テイクアウトの注文を取る時に使える!接客英語のフレーズ集

bb

ファーストフードやレストランなど、持ち帰りが出来るお店は多いですよね。

今回は、飲食店でテイクアウトの注文を受ける時に使える英語の接客フレーズをいくつかご紹介したいと思います。

  1. 店頭オーダー
  2. TELオーダー

それでは順番に見ていきましょう^^

[Photo by Ruocaled]

 

スポンサードリンク

1. 店頭オーダー

店頭で持ち帰りの注文を受ける時の基本ダイアログ。シンプルな流れだけど、しっかりと必要なことを聞き出すのがポイントですね^^

「店内でお召し上がりですか?持ち帰りですか?」

定番のフレーズですね。店内で食べることも出来る店の場合は、まず最初に持ち帰りなのかどうかを確認しましょう。日本でもファーストフード店などでは必ずといっていいほど使うフレーズですよね。

  • For here or to go? [アメリカ英語]
  • Eat here or take away? [イギリス英語]

以前、『ファーストフード店で使える!英語の接客フレーズまとめ』でもご紹介しましたが、アメリカ英語とイギリス英語で、言い方が違うので注意!

ちなみにカナダでは多くのお店でアメリカ英語の”For here or to go?”が使われています。

注文を取る

What can I get for you? / Are you ready to order?
『ご注文はお決まりですか?』

注文を取る時の決まり文句です。

もしまだ迷っているようなら、メニューを手渡して決まるまで待ちましょう。

Here’s the menu. Just let me know when you are ready.
『こちらがメニューです。注文が決まったら教えて下さい。』

– Can I have a Combo#1, please?
「Combo#1を1つお願いします。」

– I’ll have a large pepperoni pizza, please.
「ペペローニピザのラージサイズをお願いします。」

サイドメニューオーダー

Would you like fries or salad for a side?
『サイドメニューはフライドポテトとサラダどちらがいいですか?』

– Fries, please.
「ポテトをお願いします。」

選択肢以外のものに変更できるか聞かれたら・・・

Can I get onion rings instead?
「オニオンリングに変えられますか?」

※Instead=「代わりに」 便利な表現です^^

– I will have to charge you extra two dollars.
『2ドル追加で変更可能です。』

ドリンクオーダー

既にドリンクが付いているセットの場合↓↓

What would you like to drink?
『飲み物は何か良いですか?』

What do you have?(何がありますか?)と聞かれたら、↓下のように選択肢を教えてあげましょう。

– We have coke, diet coke, sprite and ginger ale.
『コーラ、ダイエットコーラ、スプライト、ジンジャーエールからお選びください。』

ドリンクが別の場合は、食べ物と一緒に飲み物も欲しいかどうかを聞きましょう。↓↓

Would you like something to drink?
『何か飲み物はいかがですか?』

お会計

会計の流れや支払方法を聞くときに使えるフレーズは⇒『【接客英語】飲食店での会計時に使える英語のフレーズ』の記事を参考にどうぞ☆

Anything else?
『他に追加のご注文はありますか?』

– No, that’s it.
「いいえ、それだけです。」

Okay, your total comes to $15
『かしこまりました。お会計は15ドルです。』

待ち時間を伝える

How long will it take?
「時間はどれくらいかかりますか?」

– It will take about 15 minutes.
『15分ほどです。』

– Could you come back in 15 minutes?
『15分後に戻ってきて頂けますか?』
 

スポンサードリンク

2. TELオーダー

次に、一気に難易度が上がる電話でオーダーをとる場合。ただし、こちらも相手の言っていることさえ理解できればあとはマニュアル通り。TELオーダー時によく使うフレーズをご紹介します。

電話をとる

Hello, thanks for calling ○○ restaurant. How may I help you?
『○○レストランにお電話ありがとうございます。』

決まり文句です。間違い電話の可能性もあるので、必ず店名を言いましょう。

– Hi, I’d like to place an order for pickup, please.
「持ち帰りの注文をお願いします。」

非常によく聞くフレーズです。電話で先に注文して、あとで取りにくる(Pickup)ということです。

  • Place an order for~ =~の注文をする

注文を取る

Sure. What would you like?
『かしこまりました。ご注文をお伺い致します。』

– I’d like to have a Combo#1, please.
「Combo#1を1つお願いします。」

※ここからは、サイドオーダーやドリンクなど店頭オーダーをほぼ同じ手順で注文を聞いていきます。

※間違いのないように、1 order of …, 2 orders of …と一つずつ確認しましょう。

特に寿司レストランのテイクアウトは、1貫(1 piece)なのかセット(1 order)なのか、紛らわしいのでTELオーダーでは注意が必要です。⇒『外国人観光客だらけ!寿司屋で働く人の接客英語フレーズ集』記事参照!

料理が出来上がるまでの時間を伝える

だいたいどれくらいで料理が出来上がるのかを伝えれば、お客さんはその時間に合わせて店に来れますよね。キッチンに確認したら、出来上がりの時間を伝えましょう。

It will take about 15 to 20 minutes.
『15~20分で出来上がります。』

もしくは、この時間に取りにきたいという希望があるかを聞いてみましょう。

What time would you like to come over?
『何時に取りにくる予定ですか?』

相手の名前、連絡先を聞く

電話予約の場合、お客さんが時間通りに来なかったり、別の電話予約のお客さんと混合してしまったりというトラブルに備えて、名前と連絡先を聞いておきましょう。

Can I get your name?
『お名前をお伺いします。』

※名前が上手く聞き取れなかったら、Could you spell your name for me, please?(つづりを教えて頂けますか?)と聞きましょう。

Can I also have your contact number (just in case), please?
『(念のため)連絡先もお願いします。』

  • Just in case=念のため ⇒いろんな場面で使えるとても便利な表現^^

お店でお出迎え

Hi, for pickup, please.
「持ち帰りのものを取りに来ました。」

– Okay, it’s all set.
『かしこまりました。全て出来上がっています。』

  • Be all set =準備が整っている、用意が出来ている、準備万端である

その他、必要なものがあるか聞いてみましょう。

Would you like some chopsticks? / forks? / napkins?
『お箸 / フォーク / ナプキンはいりますか?』

Would you like some soy sauce? / ketchup? / Spice?
『しょうゆ、ケチャップ、スパイスはご利用ですか?』

Would you like extra teriyaki sauce on the side?
『追加でてりやきソースをお付けしましょうか?』

※On the sideで別容器に入れて追加する

まとめ

以上、飲食店でテイクアウトの注文を受ける時に使える英語の接客フレーズをご紹介しました!

店内での接客に比べてお客さんと接する時間は少ないですが、その短い時間でしっかり注文を正しく聞けるかは慣れるまで難しいものですよね。特に電話は、聞き取るのがまず一苦労・・・でも流れさえわかっていれば、上手く対応できるはずです^^

日本にいても、ワーホリなどで海外にいても、共通して使えるフレーズばかりなので、フレーズごと覚えておきましょう!

参考にどうぞ☆

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら
 

スポンサードリンク

bb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です