セブで人気のタイレストラン”Royal Krua Thai”に行ってみた!

img_0163

セブ島で美味しいと評判のタイ料理レストラン”Royal Krua Thai”(ロイヤル・クルア・タイ)。

以前タイに住んでいたフィリピン人の友達がいるのですが、本場を知る彼女も「ここは間違いなく美味しい!」と太鼓判を押すレストランです。

今回は、バニラッドタウンセンター(BTC)内にある”ロイヤル・クルア・タイ”に行ってきたので、お店の様子をご紹介したいと思います。

セブで本格タイフード!タイ料理でおすすめのレストラン4選

2016.10.05
 
スポンサードリンク

Royal Krua Thai -ロイヤル・クルア・タイ-

img_0176

ロケーションも良く、お店の雰囲気も良く、落ち着いた空間で食事ができます。BTCの店舗は新しくてキレイで、落ち着く雰囲気で食事ができます。

人気店なので、混み合っている時もあります。平日に行くと比較的ゆっくりできますよ。

ちなみに「Roiyal Krua Thai」という名前ですが、Royalは「高貴な」、Kruaはタイ語で「食堂」、Thaiはそのまま「タイ」で【高貴なタイ食堂】という意味になります。

豊富なメニューを取り揃える本格派タイフード

img_0169 img_0165

メニューはかなり豊富で悩みます。代表的なものは写真付きで、アルファベット&番号で示してあるので、料理名と写真を一致させることができます。

img_0166 img_0167

ちょっと画像は見づらいですが、チャーハン(Fried Rice)は130ペソ前後、春巻き(Spring Roll)は150~280ペソ、野菜炒め(Sauteed Vegetables)が200ペソ前後、カレーは220ペソくらい、タイ風焼きそばパッタイ(Pad Thai)が250ペソです。

ほとんどのメニューが130~250ペソの間くらいで食べられるのでかなりリーズナブルです。

結構ボリュームもあるので、女の子なら2人で3品くらい頼んでシェアすると良い感じですよ。
 

スポンサードリンク

美味しく野菜が食べられるタイ料理

フィリピン料理は美味しいけれど、何が不満って野菜が少ないこと。野菜とお肉をバランスよく食べる日本人にとって肉ばかりのフィリピンフードはきつい時があります。

特に脂っこいものや、重いものを食べたくない時、体調が悪くてちょっと軽く野菜だけ食べたい時、そんな時に「ロイヤル・クルア・タイ」が活躍します。

美味しい野菜炒めが食べたいときは、ここがおすすめですよ!

野菜炒め&生春巻き&クラブハウスサンドを食べてみた

img_0172

今回も、フィリピン滞在中に早くも脂っこいフィリピン料理に拒否反応を示すときがやってきました。身体が野菜を欲しているのですね。

でも、フィリピンではあまりサラダなど生野菜を食べる文化がなく、果物はおいしいけど、野菜はマズイというイメージが大きいです。

でも野菜が欲しい!ということで、早速ロイヤルクルアで「Sauteed Mixed Vegetables(ミックス野菜炒め)」を頼んでみました。

日本人の口にも合うあんかけで温かい野菜炒め。ご飯と一緒でも、これだけでも食べやすいです。キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーなどに加えて、トマトやキノコなども入っていて、食欲がないときでも食べやすい一品です。

私は、風邪を引きそうなときは、いつもここの野菜炒めが定番でした。野菜を食べることで精神的に落ち着くのです。笑

img_0171

続いて、こちらもサッパリ生春巻き(Fresh Spring Roll)。こちらは生野菜をサラダのように食べられるのがポイント。専用のソースにつけて食べます。

最初に緑っぽい辛めのソースが出てきますが、私個人的にはもう一つのピーナッツソースの方が好きです。店員さんに「Peanut Sauce, please」か「Another sauce, please」と聞いてみましょう。

img_0175

そして最後に、何故かタイ料理なのにサンドイッチを頼みました。サンドイッチもあるんです。

ボリューム満点のサンドイッチで、日本のサンドイッチ同様フツーにおいしいです。でもぶっちゃけサンドイッチより何よりこの真ん中のポテトチップスが一番おいしい!!

薄切りにしたポテトを揚げた、正真正銘のポテトチップスで、あのおやつのポテトチップスには出せないサクサクとしっとり感のバランスがたまりません。ケチャップにつけて食べると尚良し☆

まとめ

img_0178

以上、今回は、バニラッドタウンセンター(BTC)内にある”ロイヤル・クルア・タイ”に行ってきたので、お店の様子をご紹介しました。

タイはフィリピンから近く、同じ東南アジアの国ですが、文化や料理はもちろん全く違います。フィリピンにいながら近隣タイの本場の料理を味わえるのは嬉しいですね。

是非、セブに行ったら一度訪れてみて下さい☆
 

スポンサードリンク

img_0163

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です