今すぐ使える!英語で接客する時に役立つ基本フレーズまとめ

接客英会話

海外で接客系の仕事をする時。日本で外国人のお客さんに接客する時。海外に出ていく日本人が増え、海外から日本に来る外国人も増える中、簡単な英語での接客を覚えておいて損はないですよね!

今回は「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」など、接客で使える基本的なフレーズをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】いらっしゃいませ

まずは最初の挨拶から。お客さんへの最初の挨拶であなたの印象が決まります。

一言に「いらっしゃいませ」といってもいろんなシチュエーションがありますよね。状況や、職場別に分けていくつかご紹介したいと思います。いろいろ組み合わせて使ってみましょう。

Hi, there! How are you?

レストラン、カフェ、アパレル、様々な場面で使える万能なフレーズ。

“Hi there”は決まり文句で、意味は”Hi”とほぼ同じ。”there”は「皆さん」や「そこにいるあなた」みたいなニュアンスでしょうか。日本語ではちょっと不自然ですが「やあ、そこにいるあなた!」と、特に名前がわからないお客さん相手には便利なフレーズですよね。相手が一人でも複数でも使えます。

“How are you?”を加えるとさらにフレンドリーで自然な流れですね。カナダのカフェやレストランでもよく聞く接客フレーズです。

Hi, how may I help you?

フォーマルかつ申し分のない「いらっしゃいませ」「何かお手伝いしましょうか?」の決まり文句。

ただし、注意すべきなのは”How may I help you?”=日本語の「いらっしゃいませ」はあくまで意訳で、どの状況でも使えるわけではないということです。

How may I help you? ⇒「ご用件を伺っても宜しいですか?」←(それに対して)「何かお手伝いできることはありますか?」という流れが自然です。洋服屋で悩んでいる人や、インフォメーションカウンターに立ち寄った人に対して使用するのが一般的でしょう。

レストランやコンビニのレジ(『英語で接客する時に役立つフレーズ集【コンビニのレジ編】』参照)など、既にお客さんの用件(ご飯を食べに来た / 商品を買いに来た)がわかりきっている場合には使いません。上の Hi there, how are you? でじゅうぶん「いらっしゃいませ」の代わりになります。

【2】ご注文は何にしますか?

注文を聞くときに使えるフレーズを、カフェなどのカウンター接客の場合と、レストランなどのテーブル接客の場合に分けてご紹介します。

Hi, what can I get for you?

「ご注文は何にしますか?」の決まり文句です。

直訳すると「あなたのために何を持ってきましょうか?」というニュアンス。カフェやコーヒーショップのカウンターで注文を受ける時によく店員さんが使っています。

「for」を省いて「What can I get you?」でもOK。

May I take your order? / Are you ready to order?

レストランのようにテーブルにてオーダーをとる場合は「Take orders」を使って表現します。

  • May I take your order?
    (注文をお取りして宜しいですか?)
  • Are you ready to order?
    (ご注文はお決まりですか?)
スポンサードリンク

【3】何か他に私ができることはありますか?

一通り、注文を聞き終わったあと、目的のもの以外に必要なもの、聞きたいことなどはないか等、幅広いシチュエーションで使えるフレーズをご紹介します。

Anything else?

まずはシンプルに「他に何か必要ですか?」「それで全てですか?」という表現。もし何かあればお客さんの方から聞いてくるでしょうし、特に無ければ「いえ、以上です。」( No, that’s all. または No, that’s it. )と返してくれるでしょう。

Would you like anything else?

上の「Anything else?」をちょっと丁寧に言う時。

Is there anything else I can do  for you?

上の Anything else? に付け加え。「何か他に私が出来ることはありますか?」 インフォメーションカウンターやカスタマーサービスなど、かしこまった接客の時に使える表現ですね。

【4】少々お待ち下さい。

とてもよく使うフレーズですね。便利なので数パターン覚えておきましょう。

Just a second, please. / Just a moment, please.

Just Wait にしてもOKです。Just を使うとニュアンス的には「今、ちょっと手が離せないけど、すぐに対応します。」という感じでしょう。

Could you wait a moment here please.

レストランや、サービスの受付などで、担当者が来るまで待ってほしい時などに使える丁寧なフレーズです。

「こちらで少々お待ち頂けますか?」 Could you … please?(…して頂けますか?)はとてもかしこまったフレーズなので、接客英語としていろいろな場面で使える便利な表現だと思います。

スポンサードリンク

【5】はい、どうぞ。

こちらも接客時に必ず使うフレーズ。頼まれたものを渡す時などに笑顔で言いましょう。

Here you are.  / Here you go.

上の2つのフレーズどちらも「はい、どうぞ」の決まり文句です。

微妙なニュアンスの違いとしては、 “Here you go” は、何か必要なものを渡すことによって相手が動作を始められる、という時に使います。( “you are” は状態、 “you go” で動作を表している)

Here is your…

「こちらが…です。」

  • Here is your bill.
    (こちらがお会計です。)
  • Here is your change.
    (こちらがおつりです。)

【5】もちろんです。

Can you~? / Could you~?
(~してくれませんか?)

Can I ~? Could I ~?
(~してもいいですか?)

お客さんから上のように聞かれて Yes じゃなんだか物足りない時は、笑顔で「もちろんです」と答えましょう。

Sure! / Of course!

「もちろん」を意味する Sure と Of course ですが、この2つのニュアンスの違いはご存知ですか?

接客の受け答えとして、Sure は「確かな」という意味で頻繁に使われますが、 Of course は「当然の」というニュアンスが含まれるので、接客時に使用する時は注意が必要です。

例えば、レストランで注文を受ける時、 Can I have~?(~を頂けますか?)の質問に、Of course で返してしまうと、「あなたがそれを注文するのは当然です。」とちょっと不自然なニュアンスになってしまうので、この場合は Sure を使いましょう。

Of courseを使うタイミングとしては、Do you mind~?(気に障りますか?ダメですか?)の質問をされた時。お客さんによっては Can you(could you)~? や Can I(could I)~? の代わりに”Do you mind~?”を使う人もいます。この場合「気に障りますか?」と聞かれているので、「いいですよ」と言いたいときは”Yes”(はい、気に障ります)ではなく、”No”(いいえ)と言う必要がありますよね。この時に、使える表現として Of course not!(全然構いませんよ)が挙げられます。

スポンサードリンク

【7】お会計は・・・です。

お会計時に必須な接客フレーズ。

That will be $20.

「お会計20ドルでございます。」

That’s $20all together.

「全部合わせて20ドルです。」

【8】ありがとうございました。

やっぱり最初も最後もフレンドリーな挨拶がとても大切☆

Thank you so much.

笑顔で「ありがとうございました」と伝えましょう。

Have a good day!

「良い1日を!」

Thank you と一緒に使えるお見送りのフレーズです。ディナータイムの場合は、以下のフレーズを使いましょう。

Have a good night!
(おやすみなさい)

See you later!

「またね!」

同じく Thank you と一緒に使えるお見送りのフレーズです。

See you soon!
(またすぐ会いましょう)

まとめ

以上、接客で使える基本的なフレーズをご紹介しました。どんな職業の人でも覚えておくと便利なフレーズばかりです。

正確に言うことも大切ですが、もっと大事なのは「笑顔」や「態度」。つたない英語でも、ウェルカムな気持ちが伝わるように意識するといいでしょう。

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます♪

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/

スポンサードリンク