セブでコスパ抜群の語学学校『3D ACADEMY』!費用は全部でどれくらい?評判や体験を徹底レビュー

英語留学先として、そして人気リゾート地として日本でも有名なフィリピン・セブ島。セブには日本人や韓国人が経営する語学学校がたくさんあり、今や100校以上にのぼります。

そんな時に悩むのが・・・「語学学校がたくさんありすぎてどこの学校に行ったらいいかわからない・・・」ですよね。

さらにセブ留学の重要なキーワードとして多くの人が思いつくのが、”安さ”だと思います。

安く留学したいけど、安ければどこでもいいわけじゃなくて、ある程度のクオリティーは欲しい!!

実際、こんな風に考えている日本人がほとんどではないでしょうか?

今回はそんなワガママなあなたにこそおすすめしたい語学学校『3D ACADEMY(スリーディーアカデミー)』。安い上に評判も良い『3D ACADEMY』に実際に通ってみたので、学校の特徴や授業の様子なども合わせてご紹介したいと思います。

1.安くて質も良い、そんな良くできた学校あるの??

CEO森田さん
価格を抑えつつクオリティーにもこだわる。とはいっても、何のタネも仕掛けもないですよ。

こう答えてくれたのは、『3D ACADEMY』のCEOである森田裕(もりたゆたか)さん。みんなからはユウさんと呼ばれています。

他の日本人経営の学校に比べて価格が安い上に、ショッピングモールに隣接していて立地が良く、ご飯も3食付きで普通においしい、そんな好条件がそろっている『3D ACADEMY』。

どうしても気になっていたので、率直に聞いてみました。

MIO
ご飯や立地に加えて、無料ランドリーサービスや高速Wi-Fiもあるのに、価格は抑えられるって・・・いったいどんな魔法を使っているんですか?
CEO森田さん
いやいや、特別な魔法や裏技を使っているわけではないですよ。(笑)
単純に、お金をかけるところとかけないところがハッキリ分かれているというだけです。

うちは、実は今まで広告や宣伝費をあまりかけずに、その分学校の設備やサービスなどに力を入れてきました。
その結果、価格面だけでなくクオリティー面でも自然と口コミで高評価が広がって、多くの人に選んでもらえてるのかな、と思っています。

なるほど。確かに目に見える価格面に加えて、体験した人だけがわかるクオリティー面が合わさって、プラスの口コミが回っていったんですね。

2.『3D ACADEMY』の基本情報

住所 2F, La Nivel-Hotel, JY Square, Lahug, Cebu City, 6000, Philippines
学生定員 約200名
開校年 2002年(旧MTM JY) 2013年1月より『3D ACADEMY』に名称変更
経営 日本
国籍 日本人60~80%、台湾人20~30%
その他:韓国・ロシア・サウジアラビアなど5%~10%ほど
クラス マンツーマン&グループ
講師 フィリピン人 +ネイティブ3名
入学日 毎週月曜日
授業時間 週35時間(+無料オプショナルクラス10時間) ※コースにより変動
申込可能期間 1週間~
スケジュール マンツーマン4時間 + グループ3時間 ⇒計7時間 ※コースにより変動
コース ESL
ネイティブESL
マンツーマンのみ
TOEIC・TOEFL・IELTS試験対策
ビジネス
親子留学
英語+エクササイズ
英語+企業インターン
セミスパルタ
世界一周・ワーホリ英語
費用 11.4万円(6人部屋)~19.5万円(1人部屋)
※4人部屋は約13万円、3人部屋は約14万円、2人部屋は約16万円
公式HP
JYモール
学校の受付
ラウンジ
自習室
シャワールーム
トレーニングジム

3.他校に負けない!『3D ACADEMY』が誇る5つの強み

低価格で利用者の評価も良いのが魅力とされているものの、前の項で紹介した基本情報を見ると、ネイティブ講師がいるくらいで、あとはぶっちゃけどこにでもありそうなスクールのような気がします・・・。

