レストランでの英語接客に役立つフレーズ集【ウエイトレス編】

接客英会話

英語で接客する時に役に立つフレーズシリーズ!

今回は、レストランのウエイトレスが使える接客英語のフレーズを場面ごとに分けてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】ご来店の挨拶から案内までで使えるフレーズ

まず最初にお客さんがレストランに来て、席に案内するまでに使えるフレーズをご紹介します。

いらっしゃいませ、こんにちは!

Hi, there! How are you?

決まり文句です。「Hi there!」は『英語で接客する時に役立つ基本フレーズまとめ』の記事でも説明した通り、接客業の最初の挨拶として非常によく聞く万能なフレーズです。

何名様ですか?

  • How many?
  • A table for 2?

レストラン接客で必ず聞くことですね。明らかにパッと見て人数がわかる時は”A table for 2?”(2名様ですか?)と確認する形で聞いても◎

ご予約はしていらっしゃいますか?

Do you have a reservation?

混み合っている時や、予約が必要なレストランの場合にお客さんに予約の有無を確認しましょう。

10分ほどお待ちいただきます。

It is going to be about 10-minute wait.

店内が混み合っている場合、テーブルの用意が出来ていない時など、おおよその待ち時間をお客さんに伝えます。

お待たせいたしました、テーブルの用意が出来たのでご案内します。

Thank you for waiting, your table is ready now.

日本でもよく聞くフレーズですね。席に誘導する時には「This way please.(こちらへどうぞ)」と一言加えてもいいでしょう。

お好きな席へおかけ下さい

Please have a seat anywhere you like.

お店がすいている時や、小さなレストランなどでは、お客さんに好きな席を選んでもらってもいいですね。

【2】注文から食事の提供までで使えるフレーズ

次に、注文を聞いて料理を提供するまでに使える英語フレーズをご紹介します。

お飲み物はいかがなさいますか?

  • Would you like something to drink?
  • Can I get you something to drink?

席にご案内してから、まず最初に飲み物のオーダーを聞くときに使えるフレーズ。

応用として「Can I get you some drinks to start off?と「start off」を付けることで「まず最初に」を強調することができます。

すぐにお飲み物をお持ちします。

I’ll be right back with your drinks.

直訳をすると「あなたの飲み物を持ってすぐに戻ってきます。」レストラン接客でよく使うフレーズです。

  • I’ll be right back.(すぐに戻ります)
    ⇒確認したり、何かを取りにいってすぐ戻ってくる時など
  • I’ll be back in a few minutes.”(2,3分後に戻ります)
    ⇒お客さんがまだ注文を決められていない時など

ただいま伺います。(ただいま参ります)

I’ll be right there.

お客さんから呼び止められた時などに使えるフレーズです。

ご注文はお決まりですか?

Are you ready to order?

もし、Not yet(まだです)や Maybe another minute(もうちょっとかかりそう)と言われたら、早速上↑で紹介したフレーズを使って対応しましょう。

MIO
No problem. I’ll be back in a few minutes.
「もちろん大丈夫ですよ、2,3分後また参りますね。」

もちろんです

Sure.

こちらも、SureとOf courseのニュアンスの違いを『英語で接客する時に役立つ基本フレーズまとめ』の記事で説明しています。

注文時などに Could(Can) I have~?(~を頂けますか?)と聞かれたら、笑顔で「Sure!」が好印象ですね。

申し訳ありませんが、○○の取り扱いはございません。

I’m sorry, but we don’t have ○○.

お客さんが注文したものの取り扱いがない場合に使います。

申し訳ありませんが、本日○○は品切れ(売り切れ)となりました。

  • We are all out of ○○ today.
  • We don’t have any more ○○ left today.

品切れの場合は上記のように伝えることができます。

キッチンスタッフに確認します。

I’ll check with the kitchen.

在庫や、イレギュラーなオーダーでキッチンスタッフに確認をとりたい時に使います。

他に何かご注文はありますか?

