学校が大きく変わります。

実はフィリピンには500以上の英語学校があり、その中で自分の学習目的に合った学校を選べるかどうかで、英語力向上に大きく影響してくるのです。

スパルタと呼ばれる朝から晩までひたすら英語に触れ続けるコースがある学校や、ビジネス英語に特化した学校、TOEICなどの試験対策に優れた学校など学習目的によって、学校の選択肢も決まってくるのです。

学校選びに関しては、フィリピンの英語学校に詳しい現地の留学エージェントを上手く活用して、おすすめの学校を聞いてみましょう。そのカウンセリングの際に、自分の学習目的がハッキリしていれば、学校も決めやすくなるでしょう。

3.期間によって正確な計画を立てよう

学習目的や通う学校に加えて、留学の期間もとても重要。よく何ヵ月留学すればある程度話せるようになりますか?と聞く人がいますが、これは目的・目標・学校によって大きく変わるので、一概には言えないのです。

フィリピン留学の理想的な期間ってどれくらいが目安?

一般的に英語がなんとなく聞き取れて、言いたいことがゆっくりでも言えるようになってくるのは3~4ヶ月と言われています。それも毎日英語を話す環境に身を置くことが大前提です。

例えば、留学期間を3ヶ月とした場合、学習目的に合わせて1ヵ月毎に達成すべきゴールを決めたり、3ヶ月の大まかなスケジュールを決めることはとても大事。なんとなく過ぎる3ヶ月ではなく、1週間ごと、1ヵ月ごとにスピーキングの小テストを入れてもらったり、参考書やよく使うフレーズ集などを全部暗記してマスターする、など具体的な目標を立てましょう。

そして慣れてきてマンネリ化してきたり、飽きてきてモチベーションが下がってくるのも、だいたい学習を始めて約3~4ヶ月という人が多いのも事実。

短期過ぎても劇的な効果は難しいですが、だらだらとマンネリ状態のまま学校に通い、学習を進めても効率的ではありません。学習意欲がないまま留学し続けても、結局時間の無駄になってしまうこともあります。ある程度の目標を決めて、マンネリ化し始めるころに日本に帰ったり、欧米諸国に移動したりと環境を変えることで、英語熱を保ったまま、学習を続けることができるのです。

1ヵ月前後の短期の留学の場合

学校や仕事などの休みを使って留学に来る場合、だいたい頑張っても1ヵ月が限度・・・という人が多いかと思います。でも心配無用!1ヵ月でも、もはや1週間の留学でも、フィリピン留学の価値・効果はじゅうぶんにありますよ。

フィリピン留学の学習目的が「スピーキング力・会話力の向上」の場合、何よりも大切なのは、まず英語を話すことへの抵抗、恥ずかしさ、怖さを取り払うこと。「英語を話すってこんな感じでいいんだ!」と自分が英語を話すイメージがわくことで今後の学習のモチベーションに繋がります。

1ヶ月間のフィリピン留学をスタート地点として、日本に帰ってからも英語を続けて勉強したいと思えるような、そんな留学になるように、行動してみてください。

具体的な目標の例としては・・・

「1ヵ月間は日本語を一切使わない」
「フィリピン人の先生との交流を積極的にもつ」
「映画を1本英語字幕で理解できるようになる」

などなど人それぞれですが、今後の糧となるような濃厚な1ヵ月を過ごせるような目標・計画を立てましょう。

4.持続的な学習方法を身に付けよう

留学期間はいずれ終わりがきます。目標を達成できた人もいれば、まだまだ足りないなーと悔しい思いをする人もいると思います。

でも忘れてはならないのが、留学期間は終わっても、語学習得の期間は一生終わらないということ。言語学習において、1番重要なのは継続性です。

留学中は、英語力を伸ばすことだけでなく、これからどのように学習を継続していくかにも焦点を置きながら過ごしてみましょう。

特に、会話力を伸ばしたい、保持したいと思っているなら持続的に英語に触れていることが大事。それは、努力次第で日本にいてもできることです。例えば、日本に滞在している外国人の友達をつくってみたり、海外ドラマや映画を積極的に見るようにしたり。英語を身近に感じようとする意識が大切なのです。

フィリピン留学のいいところは最初にも説明した通り「近い・安い・気候良し」。ちょっと時間が空いたら、年に数回行けるくらい身近な英語圏の国です。

英語学校への短期留学を数回繰り返したり、仲良くなったフィリピン人の先生に個人的に会いにいったりと、そういう目標や楽しみがあるだけで、継続して英語を学習しやすくなりますよね。

まとめ

以上、フィリピン留学の特徴ならびに英語力向上の効果について、お話させて頂きました。

  • 英語学習の目的を明確にすること
  • 期間によって正確な計画を立てること
  • 持続的な学習方法を身に付けること

留学前・留学中・留学後のこのサイクルがさらに効果的、効率的な英語力向上に役立つこととなるでしょう。

フィリピン留学に向いているのは・・・

  • 初心者で、まずは英語を話すことの壁を取り払いたい人
  • 英会話力・スピーキングを向上させたい人
  • 集中できる環境で自分のペースで試験対策などに取り組みたい人

フィリピン留学期間の目安と学習計画は・・・

  • 一般的に3~4ヶ月が適度。長すぎてマンネリ化しても良くない
  • 1ヵ月毎に達成すべきゴールを決めたり、3ヶ月の大まかなスケジュールを決める
  • 1ヵ月前後の短期なら今後の英語学習に繋がる具体的な目標を決めて学習

フィリピン留学を今後に活かすには・・・

  • これからどのように学習を継続していくかに焦点を置きながら留学期間を過ごす
  • 日本でも意識して英語に触れる(国際交流や、海外ドラマ・映画など)
  • フィリピンに何度も留学、遊びにいく

文章内でも何度も説明していますが、フィリピン留学の特徴「近い・安い・気候良し」、「マンツーマンレッスン」、「集中レッスン」をいかして、充実した留学生活、そして効果的な英語学習を目指しましょう。

是非、参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク
sa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です