しかし!これは実際に自分で留学してみて初めてわかりました!『3D ACADEMY』では以下の5つが大きな強みとなっています。

  1. 価格が安い
  2. コースの選択肢が豊富
  3. Wi-Fiがフィリピンにしてはかなり速い!
  4. ご飯が3食分ついてる!しかも普通にオイシイ!
  5. 毎週、講師やクラスを変更するチャンスがある

初めて留学される方は「えっ、どれも普通じゃない!?」と思うかもしれませんが、実はフィリピンでこの5つがバランスよくそろってる学校って結構珍しいんですよ。(※いずれかにずば抜けている学校はよくある)

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①価格が安い(必要金額、全部計算しました!)

他校に比べて価格が安いと評判の『3D ACADEMY』。学費や宿泊費だけでなく、現地で支払う学生ビザ代なども全て合わせた料金全額を細かくご紹介します。(4週間滞在の場合)

4週間ESLコース(マンツーマン4時間+グループ3時間) 内部寮の6人部屋の場合

事前支払額
入学金 15,000円
授業料 80,000円
宿泊費 34,000円
食事代(1日3食) ・Wi-Fi・掃除・洗濯サービス 込
計:129,000円
個人によってかかる費用
現地での交通費 約5,000ペソ
交際費・お土産代など 約10,000ペソ
計:15,000ペソ(約38,000円
現地での支払額
SSP
(就学許可証)
6,500ペソ
電気代 1,600ペソ
管理費 600ペソ
帰国時
空港使用税
750ペソ
デポジット 2,500ペソ
施設破損等なければ返金
計:11,950ペソ(約30,000円
合計:約197,000円
+往復航空券代&海外保険

4週間マンツーマンコース(マンツーマン5時間) ホテルの一人部屋の場合

事前支払額
入学金 15,000円
授業料 80,000円
宿泊費 115,000円
食事代(1日3食) ・Wi-Fi・掃除・洗濯サービス 込
計:210,000円
個人によってかかる費用
現地での交通費 約5,000ペソ
交際費・お土産代など 約10,000ペソ
計:15,000ペソ(約38,000円
現地での支払額
SSP
(就学許可証)
6,500ペソ
電気代 2,400ペソ
管理費 600ペソ
帰国時
空港使用税
750ペソ
デポジット 2,500ペソ
施設破損等なければ返金
計:12,750ペソ(約32,000円
合計:約280,000円
+往復航空券代&海外保険

現地での交際費や交通費は自分次第でいくらでも調整できるので、最安プランなら航空券代等も全部合わせて25万円以内で十分まかなえます。

MIO
ちなみに、私は学校に引きこもって勉強したり仕事したりしていたので、1週間で1ペソも使っていませんでした!(衝撃)
最初にトイレットペーパーやシャンプーなどの日用品だけそろえれば、あとは校内で完結できるつくりなのでとっても便利。
【授業受けて→ご飯食べて→友達としゃべって→自習して→寝る】このサイクルを続けてるとお金もかからないし、早く寝て早く起きるというめっちゃ健康的な生活ができますよ!

②コースの選択肢が豊富

通常のフィリピン人講師のレッスンだけでなく、ネイティブ講師によるレッスンを受けられるコースや、各種試験対策コースなど、選択肢が豊富なのが特徴です。

■ ESL
■ ネイティブESL
■ マンツーマンのみ
■ TOEIC・TOEFL・IELTS試験対策
■ ビジネス
■ 親子留学
■ セミスパルタ NEW
■ 世界一周・ワーホリ英語 NEW
■ 英語+エクササイズ NEW
5時間の英語クラスの後に、専属のトレーナーと共に2時間のジムでのトレーニングが組み込まれたコース)
■ 英語+企業インターン NEW
(午前もしくは午後の4時間は英語のクラスを受け、半日を使って企業でのインターンシップを経験できるコース)

③Wi-Fiがフィリピンにしてはかなり速い!

Wi-Fi環境にこだわっている学校でもあります。メインの校舎、新校舎どちらもWi-Fiの繋がりが安定しており、ネットで調べものをする時もバッチリ速い!

