フィリピンのコンセント事情!滞在中におすすめの変圧器は?

Fotolia_114021862_Subscription_Monthly_M

フィリピン滞在の際に気になることといえば、現地で携帯やパソコンを充電したり、日本から持っていった電化製品を使う時のコンセント。

海外旅行でいくつか国を周ったことがある方はわかるかと思いますが、国によってコンセントの形や変圧は異なります。

日本の製品をそのまま持って行っても、変圧が合わなかったり、そもそも形が合わずにコンセントがさせないなんてこともありますが、果たしてフィリピンではどうなのでしょうか。

今回は、フィリピンのコンセント事情について。変圧器の必要性やおすすめをまとめてご紹介したいと思います。
 

スポンサードリンク

1.フィリピンと日本の電圧の違い

フィリピンと日本の電圧は異なります。

  • フィリピンの電圧:220~240 V(ボルト)
  • 日本の電圧   :100 V(ボルト)

このように、フィリピンの方が電圧が高いので、日本製品で100Vにしか対応していないものの場合、製品が熱くなったり、煙が出たり、「ボン」という音を立てて故障してしまったりと思わぬハプニングに見舞われることも。

日本の電化製品でチェックすべきこと

まずは、日本の電化製品の対応電圧V(ボルト)をチェックしましょう。

電化製品のアダプター部分やコンセントの部分、もしくは製品のどこかに必ず表記があるはずです。

image

パソコンの充電アダプターや、携帯充電用のUSBアダプターなどはたいてい100~240Vまで対応しているので、フィリピンでも問題なく使えます。

ただし、ドライヤーや炊飯器などの電化製品は100Vまでしか対応していないものが多数。例えば日本で愛用しているドライヤーが100V対応だった場合、フィリピンに持って行く際には変圧器が必要となります。

2.プラグ(コンセント)の形の違い

次に、プラグ(コンセント)の違いについて。

フィリピンのコンセントの形はそれぞれの島によっても違います。

81vPsIS0AaL._SL1500_
ヤザワ 海外旅行用変換プラグ

このように、日本でお馴染みの【A型】以外にも、フィリピンの各地方によっては、画像奥の【C型】や【O型】もあるようです。

留学先として有名なセブ島に関しては、日本と同じ【A型】のコンセントがほとんどなので、変換プラグを購入する必要はありません。

ただし、日本と同じコンセントの形だからといって何も考えずに差し込んでしまうと、電圧の違いで故障の原因になることも。上で説明したように、日本の電化製品の電圧を予めチェックしておくのを忘れないようにしましょう。
 

スポンサードリンク

3.おすすめの充電方法&変圧器

携帯やカメラなどの充電用に使うなら、間違いなくUSBケーブルがおすすめ。USBコネクタならほとんどが100~240Vに対応しているので、現地でも問題なく使えます。

image

普段使っているiPhoneやiPod用の充電アダプターや、別売りでUSBコネクタが2~3個同時に接続できるものなどもあります。

例えば、留学先の寮が複数人部屋で、コンセントを一人で2,3個占領できないときに、携帯とカメラを同時に充電できたりと役に立つでしょう。

BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き

61p+WfdsbtL._SL1000_
BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き

こちらは、Amazonでベストセラーの変圧器(¥4,980)。変圧器・変換プラグ・電源タップ・USB充電器・アダプターの5 in 1で、とっても便利。

ノートPC、スマホ、タブレット、iPhone、iPad、デジカメなどを同時に充電可能できる上、コンパクトで持ち運びもしやすいです。(※ただし、ドライヤーやヘアアイロンは使用できません。)

フィリピン以外の国でも使えるので、海外旅行好きは1つ持っていて損はないでしょう。

4.変圧器なしでもフィリピン(セブ)で生活はできます

セブ島で生活する際は、基本的に変圧器なしでも全く問題なく生活できます。むしろ荷物になってしまうくらいかもしれません。

日本の最新の電化製品は100~240Vまで対応しているものがほとんどなので、携帯やパソコンの充電など困ることはないですよ。

ドライヤー・ヘアアイロンに注意!

電圧で気を付けなければならないのは、消費電力が大きいドライヤーやヘアアイロン。ドライヤーに関してはこだわりがないなら、現地のホテルで借りたり、自分で買っても良いでしょう。(安いものなら¥1,000~手に入ります。)

日本で使っているヘアアイロンを持っていって使いたい場合は変圧器が必要です。自分が使っているヘアアイロンの型やを調べて、変圧器を準備しておきましょう。

まとめ

以上、フィリピンのコンセント事情について。変圧器の必要性やおすすめをまとめてご紹介しました。

  • フィリピンの電圧は220~240V / 日本は100V
  • コンセントの形は島によって異なるがセブ島は日本と同じ
  • ほとんどの日本の電化製品は変圧器なしで使用可
  • 日本製のドライヤー・ヘアアイロンは変圧器が必要

フィリピン留学前に是非、頭に入れておきましょう。是非、参考にどうぞ☆
 

スポンサードリンク

Fotolia_114021862_Subscription_Monthly_M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です