飲食店での英語接客で役立つメニュー関連のボキャブラリー

接客英会話

海外のレストランやファーストフード店においてある英語のメニュー。そして日本のレストランでもたまに見かける英語のメニュー。スタッフとして外国人のお客様を迎えるなら、メニューに何が書いてあるか?を把握しておくことはとても大切なことですよね。

メニューで使われる英語を覚えておけば、接客に役立つだけでなく、自分が逆に英語メニューのレストランに訪れた時にもスムーズに注文することができます。英語メニューのお店でスマートに注文できれば、友達からも「すごーい!」と賞賛されること間違いなし!

ということで今回は、メニューの中で必ず見る英語のボキャブラリー、意外と見落としがちな基本的な部分を見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

【1】飲み物(アルコール以外)

ノンアルコールの飲み物、ソフトドリンクには、一般的に次のような表現が使われます。

  • Beverages
  • Drinks
  • Refreshments
coffee コーヒー
iced tea アイスティー
soda / pop 炭酸飲料
juice ジュース
coke コーラ

【2】飲み物(アルコール)

ワイン、ビールなどのアルコール飲料は、店によって次のように表されます。

  • Wine(ワイン)
  • Beer(ビール)
  • Liquor(リキュール)
  • Spirits(スピリッツ)
スポンサードリンク

【3】前菜

前菜、アピタイザー。店によって表し方は変わりますが、同じ意味で使えます。

  • Appetizer
  • Starter
  • Snacks

【4】サラダ・スープ

ご存知の通り、そのままサラダ・スープです。

Salads and soups

  • Caesar Salad(シーザーサラダ)
  • Garden Salad(ガーデンサラダ)
  • Soup of the day(本日のスープ)
スポンサードリンク

【5】ランチメニュー

  • Lunch menu
  • Lunch Special

【6】サイドメニュー

  • Sides
  • Side dish
スポンサードリンク

【7】メインディッシュ

  • Main course
  • Main dish

【8】魚料理

魚料理、魚介類の入った料理は以下のように表されます。

  • Seafood
  • Fish

【9】本日のおすすめ

店側がオススメしている料理、シェフのオススメなどなど、Specialを使って表します。

  • Specialties
  • Today’s special
  • Chef’s special

【10】セット

セットメニュー。ファーストフード店などでよく使われる表現です。(サラダやフライドポテト、ドリンク付きが主)

  • Combo
  • Meal

【11】デザート

食後またはティータイムでのデザート、スイーツ。

  • Desserts
  • Sweets

【12】お子様メニュー

Kids menu

おまけ

それでは最後におまけとして「料理の説明に使える表・単語」を見ていましょう。お客様にメニューを薦める時に使ってみてください。

Mouth watering よだれが出るほどおいしそうな、食欲をそそる
Fresh 新鮮な、生の
Crispy カリッと、パリッとした
Juicy ジューシーな、肉汁(果汁)たっぷりの
Homemade 自家製の、手作りの
Coated in 覆われた、包まれた

まとめ

以上、英語のメニューに載っている基本ボキャブラリーにプラスアルファーで、料理の説明に使える表現、単語も合わせてご紹介しました。

この機会にメニュー関連の英語をマスターして、自身の英語力UPにつなげましょう!

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/