映画が止まることなくサクサク見れました。多くの学生がネットを使う、平日の夜20時半~21時くらいでも、問題なく使えました。

④ご飯が3食分ついてる!しかも普通にオイシイ!

これは驚愕。費用がこんなに安いのに、ご飯は普通に申し分なく美味しいです。ご飯+スープ+おかずのバランスが良く、野菜もしっかり摂ることができます。

人によってはご飯の質に賛否両論あるようですが、同価格の他校と比べたら相当おいしいですよ!

⑤毎週、講師やクラスを変更するチャンスがある

新入生はレベルチェックなどにより勝手にクラスが割り振られますが、2週目以降は生徒の希望で講師やクラスを変更することができます。

毎週木曜日に、変更したい授業を指定の用紙に書いてオフィスのAngelaさんに渡せばOK! その場で受付が完了したら、次の週から時間割が変更されます。

詳しい授業変更方法は『3D ACADEMY』の公式ブログをチェック!

MIO
講師と相性が合うかどうかってかなり重要ですよね。
他の学校だと講師のスケジュールの関係上、変更は難しいところも多いですが、こんなに簡単に授業変更ができるのは便利!
CEO森田さん
そうですね。生徒さん側も便利ですが、この授業変更希望のデータを取っておくことで、学校側も各生徒さんに対する柔軟性・コミュニケーション能力などをチェックすることができるんです。

授業変更が少ない講師は、基本的にどの生徒さんからも定評がありますが、変更されてしまうことが多い講師には警鐘を鳴らします。
卒業アンケートよりもよっぽど正直な結果となるので、先生たちにとってはシビアな環境だと思いますが、結果的には能力があり努力もしている先生たちが残ってくれています。

4.実際に入学してみました!メリットもデメリットも含めたリアルな体験レビュー

ということで、早速実際に『3D ACADEMY』に入学してみました!

『3D ACADEMY』は、日本人経営ですが日本人以外にも台湾人やロシア人、モンゴル人などがいます。とはいっても、日本人の比率が7~8割になるので、周りは日本人環境になりやすいのが現実です。

◆空港ピックアップ

入学日直前の週末に到着の場合、空港までインターンスタッフが無料で迎えに来てくれます。

空港の出口を出てすぐ左側に、たくさんの語学学校のスタッフが立っていましたが、比較的前の方に『3D』というプラカードを掲げてくれていたので、見つけやすかったです。

日本人スタッフの方が迎えに来てくれるので、英語に自信がない方でも安心です!

MIO
ちなみに『3D ACADEMY』の空港ピックアップ(迎え)は無料です!学校によってはお金がかかるところもあるので、学費が安い上にピックアップも無料なのは嬉しいですね~

さらに!初日、部屋に入るとベッドに紙袋が置いてあって、その中に最低限必要なものが入っていました。
飛行機の到着時間が夜の場合、近くのスーパーが閉まっていて買い出しに行けないので、この配慮は非常に嬉しかったです。

【シャンプー・トイレットペーパー・バスタオル(マイクロファイバー)・インスタントラーメン・インスタントコーヒー・石鹸】

◆宿泊施設(私は内部寮の4人部屋にステイしました)

宿泊施設の選択肢が多いのも『3D ACADEMY』の特徴。施設は4種類(学校内部寮・新ビル寮・Tsaiホテル・Prestigioホテル)、1人部屋から6人部屋までどれを選べばいいか悩むと思うので、それぞれのメリットデメリットを紹介します。

MIO

私は今回、学校内部寮(メインビルディングと呼ばれている)の4人部屋に滞在しました。
マックス4人ですが、今回は3人しかいなくてラッキーでした^^
国籍によって部屋が分かれているわけではないので、タイミング次第では違う国籍のルームメイトができるかも!
私はめっちゃ美人のロシア人のルームメイトができました。彼女はインターンとして働いていますが、部屋の中でも英語を使える環境というのはいいですね。
もう一人のルームメイトは日本人だったので、日本語と英語でバランスいいかんじでした!