  • Would you like anything else?
  • Is that everything?(以上ですか?)

応用として、前菜のみのオーダーや、後からメインを頼みそうな時は「今のところ・とりあえず」を意味する「For now」をつけてみましょう。

MIO
Is that everything for now?
「今のところ(とりあえず)以上で宜しいですか?」

こちらが(あなたが注文した)○○です。

Here’s your ○○.

ごゆっくりどうぞ

Enjoy your meals!

料理が全てそろったら一言。日本語の直訳で「どうぞ料理をお楽しみください。」

スポンサードリンク

【3】お会計からお見送りの挨拶までで使えるフレーズ

最後に、食事が終わってから、お会計、お見送りまでの流れで使えるフレーズをご紹介します。

お済みのお皿をおさげしてよろしいですか?

Are you done? Would you like me to take that?

食事が済んでいるのかあいまいな時は、お皿をさげる前に一言聞いてみましょう。

まだ食べるつもりの時は No, I am still working on it.(いえ、まだ食べています)などと言ってくれるはずです。

Work on___ は「取り組んでいる」という幅広い範囲で使える便利な表現です。作業に取り組むというニュアンスで様々な場面で使えます。

  • I’m still working on it.(レストランで)
    「まだ食べています」
  • I have worked on this project for 3 years.(仕事で)
    「3年間このプロジェクトに従事していました。」

料理はいかがでしたか?

How was everything?

料理の感想を聞いてましょう。日本語ではあまり聞かないフレーズですが、英語では料理の感想を聞いたりと、お客さんと自然な流れでコミュニケーションをとるのが普通です。

Was everything okay?(美味しかったですか?)」と付け加えてもいいでしょう。

お客さんの食事中、様子を見に来たときに聞く場合は以下のフレーズがよく使われます。

How is everything? Is everything okay so far?
「料理はどうですか?今のところ大丈夫ですか?」

  • So far:今までのところ

何か他に追加のご注文はございますか?

Would you like anything else?

もし、何もない場合のお客様の対応例

  • No, that’s it, thank you.(いいえ、これでもう大丈夫です。)
  • No, just the bill, please.(いいえ、お会計をお願いします。)

こちらがお会計です。

  • Here is your bill.
  • Here is your check.

会計はカナダとイギリスではBill、アメリカではCheckといいます!

ありがとうございます。

Thank you so much.

良い1日を / おやすみなさい

  • Have a good day!
  • Have a good night!

朝食やランチなど、まだその日が長く続く場合には「Have a good (great) day!」、ディナー後など、ちょっと遅めの時間の場合には「Have a good (great) night!」を使います。

相手から先に言ってくれた場合は、Thanks, you too!(ありがとう、あなたもね!)と笑顔で返しましょう。

またすぐお会いできますように

I hope to see  you soon!

カジュアルにSee you later.「またね!」でも問題ないですが、ちょっとかしこまった最後の挨拶として付け加えると、店の印象が良くなり、リピーターが増えるかもしれません。

まとめ

以上、レストランのウエイトレスが使える英文フレーズを場面ごとにご紹介しました。

ご来店の挨拶から案内までで使えるフレーズ

  • Hi, there! How are you?
  • How many? / A table for 2?
  • Do you have a reservation?
  • It is going to be about 10-minute wait.
  • Your table is ready.
  • Please have a seat anywhere you like.

注文から食事の提供までで使えるフレーズ

  • Would you like something to drink?
  • Can I get you something to drink?
  • I’ll be right back with your drinks.
  • Are you ready to order?
  • Sure.
  • I’m sorry, but we don’t have ○○.
  • I’ll check with the kitchen.
  • Would you like anything else?
  • Here’s your ○○.
  • Enjoy your meals!

お会計からお見送りの挨拶までで使えるフレーズ

  • Are you done?
  • Would you like me to take that?
  • How was everything?
  • Would you like anything else?
  • Here is your bill / check.
  • Thank you so much.
  • Have a good day!
  • Have a good night!
  • I hope to see you soon!

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/