外国人に【七夕】を英語で説明する時に使える単語・フレーズ

qq
スポンサードリンク

7月7日は七夕ですね^^

今回は、外国人に七夕を英語で説明する時に役立つ単語・フレーズをいくつかご紹介したいと思います。

  1. 七夕関連ボキャブラリー集
  2. 七夕とは?
  3. 七夕には何をする?

それでは順番に見ていきましょう^^

[Photo by Yuki Yaginuma]

1. 七夕関連ボキャブラリー集

まず最初に七夕を説明するのに欠かせないボキャブラリーを見ていきましょう!

  • Legend =【名詞】伝説
  • Weaver =【名詞】機織り
  • Cattle herder =牛飼い
  • Cattle=【名詞】畜牛
  • Herder=【名詞】家畜の世話人
  • Love at first sight =【名詞】一目惚れ
  • Lovesick =【形容詞】 恋に悩む、恋煩いの
  • Duty =【名詞】 義務、職務
  • The Milky Way =天の川
  • Punishment =【名詞】罰
  • Weep =【動詞】 涙を流す、泣く
  • Permission =【名詞】許可
  • Once a year =1年に1度
  • Flood =【動詞】あふれる、洪水になる、氾濫する
  • Pray =【動詞】祈る
  • Strips of paper =一切れの紙 (短冊)
  • Bamboo =【名詞】笹
  • Branche =【名詞】枝

2. 七夕とは?

続いて、七夕とは何か、簡単な英文で紹介してみましょう!

Tanabata is a Japanese Festival celebrated on July 7th, also known as the Star Festival.

七夕とは7月7日に祝う日本のお祭り(イベント)で、英語ではStar Festivalと呼ばれています。

The Tanabata originated from the Chinese legend.

七夕は中国の伝説が起源と言われています。

The story is about a beautiful weaver princess named Orihime(Vegar) and  a young cattle herder named Hikoboshi(Altair).

美しい機織りの姫、織姫(ベガという名の星)と、若い牛飼い彦星(アルタイルという星)のお話です。

The two immediately fell in love. It was love at first sight.

2人はすぐに恋に落ちました。一目惚れだったのです。

They were totally lovesick, and forgot all about their duties.

完全な恋煩い、二人は自分たちの役割、仕事をすっかり忘れてしまっていました。

The Heaven God, the father of Orihime, got angry, and decided to separate the two by The Milky Way.

織姫の父である神様は怒り、二人を天の川を境に離れ離れにさせました。

This was their severe punishment. Orihime continued to weep all day.

これは二人にとってとても辛い罰でした。織姫は1日中涙を流し続けました。

The Heaven God finally changed his mind, and gave them permission to see each other once a year.

神様はようやく考えを変え、彼らに年に1度だけ会う許可を与えました。

They could meet once a year on July 7th.

年に1度の7月7日に2人は会うことができるようになりました。

However, if it rained, the river would flood and the two would not be able to see each other.

ただし、もし雨が降ったら、天の川は洪水になり、二人は会えません。

The two would always pray for good weather.

2人はいつも良い天気になることを祈っていました。

And if they met successfully, then everyone who made a wish on that day would have their wishes come true.

そしてもし彼らが無事に会えたら、その日に願い事をした人々の願いもきっと叶うと言われています。

3. 七夕には何をする?

最後に日本では七夕に何をするのか、英語で紹介してみましょう♪

People write their wishes on colorful strips of paper called tanzaku.

人々は短冊と呼ばれるカラフルな一切れの紙に願い事を書きます。

After writing their wishes, they hang their tanzaku on bamboo branches.

願い事を書き終わったら、その短冊を笹竹につるします。

There are a lot of festivals and events around Tanabata all over Japan.

七夕の前後には日本全国でたくさんの祭りやイベントが開催されます。

まとめ

いかがでしたか?1年に1度しか会えない人をずっと想っているなんて、ロマンチックなお話ですよね♡

なんだか、ついつい自分の切実な願い事の方に意識がいきがちですが、そもそも織姫と彦星が無事に会えるように祈りをささげるのが七夕。

七夕本来の意味を忘れて、何も知らない外国人に「短冊に願い事書けば叶う日だよ!」なんて適当なこと言ってしまうところでした(^^;笑

笹竹にカラフルな短冊がたくさんつるされている七夕のデコレーションは、夏のクリスマスツリーとも呼ばれるほど!七夕文化を外国人の友達にもどんどん伝えていきましょう^^

参考にどうぞ☆

スポンサードリンク
qq

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です