でも、パーソナルスペースがベッドしかないので、あまり部屋にはいなかったかな。寝るためだけという意味では十分です、

A. 内部寮(メインビルディング)

コストを抑えて勉強に集中したい!部屋は寝るだけだからこだわりは特に無いかな~。
メリット デメリット
・料金が安い
・学校内なので授業への移動がラク
・自習室あり(24時間)
・建物が古い
・門限がある(平日11時)
・6人部屋はシャワーが順番待ちになる

学校のオフィスやメインのクラスルームが入っている本館の建物内にある寮です。メインビルディングと呼ばれています。(1人部屋・2人部屋・3人部屋・4人部屋・6人部屋が有り)

B. 新ビル寮(ニュービル)

寮生活はしてみたいけど、あまりにも古いところは抵抗がある・・・。比較的キレイな環境でしっかり勉強したいな!
メリット デメリット
・新しくてキレイ
・食事をするカフェテリアがある
・自習室あり(24時間)
・内部寮より料金が高い
・門限がある(平日11時)

2016年に新しくできた新ビル寮。本館から道路をはさんだ向かい(徒歩1分)にあり、食事も4階のカフェテリアでとることができます。(1人部屋・2人部屋・4人部屋が有り)

C. Tsaiホテル寮

価格を抑えたいけど、共同生活はどうしても苦手。にぎやかな環境よりも、自分の時間を大切にしたい!
メリット デメリット
・料金が内部寮と同じで割安
・門限がない
・訪問者の入室禁止

1人部屋と2人部屋に、内部寮と同じ料金で宿泊できるTsaiホテル。リーズナブルな価格でプライベートな空間も確保したい方向け。

D. Prestigioホテル

勉強だけでなく、セブでの生活も楽しみたいから門限はいらないなー。寝る前のお酒も欠かせません(笑)
メリット デメリット
・部屋でお酒が飲める
・門限がない
・料金が1番高い

本館から道路をはさんだ向かい(徒歩1分)にあるホテル。1人部屋と2人部屋があります。キレイなつくりで、クオリティーは申し分ないですが、金額は寮に比べて数万円単位で上がります。

個人的におすすめの滞在先はココ!

MIO

だいたい全部の部屋を見せてもらいましたが、価格面や学校へのアクセス面で考えたら内部寮の4人か6人部屋がダントツおすすめ。ユースホステル(旅人の安宿)的な環境が大丈夫な人であれば、クオリティー面でも特に問題はありません。

新ビル寮はとってもキレイでいいのですが、金額が1ヵ月で1万円前後上がるので、価格を抑えてプライバシーを確保するなら内部寮の1人部屋。もしくはTsaiホテルの一人部屋がおすすめ。(同料金)

いずれの宿泊施設でも、電気代は別でかかるのでエアコンの使い過ぎなどには注意が必要です。
複数人部屋の場合は、電気代を人数分で割って計算するそうです。

◆立地・ロケーション

セブ市内のJYスクエアモール内にある『3D ACADEMY』スーパーやモールまで徒歩1分という素晴らしい立地です。

周辺にはセブで人気のカフェやレストラン、マッサージショップなどがたくさんあり、留学の間にちょっとおでかけしたくなった時にも、とても便利です。

JYモール内の博多とんこつラーメンの『一幸舎』

ちなみに、JYスクエアモールの中には博多の本場とんこつラーメンが食べられる『一幸舎』があります!
早速とんこつラーメンを食べてみましたが、めっちゃ美味しい!セブにいることを忘れました!(笑)ラーメン(特にとんこつ)好きな方には嬉しいですね〜!

