会話が弾む!今すぐ使える英語の相槌(あいづち)表現まとめ

英語メッセージ

英語でのコミュニケーション。

相手の話に上手く相槌をうって会話をもっと弾ませたいんだけど、いつも Good! OK Really? Uh-huh くらいしか返せてない・・・

今回は、会話の中でよく使う相槌(あいづち)表現をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】「良いね!」の表現

相手の話に良いね!と相槌をうちたい時に使える表現です。

シンプルに「それはいいね!」

  • That’s good!
  • That’s great!

1番シンプルに使える表現です。

「いいじゃん」

Cool!

「素晴らしいね」「最高!」

  • Amazing!
  • Wonderful!
  • Awesome!
  • Fantastic!
  • Super!
  • Perfect!

良いねよりも強く「素晴らしいね!」「最高だね!」と伝えたい時に使えます。

「素敵だね」「心温まるね」

That’s so sweet!

心温まる可愛らしい恋のエピソードなんかを聞いたときに使います。

「面白いね」「興味深いね」

Interesting!

「ウケる!」「笑える!」

  • That’s hilarious!
  • That’s funny!

【2】良くない時|「残念だね」の表現

  • That’s too bad. / I’m sorry to hear that.
    (それは、かわいそうに。お気の毒に。)
  • That’s sad.
    (それは悲しいね。)
  • That sucks.
    (それは最悪だね。)
スポンサードリンク

【3】マジで!?の表現

相手の話に、驚きや疑いを示す時に使える表現です。

「マジで?」「本当に?」

  • Really?
  • Seriously?

「本気?」「確か?」

  • Are you sure?
  • Are you serious?

驚くべき出来事、想像もしてなかった事実を聞かされた時などに、“I can’t believe it. Are you serious?”(信じられない。本気で言ってんの?)と、気持ちを込めて返しましょう。

「いやいや、ウソでしょ。」「おかしいよ!」「ありえない!」

  • You gotta be kidding.
  • That’s crazy!
  • No way!

英語ネイティブ同士の会話でもよく聞く表現です。Really?Seriously? よりももっと信じられない時に使います。

「またまた〜」「まさか!」

  • Come on~! (またまた〜)
  • Don’t tell me! (まさか!)

【4】その通りだね!の表現

相手の話に同意したい時に使える表現です。

「あなたは正しい!」「まさにその通りだ!」

  • You are right!
  • That’s so true!

同意を示す表現。Right や True だけでも使えます。

「全くその通りだよ!」

  • Exactly!
  • Totally!
  • Definitely!
  • Absolutely!

全くその通りだよ!という強く同意する時に使える表現。

微妙なニュアンスの違いは以下。

  • Exactly(ちょうど、正確に)
    =「あなたの言っていることは正確だ。」
  • Totally(完全に、まったく)
    =「あなたの言っていることはまったくもって正しい。」
  • Definitely(確実に、明確に)
    =「あなたの言っていることは確実に正しい。」
  • Absolutely(絶対的に、100%~だ)
    =「あなたの言っていることは絶対的に正しい。」

Right, Trueと組み合わせて使ってみましょう。

  • You are totally right!
    (あなたはまったくもって正しいわ。)
  • That’s absolutely true!
    (それは絶対に(100%)正しいよ!)

「あなたに同意する」「それを確信している」

  • I agree with you.
  • No doubt about it.

ディスカッション中に相手に同意したい時に使える I agree with you. カジュアルにも使える No doubt は、以下のような受け答えにも使えます。

A: Oh man, this paper work is so annoying. I wanna go grab a beer right now!
(あー、このペーパーワークマジでイライラする。早くビール飲みに行きたいよ!)
B: No doubt!
(間違いない!)

スポンサードリンク

【5】そうかもね!の表現

相手の話に対して同意までは出来なくても、そうかもね!とサラッと返したい時に使える表現。

「たぶん、そうかもしれないね!」

  • Probably.
  • Maybe.
  • Possibly.

上の3つの違いは確率の差です。

  • Probably1番可能性が高い「そうかもね!」
  • Maybe50%前後くらいの確率の「そうかもね!」
  • Possibly可能性はかなり低いけど「そうかもね!」

「そうかもね!」

  • Can be.
  • Could be.
  • Might be.

こちらも「そうかもしれないね!」を示す表現で、確率に違いがあります。

  • Can be  = 確率がかなり高い場合に使います
    「そうかもね!」という訳よりかは、「そうなり得る可能性が高いよね!」というニュアンスでしょうか。
  • Could be / Might be = どちらも確率が低い時に使います
    Could be = もしかしたらそうなり得るかもしれないね
    Might be = ひょっとしたらそうなるかもしれないね

微妙なニュアンスの違いですが、Can や Could は何かのアクションや状態によって有り得る、起こり得る可能性。Might の方はコントロールの効かない、自然に起こる可能性という感じでしょうか。

まとめ

以上、会話が弾む英語の相槌(あいづち)表現をご紹介しました。

様々な状況、伝えたい度合い、内容に合わせて相槌をうってみましょう。 コミュニケーションの良いスパイスとして使えるでしょう。

スポンサードリンク

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/