フィリピンのタクシーの乗り方は?利用方法と注意点まとめ

z

フィリピンでの交通手段の代表格と言えばタクシー。タクシーの他にも現地の人の交通手段として使われる乗り物がありますが、私たちのような外国人観光客・留学生はタクシーが1番安心です。

とはいっても、タクシーもピンキリ。良いドライバーもいれば、何とかしてお金をぼったくろうとしてくるドライバーまで様々。

今回は、フィリピンでのタクシーの乗り方と、利用時の注意点をまとめてご紹介したいと思います。

  1. フィリピンでのタクシーの利用方法
  2. タクシーの乗り方と料金の目安
  3. タクシー利用時の注意点

それでは、順番に見ていきましょう^^

[Photo by Alisa]

 

スポンサードリンク

1.フィリピンでのタクシーの利用方法

まず最初に、フィリピンでタクシーを拾うにはどうしたらいいのでしょうか。

フィリピンのタクシーは基本的に白い色のものがメータータクシーと呼ばれる一般的なものです。

  • 大通りで手を挙げてとめる
  • ホテルやレストランの受付に電話で呼んでもらう
  • タクシーの溜まり場に行く

大きく分けてこの3つでしょう。

最も一般的なのが上の2つ。大通りにさえ出れば、タクシーはたくさん走っているので、手を挙げていればすぐに拾えます

ただし、金曜日の夕方など、みんなが飲みに行ったり外出する時間は道路がかなり混み合い、タクシーもなかなかつかまりません。その場合は、ホテルなどに早めに手配してもらうのが良いでしょう。

3つ目のタクシーの溜まり場というのは、日本でいうタクシースタンドとはちょっと違って、タクシードライバー同士が集まって休憩(?)してる場所がいくつかあるのですが、そこに自分から出向いて行き先を告げると、だいたいその中の一人が「その辺詳しいからオレが行ってやるよ」的な感じでタクシーを出してくれます。

しかし、あまりにも遠い行き先だと、ドライバーの方から断ってくる場合もあります。なんとも自由な国だなと実感しますね。

2.タクシーの乗り方と料金の目安

それでは早速タクシーの乗り方について、説明していきましょう。手順はほとんど日本と同じです。

タクシーの乗り方例

① 上で説明したいずれかのやり方でタクシーを拾う
② 路肩に止まったら、タクシーに乗り込む(ドアは自動では開きません。笑)
③ 行き先を告げる (間違えられないようハッキリ言う、もしくは住所を書いた紙を渡す)
④ メーターを確認する
⑤ 目的地に着いたら金額を支払い
⑥ 忘れ物がないか確認(忘れたらもう二度と戻ってこないと思いましょう)

 

フィリピンのタクシー利用時は、④のメーター確認がとっても重要です!

たいていのタクシーには運転席と助手席の間に、メーターがついています。(日本と同じですね)初乗りは約40ペソ(約100円)なので、メーターが”40″になっているかどうかをチェックしましょう。

たまに、前の人が降りたときの金額に設定されており、指摘しないとあわよくばぼったくってくる可能性もあります。メーターが40ペソになっていないときは、メーターを指差し、笑顔で「メーター」と伝えましょう

また、タクシーによっては、メーターが壊れた、メーター制じゃないと言い張るドライバーもいます。不適切な金額を請求してくる可能性もあるので、その場合は乗車を断り、別のタクシーを探しましょう

運賃の目安

次に運賃について、地域によって変動はありますが、だいたいの目安をご紹介します。

初乗り 40ペソ~(約100円)
10~15分程度の距離 70ペソ~(約150円)
20分程度の距離 100ペソ~(約250円)
30分程度の距離 150ペソ~(約330円)
40分程度の距離 200ペソ~(約450円)
50分程度の距離 250ペソ~(約530円)
1時間程度の距離 300ペソ~(約650円)

※上記はメーター付きの白タクシーの場合の料金の目安
※1時間以上の場合は、最初に値段を交渉してみても良いかも
※道の混み具合によって到着が遅れる上に、料金も高くなる可能性があります
 

スポンサードリンク

3.タクシー利用時の注意点

最後に、タクシー利用時に気をつけなければならない注意点、知っておいた方が良いことをご紹介します。

タクシー運転手の英語力の低さ

注意点というよりは、情報として。

公用語が英語のフィリピンなのに、タクシーの運転手は英語力がある人ばかりではありません。むしろ多くのドライバーが上手く英語を話せません。

タクシーに乗って「早速自分の英語が通じなかった・・・」と落ち込まないで下さい。それはあなたの英語力じゃなくてドライバーさんの英語力の問題だったかもしれません。(笑)

白タクシーと空港タクシー(黄色タクシー)の違い

通常、通りを走っている白タクシーとはまた別に、空港から市内へ走る空港タクシーというものがあります。黄色い色のものもあるので、黄色タクシーとも呼ばれています。

この黄色タクシー、白に比べてかなりキレイなんですが、値段は白タクの2倍するんです。

【例】空港からセブ市内までの時間と料金

上の料金目安を参照してみると、白タクシー乗車時、空港からセブ市内は40~50分・約200~250ペソで行けるのですが、空港タクシーの場合一律500ペソとなります。約倍の値段ですね。

到着後、何もわからずとりあえずそこにいたタクシーに乗ったら、空港タクシーだったということがよくありますので、気をつけましょう。

ただし、時間帯によっては通常のタクシー乗り場が混み合って列ができていることも。多少高いお金を払ってでもすぐにタクシーに乗りたい場合は、空港タクシーを利用しても全く問題はありません。

それでも40~50分乗って500ペソ(¥1,200程度)なら、そこまで高すぎるってほどでもないですよね。

怪しいなと思ったら最初から乗らない

上でも説明したように、「メーターがない」と言い張ってぼったくろうとしたり、やたら馴れ馴れしかったり、またはとても攻撃的な態度だったり、パッと見てちょっと怪しいな、変だなと少しでも思ったら、タクシーが走りだす前に降りてしまいましょう。

ケンカ腰にはならずに、あくまでも平和に降りましょうね。(トラブルは避けましょう)

例えば・・・

  • I have to go back to the school.(学校に戻らなきゃ)
  • My friend just called me, so I gotta go.(友達から電話がきたから行かなきゃ)

など上手く言いくるめてタクシーを降りましょう。

メーターが無い状態だと気付かずにいったん乗ってしまったら、あとはもうドライバーが指定する金額を払うか、相場がわかっていれば交渉するしかありません。

後で文句を言っても、ドライバーも生活のために働いているので、相場より金額を下げたりは決してしないでしょう。

まとめ

以上、フィリピンでのタクシーの乗り方と、利用時の注意点をまとめてご紹介しました。

フィリピン滞在中のメイン交通手段となるタクシーですから、利用方法や料金の相場は覚えておきたいですね。

是非、フィリピン留学前の参考にしてみて下さい^^☆
 

スポンサードリンク

z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です