フィリピンでの移動手段はコレ!現地で使う乗り物まとめ

zz
スポンサードリンク

フィリピンで生活するには、買い物に行ったり、出かけたりする移動手段・交通手段が必要ですよね。

今回は、フィリピン留学するなら知っておきたい、日々の移動手段に使える主な交通機関を5つご紹介したいと思い餡す。

  1. タクシー
  2. ジプニー
  3. トライシクル
  4. バイクタクシー
  5. 自転車タクシー

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.タクシー

4312374684_7ee38eb20d_b
[Photo by Trishhhh]

現地の人も観光客もみんなが活用するメータータクシー。道路のそこここに走っているので、簡単につかまえることができます。

  • 初乗り:40ペソ~(約100円)

日本と比べたら安くて助かりますね。日本のバス料金程度でタクシー移動が可能です。

日本人留学生は、基本的に移動手段はタクシーをおすすめします。特に夜の時間帯は、短い距離でも一人で歩くよりはタクシーの方が何倍も安心です。

ぼったくりタクシーに注意!

しかし、中にはぼったくりを考えた悪質なタクシードライバーも。メーター制のタクシーに乗ったら、まずはメーターが初乗り運賃の40ペソになっているか、確認しましょう。

前の人の精算時からの金額をそのまま上乗せしてくることもあるので要注意です。

2.ジプニー

4311649189_3520656719_b
[Photo by Trishhhh]

続いて、フィリピンの交通機関と言えば「ジプニー」と言われるほど有名な乗合いバス。現地の人のほとんどが、通勤などの移動手段としてジプニーを使っています。

  • 運賃:7~10ペソ(約15~25円)※地域による / セブは7ペソ

ジプニーの乗り方

①ジプニー用の停留所はないので、タクシー同様、手を挙げて止めて中に乗り込む

②中に入ったら運賃を支払う
(↑いったん席に座ってからお金を隣の乗客に手渡しで運転手まで回すシステム)

③降りるときは、コインを車体に「コンコン」と打ち付けることで合図する
(↑これなら現地の言葉がわからなくても大丈夫です)

満員ジプニーは要注意!

ジプニーはカラフルな装いでデザインも様々、まるでおもちゃみたいで可愛いです。しかし時間帯によっては利用客でぎゅうぎゅう詰めになっていることも。東京の満員電車のジプニーバージョンです。

この満員状態のときに、日本人や外国人留学生がジプニーに乗り込むのは非常に危険。お金を持っていると思われターゲットにされ、ぎゅうぎゅう詰めにされながら、気付いたら財布がない、携帯がない、なんてことも。

3.トライシクル

15953796522_9575971ffe_k
[Photo by John Christian Fjellestad]

トライシクルとは、バイクの横に屋根付きのサイドカーを取り付けた乗り物のこと。

都市部や観光地のちょっとした移動に役立ち、観光客にもアトラクションのような感じで好まれています

  • 運賃:5ペソ~(約12円~)

友達同士2~3人で乗れば、かなりの節約になりそうですね。タクシーやジプニーに比べたら移動速度や利便性は劣りますが、短距離間の移動など意外とあると重宝します。

「ザ・東南アジア」という気分が味わえて、個人的には好きな乗り物です。

4.バイクタクシー

続いて、バイクタクシー。こちらは普通のバイクの後ろに乗っけてもらう方法。簡単に言えば、バイクの2人乗りです

バイクタクシーはメーターがついていないので、料金は必ず乗る前に交渉しておきましょう。

  • 運賃(だいたい):40~50ペソ(100円~)

現地のバイクタクシーは料金もアバウトだし、ルールや安全性もアバウト。ヘルメット無しで乗る場合もあれば、運転が荒くて怖い思いをしたなど、あまり良い噂は聞きません。

留学中に事故や怪我、怖い思いをしないように、なるべくバイクタクシーは使わないようにしましょう。

5.自転車タクシー

15988770164_343c3e5ed6_k
[Photo by Brian Evans]

最後に自転車タクシー。自転車の横にサイドカーを取り付けたもので、トライシクルのバイク部分が自転車になったものです。

  • 運賃:3ペソ~(約8円~)

速度は正直歩いているのと変わりません。「フィリピンの乗り物体験をしたいとき」「歩きたくないけどお金がないとき」「とにかく暇なとき」などに乗ってみては?

都市部ではほとんど見ることはありません。ちょっと田舎の方やリゾート地などで見かけます。

まとめ

以上、フィリピン留学するなら知っておきたい、日々の移動手段に使える主な交通機関を5つご紹介しました。

正直、短期滞在の留学生の場合、タクシー以外はあまりおすすめできません。実際にスリやぼったくり、おどしなど危ない思いをしている方もいるからです。

フィリピンの乗り物を体験したいなら、必ず複数人で試すようにしましょう。

また、夜の暗い時間の移動は、例え短い距離だとしてもタクシーを利用するようにしましょう。

是非、フィリピン滞在の参考にどうぞ^^☆

スポンサードリンク
zz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です