ただ、一点だけ気を付けてほしいのが、学校の目の前の大通り。メインビルから新ビルに向かう時に、この大通りを通らなければなりません。

車通りがかなり多い上に信号がないので、自力で渡る必要があります。車の速度もそれほど速くはないですし、慣れれば現地の人たちと一緒に上手く渡ることができるのですが(車も止まってくれる)、初めての留学・初めてのフィリピンという方にとっては慣れるまで少し大変かもしれません。

◆月曜日【レベルチェックテスト+入学オリエンテーション】

入学日は毎週月曜日。レベルチェックはスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングに分かれており、リスニングとリーディングはTOEICテストが使われます。

今までいくつかの学校でレベルチェックテストを受けてきましたが、一番難しかったかも・・・。TOEICはしばらく受けてないから全然自信ないし、スピーキングも自己紹介とかではなく教材を見て答える形式だったので、初っ端から打ちのめされました。汗

その後はオリエンテーション。日本人のインターンマネージャーが国ごとに周辺施設や学校を案内してくれるので、英語が話せなくても大丈夫!一緒に入学したバッチメイトとも仲良くなれる良い機会でしょう。

ちなみに私が入学したのは2017年6月の最終週だったのですが、月曜日がイスラム教のラマダン(断食)明けの祝日だったので、テストとオリエンテーションは火曜日に行われました。フィリピンは突然祝日が増えたりするので、こんなこともたまにあります。

◆クラスルーム

『3D ACADEMY』は各先生の個室があって、生徒が先生の個室に行って授業を受けるというスタイルです。


≪左:語学学校『Howdy』のクラスルーム 右:語学学校『AHGS』のクラスルーム≫
セブの語学学校のクラスルームと言えば ↑↑このように一つの大きなスペースに、机やパーテーションが並べられているところが多いです。

個室のいいところは、周りの生徒の授業に惑わされず、集中して授業が受けられること。校舎の規模が大きいからこそできることですね。

その反面、生徒にとっては10分間の休憩で移動するのが結構大変
私はたまたま全てメインビルで完結できるスケジュールだったのでラクでしたが、メインビル・新ビル・JYビルと3つの建物内に各先生の個室があるので、スケジュール次第では建物から建物への大移動が多くなってしまうことも。

◆カフェテリアスペースと普通にオイシイご飯

毎日の食事は、新ビル寮4階のカフェテリアで食べます。全面に窓があって、キレイでとっても開放感があるつくりになっています。

学校の給食のように、プレートに好きなものを好きなだけとっていきます。夏休みや春休みなどの繁忙期は、かなり多くの人で混み合うので要注意。

12:00~13:00のランチタイムはどのタイミングも混んでいますが、夜ご飯は17:30~19:00までなので17:30が一番空いていてゆっくり食べられます。


おでんスープ・じゃがいもの煮物・から揚げ・キムチ味のナムルみたいな


ポテトのかき揚げ・キャベツ・肉のソテーみたいな・黄色いスイカ


ビビンバ丼とたまごスープ


お弁当タイプ。スパゲッティミートソース・から揚げ・スイカ

MIO

ご飯は全てフィリピン人がつくっているんですが、かなりオイシイんですよ。日本人にも食べやすい味だし、手料理感もめっちゃ出てて、毎食楽しみにしてました。
食べたい分だけとれるので、朝晩は少なめにして昼はガッツリなど自分でコントロールしながら食べられるのが◎。
やっぱり3食付きの学校ってありがたいですね。節約したい人に最適です。

以前は『3D ACADEMY』のご飯はマズイという話もよく出ていたそうですが、今はかなり改善したようで全く問題なく美味しく食べられましたよ。

今でも「えー、この味付けとか微妙なんだけど~」とか言ってる人をたまーに見かけますが、フィリピンに1年ほど在住していた私から言わせれば、「だったら金払って高級日本食レストランで外食しろ」という言葉が出てしまいます。(毒づいてすいません)

◆グループクラス

MIO
 ESLコースは通常グループクラスが3コマありますが、今回は特別スケジュールで2コマ受けさせて頂きました!

Native Communication

アメリカ人の先生のグループレッスンです。アメリカ英語特有の単語を繋ぎ合わせて発音する言い方や、日本とフィリピンと欧米の文化の違いなどを、グループやペアになって話し合います。

自分の意見を言ったり、人の意見を聞いたり、欧米の語学学校と同じスタイルなので、カナダやオーストラリアへのワーホリ前の生徒さんにピッタリのトレーニングだと思いました!

