フィリピン留学にビザは必要?ビザ・許可証・登録証の料金まとめ

1
スポンサードリンク

フィリピンに留学に行くとなったら、気になるのがビザの問題。学費や滞在費はもちろん大事だけど、そもそも国への滞在(渡航)許可となるビザは必要なのでしょうか。そしてその料金は?

今回は、フィリピン留学をするなら知っておきたいビザの知識。留学に必要なビザと、その料金を合わせてご紹介したいと思います。

  1. フィリピン入国の際にビザの準備は必要?
  2. フィリピン留学に必要なビザの種類と料金

それでは、順番に見ていきましょう^^

[Photo by aotaro]

1.フィリピン入国の際にビザの準備は必要?

日本国籍を持っている方が、フィリピンに入国する場合、事前のビザ申請は特に必要ありません。

  • 滞在日数+6ヵ月の期限があるパスポート
  • フィリピン出国の航空券

この2つがあれば、入国は可能です。

日本からの往復航空券、またはフィリピンから第3国へのチケットがないと入国させてもらえないことがあります。毎回空港でチェックされるわけではないですが、帰りの航空券の控えなどは印刷して持っておきましょう。)

 

観光目的などの短期滞在の場合、日本国籍なら無料で観光ビザ(9A)がもらえます。

入国時に発給

フィリピン入国時に最大30日間までの観光ビザが発給され、パスポートには30日後の日付が記載されます。あくまで観光目的でフィリピンでの労働はできません。最長で3年まで延長可能。

1ヵ月(4週間)以内の留学であれば、観光ビザの延長なしで滞在することができますが、1ヵ月以上(30日以上)の留学や観光でフィリピンに滞在する場合は入国後に入国管理局にて観光ビザを延長する必要があります

留学期間中のビザ延長であれば、多くの学校でビザ延長手続きを行ってくれます。学校側に延長料金を払えばOK。

日本での申請

この観光ビザ(9A)は日本のフィリピン大使館でも申請することができます。予め日本で申請しておけば(無料)、59日間の観光ビザがもらえ、空港で59日間の滞在許可のスタンプが押されます。

(※スタンプの日付ミスもありがちなので、スタンプをもらったら日付やビザの日数が合っているか必ずスグにチェックしましょう。)

一見、日本で申請しておいた方が、59日の滞在許可が無料でもらえてオトクだと思いますが、日本での申請の場合、必要書類が多くてかなり手間がかかります。

パスポートや申請書の他にも、経済能力を証明する「預金通帳」や「残高証明」、日本での職業を証明する「在学証明書」や「雇用証明書」、フィリピンでの滞在先を証明する「ホテルの予約確認書」など・・・、普通にめんどくさいですよね

例え延長料金がかかっても、現地での延長の方が手間もかからず、学校側に任せられるので安心です。

2.フィリピン留学に必要なビザの種類と料金

続いて、フィリピン留学の際に知っておくべきビザ・許可証・登録証をご紹介したいと思います。

観光ビザ

名前の通り、観光目的で滞在する際に必要なビザ。

上で説明したように、日本国籍であればフィリピン入国時に30日間の滞在許可がもらえるので、入国から30日以内の滞在であれば観光ビザの料金はかかりません。

ビザ延長料金

入国 入国から30日間まで 無料 0円
1回目の延長 入国から59日以内 3,030ペソ 約7,500円
2回目の延長 入国から89日以内 4,300ペソ 約9,800円
3回目の延長 入国から119日以内 2,330ペソ 約6,000円

※上記の金額は目安であり、滞在される学校やフィリピン政府により料金が変更される場合があります。

特別就学許可証(SSP)

30日以内の滞在であれば観光ビザの料金はかかりませんが、滞在日数に関わらず必ず申請しなければいけない許可証もあります。

それがSSP(Special Study Permit)

これは、フィリピン政府が発行する「特別就学許可証」のことで、留学期間がたとえ1週間の超短期であろうが、フィリピンで学校に通う場合は、必ず取得しなければならないものです。

たいてい、通う予定の学校にて手配をしてもらえるので、入学後に学校側にSSP代としてフィリピンペソで料金を支払うことが多いです。

  • 申請・取得料金:6,500ペソ(=約14,200円

※学校により若干異なりますが、6,500ペソ前後の学校がほとんどです。
※SSPの期限は6ヵ月となります。留学期間が6ヵ月間を越える場合は再度申請が必要です。

外国人登録証(ACR-I Card)

留学で60日間以上フィリピンに滞在する場合は、上記の観光ビザの延長、SSPの取得に加えて、もう一つACR-I Card(エーシーアール アイカード)と呼ばれる外国人登録証を申請・取得する必要があります。

フィリピンを訪れる外国人の監視を強化し、身元の証明を行える身分証明書として使われます。60日を1日でも過ぎて滞在する場合は必ず取得しておきましょう。

【60日間以上フィリピンに滞在する全ての外国人が対象】

  • 申請・取得料金:3,000ペソ(=約6,500円

※代金を支払えば延長手続きを行ってくれる学校が多いです。
※学校によって料金が多少異なります。
※更新期限1年

まとめ

以上、フィリピン留学をするなら知っておきたいビザの知識。留学に必要なビザと、その料金を合わせてご紹介しました。

フィリピン留学の際に覚えておくべきビザの知識

  • 観光ビザは30日以内の滞在なら申請不要・入国時に無料で発給
  • 観光ビザは約1ヵ月ごとに延長が必要、滞在が長くなればなるほど追加料金がかかる
  • フィリピンで学校に通う場合はSSP(特別就学許可証)の取得が必要
  • フィリピンに60日以上滞在する場合はACR-I Card(外国人登録証)の取得が必要

留学において必要な各ビザの料金

  • 観光ビザ(期間により) 3,430ペソ(約7,500円)~
  • SSP(特別就学許可証) 6,500ペソ(約14,200円)
  • ACR-I Card(外国人登録証) 3,000ペソ(約6,500円)

参考になれば幸いです☆

スポンサードリンク
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です