先生の題材の選択がとても良いと思いました。「バイリンガルである利点」や「各国での代表的な夏の娯楽」など、個人単位でも国単位でも意見交換ができるトピックだったので、とても勉強になりました。

English for Tourism

ホテル・レストラン・ツアーなどに関する英語を旅行者と従業員の両面から学ぶ授業。・・・ですが、こちらは今一つレッスン内容の主旨が合ってないような気がしました。

先生が言ったことを聞き取って、文章をつくり、音読するという作業を2日間連続で行いましたが、せっかくのグループクラスなので、もっとペアワークなど取り入れたロールプレイを期待していた分、あまり身にはならなかったです。

管理人の見解:欧米2ヶ国留学予定者はグループクラスがおすすめ!完全初心者はマンツーマンコースがおすすめ!

MIO

通常のESLコースはグループ3時間+マンツーマン4時間の計7時間コースですが、同じ料金でマンツーマン5時間のコースもおすすめです。
特に、初心者で他の人と一緒に授業を受けるのが不安な方は、最初はマンツーマンのみの5時間から始める方がいいかもしれません。(授業数が減るので、予習や復習の時間もとれる)
実際に最初はESLコースで入ったけど、途中からマンツーマンのみのコースに変えた生徒さんも結構いました。
反対にセブの後に欧米圏へのワーホリや2ヶ国留学を予定している方は、欧米スタイルに備えてグループクラスに慣れておいた方がいいでしょう。

◆マンツーマンレッスン

MIO
ESLコースは通常マンツーマンクラスが4コマありますが、今回は特別スケジュールで2コマ受けさせて頂きました!
マンツーマンクラスは特にカリキュラムはないので、自分の希望するレッスン内容を講師に伝えることができます。

私が受けた2人の先生は授業のスタイルも性格もまさに正反対でとってもおもしろかったです。

1コマ目のLylie(ライリー)先生は、エネルギーあふれる明るくて元気な先生。ビジネスの経歴を持ち知識もある先生です。
Lylie先生とはフリートークで本当にたくさんの話をしました。恋愛や文化から始まり、国際結婚・教育・地理・紛争・治安・領土問題まで、多岐にわたってここまで語り合えたのはかなり印象に残っていますね。

2コマ目はCleo(クレオ)先生。とっても知的でクールな先生で、淡々と冷静に授業を進めていってくれます。Cleo先生とはディスカッションクラスにしてもらいました。トピックを選んで、そのテーマについてとことん語り合います。
おもしろかったのがLifestyle(ライフスタイル)について。お金を持っている有名な人たち、信仰深い人たち、一般人の中で誰が心から幸せか、というトピックでは、いろんな局面からそれぞれの立場の人たちの幸せの感じ方について語り合いました。

二人とも、フレンドリーかつ真摯に向き合ってくれるとてもスキルのある先生で、レッスンにも大満足です!

上段:Lylie先生 / 下段:Cleo先生

◆放課後の無料ダンスクラス

頭を動かすだけじゃなく体を動かすアクティビティーも!無料のダンスレッスンは毎週無料で行っています。

ヒップホップとズンバ&タヒチアンダンスを受けてみましたが、上手く踊るよりみんな自由に身体を動かしている感じなので、参加しやすいですよ!

◆月末ボランティアアクティビティー(アウトリーチプログラム)

『3D ACADEMY』では、月末の金曜日にボランティアアクティビティー『アウトリーチプログラム』を行っています。

今回の内容は、地元の幼稚園に行き、子どもたちに食事や文房具などを提供し、みんなで一緒に簡単なゲームなどをしながら交流するということで、早速参加してみました!

参加費は一人350ペソ(800円ほど)で、そのお金が子どもたちへのプレゼント代となります。参加希望者はオフィスでの事前申し込みが必要です。

なんとジプニー(セブの相乗りバス)の貸し切りです!コレに乗ってみんなで幼稚園に向かいました。

たくさんの子どもたちが迎えてくれました!みんなフレンドリーで私たちを見るなり手を振って歓迎してくれました

今回交流する子どもたちは、それぞれ小さなグループに分かれて座って待っていました。みんないい子に手を後ろに組んでとっても可愛いです♡

色画用紙を切って、太陽と星のシールを使って、フィリピンの旗を一緒に作ったり、ゲームをしたりみんなで踊ったり、子どもたちの元気の良さに圧倒されながらも、楽しい時間を過ごしました。

子どもたちは簡単な英語しかわからず、私たちは逆にビサヤ語がわからないので、歯がゆい思いでしたが、みんなの笑顔にだいぶ癒されました。

学生同士もこのイベントを通じて仲良くなれるので、友達作りにもおすすめですよ。子どもとの交流が好きな人にはもってこいのアクティビティーです。

◆卒業式

あっという間の卒業でした。1週間だけでしたが、無事に卒業証書もゲットしました!

普段は1時間以内で終わるようですが、今回は長期の生徒さんが多く、手作りビデオなども上映されて、1時間半近く行われました。

そして卒業生の半数ほどがスピーチを行うのですが、みんな緊張しながらも勇気を出して前に出てスピーチをしているのが伝わってきました。努力して成長している人たちを見ていると、モチベーションが上がりますね~^^

私も1週間だけのくせにちゃっかり参加してスピーチまでしてしまいましたが、良い経験になりました。(笑)

まとめ①:実際に行ってみて思った、こんな人におすすめ!

今回の実体験を踏まえた上で『3D ACADEMY』はこんな方におすすめです!

価格が安いのが最優先だけど、できれば日本人経営のところがいいな
初めての留学で不安。学費は安く抑えたいけど、日本語のサポートもちゃんとしているところがいい
せっかく留学するんだから、日本人だけのところはつまらない!グループクラスで他の国籍の人とも交流してみたい
料金が安くて、立地も良い学校を探している。アクティビティーやイベントにも積極的に参加したい!
欧米圏へのワ―ホリ前に、なるべく低価格でスピーキングを強化したい!ご飯付きなら尚更最高!

YOLO管理人のひとこと:アクティブに楽しんだもん勝ち!

MIO

『3D ACADEMY』は全体的に20代の若い方が多くて、授業以外のアクティビティーも充実しています。(ダンスクラスやボランティアイベントなど)
授業以外でもイベントなどに積極的に参加したい方、アクティブな性格の方ほど楽しめる学校です!
その反面、あまりにもシャイだったり、極度の人見知りの人は馴染むまでが大変かも
人見知りを変える良いきっかけだと思って積極的にいろんな人に話しかけてみましょう!

まとめ②:安さで選んだら、もれなく利便性やクオリティーもついてきたというオトク感満載の学校です

CEO森田さん
留学するのに特別なスキルは必要ありません。
自分なんかが留学できるかな?と、そんな風に思っている人こそ『3D ACADEMY』に来てみて下さい!

『3D ACADEMY』に通ったことがある日本人留学生から悪い評判は聞いたことがなかったので、いったいどんな学校なんだ!?と不思議に思っていましたが、実際に通ってみたら、良い意味でとっても普通でクセのない学校でした。

コースにしても宿泊施設にしても選択肢が多いので、老若男女問わず多くの人にフィットするでしょう。

実際の生徒さんは20代が圧倒的に多かったですが、最高齢は日本人の70代。14歳のロシア人もいました。

選ぶきっかけは価格の安さかもしれないですが、いざ行ってみたらご飯もオイシイ、Wi-Fiも速い、立地もいい、とオトク感満載!『YOLO』でも自信を持っておすすめしたい学校です!

MIO

短い期間でしたが、バッチメイトやクラスメイト、先生たちと仲良くなれて嬉しかったです。また、スタッフやインターンの方々もとても明るく対応も素晴らしくて、本当に居心地が良い学校でした。
3D ACADEMYの皆さん、森田さん、本当にありがとうございました!

2017年6月26日~30日の留学情報を掲載しています。