海外旅行で絶対役立つ!貴重品を守るおすすめのセキュリティポーチ6選

留学とワーホリ
ちょっとした不注意や油断で、楽しい海外旅行のはずが大きなトラブルになっちゃった!!!

世界の中でも圧倒的に平和な国とされる日本。スリや盗難とは無縁の私たち日本人ですが、一歩日本を出て海外に行けば、文化も習慣も治安も180度変わってきます。

特にスリ・盗難の被害は非常に多く、スマートフォンやクレジットカード、パスポート、現金を始めとした高価なものがターゲットになりがち。

これらの貴重品を守るために役に立つのが、セキュリティーポーチ / セキュリティーケース / セキュリティー財布です。

ということで今回は、海外旅行&留学経験者が語る、海外旅行や留学先で貴重品を守るおすすめのセキュリティポーチを6つご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【海外旅行で知っておきたい知識】RFIDから情報を守れ!

みなさんは「RFID」という言葉を聞いたことがありますか?

RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般 (Wikipediaより)

つまり、直接貴重品に触れなくても、近距離に近づけば無線通信で情報が盗られてしまうということ。スキミング機器をかざすだけで簡単に個人情報が盗られてしまうなんてめっちゃ怖いですよね。

この盗難の標的になるのは、RFIDという技術が採用されているカード。日本ではICカードやEdyのように、近づけるだけで「ピッ」とカードが機能するものが挙げられます。

アメリカではクレジットカードなどにもRFIDが搭載されているものが増えていますが、今のところ日本のクレジットカードには搭載されていません。

Suicaなどが一緒になっているクレジットカードもありますが、クレジットカードとSuica部分はそれぞれ独立しているので、クレジット情報盗難の心配はありませんが、今後RFID普及にはセキュリティ面で注意が必要です。

最近では「RFIDブロッキング」を兼ね備えたセキュリティグッズも増えてきています。

今回ご紹介するセキュリティポーチも、ほとんどがRFIDブロック・スキミング防止機能のあるアイテム。それでは順番に見ていきましょう。

【1】MYCARBON 高級LYCRA生地 セキュリティポーチ

ウェストポーチ / ベルトタイプ
価格 1,388円
重量 125g
メインポケット
サイズ
横:22.5cm
縦:12.5cm
カラー ブラック

薄型デザインで、シャツやパンツ・ジャケットの下に装着することができるセキュリティウェストポーチ。身体にあたる部分はメッシュになっていて通気性と吸汗性に優れており服の下につけていても気になりません。

とてもコンパクト設計ですが、ポケット内には仕切りがあり、カードホルダーなども充実していて使いやすいと好評ですよ。

もちろんRFIDブロック機能・スキミング防止機能を兼ね備えています。

Amazonで購入する

スポンサードリンク

【2】MOSSLIAN アウトドア&スポーツ用 / 旅行用セキュリティポーチ

ウェストポーチ / ベルトタイプ
価格 950円
重量 105g
メインポケット
サイズ
横:20cm
縦:11cm
カラー ブラック

海外旅行だけでなく、アウトドアやスポーツ用にもぴったりのセキュリティウェストポーチ。

上で紹介した『MYCARBON』のセキュリティウェストポーチよりもさらにコンパクト&軽量。3.64mmの薄型です。

最低限の貴重品を入れるのにちょうどいいサイズで、スポーツ用なので防水・防汗に優れているのがポイント。

スキミング防止の機能はないですが、その分お値段が手頃でおすすめ。海外だけでなく日本でも十分役に立つアイテムです。

Amazonで購入する

【3】SmartTravel セキュリティパスポートケース

首下げホルダータイプ
価格 1,383円
重量 80g
サイズ 横:14cm
縦:18cm
カラー ・ブラック
・オフホワイト

首からさげるタイプのセキュリティケースです。衣服の下から下げていても目立たない薄型&軽量デザイン。(※セーターなど厚手の衣服の下の場合)

スマホ、パスポート、クレジットカード類もキレイに納まり、RFIDブロッキング機能でスキミング防止効果もあります。

またサイドにファスナーがついており、お札だけでなく小銭も収納可能。海外旅行時の持ち歩きだけでなく、カバンの中の貴重品一式としてしまっておくのにも最適です。

Amazonで購入する

スポンサードリンク

【4】BAGSMART セキュリティケース

首下げホルダータイプ
価格 1,890円
重量 100g
サイズ 長さ:11.5cm
幅 :17.5cm
カラー ・ブルー
・ピンク
・ブラック

首下げタイプのセキュリティポーチで、ポケットが多く非常に収納に便利なアイテムです。

小銭用のファスナー付き収納、豊富なクレジットカードホルダー、パスポートや航空券をしまっておけるポケットなど、貴重品がスッキリ収納できます。

耐久性に優れており、スキミング防止機能もバッチリ。日本でもちょっとした買い物ならこのポーチで済むので長く使えそうです。

Amazonで購入する

【5】Truedays 多機能セキュリティケース

収納カバンタイプ
価格 1,099円
重量 240g
メインポケット
サイズ
横:9.5cm
縦:16cm
カラー ・ブラック(葉っぱ)
・ピンク(花柄)

スリが少なく比較的治安の良い国への旅行・留学なら、収納カバンタイプのセキュリティポーチがおすすめ。

デザイン性に優れ、カバンの中に貴重品一式として入れておけて便利な上、防水機能・スキミング防止効果も兼ね備えています。

ポケットが豊富で、各クレジットカードホルダーやパスポートポケット、またペンホルダーも完備。例えば飛行機の機内で書類を書いたり、ちょっとメモしたいときに役立ちます。

海外旅行以外にも、通帳一式や母子手帳ケースなど幅広い使い道があります。

Amazonで購入する

スポンサードリンク

【6】GreatShield セキュリティ レザーウォレット

ウォレット(財布)タイプ
価格 1,499円
重量 81g
メインポケット
サイズ
横:20cm(閉じたら10cm)
縦:14cm
カラー ・ブラック
・ブラウン

最後は、財布タイプのセキュリティポーチ。レザーでデザイン性に優れていて、ビジネスも含めた海外旅行の際に最適です。

収納力自体はそこまでないものの、大事なカード類や現金、パスポート、領収書などを収納し、スキミング防止効果もバッチリ。

貴重品をこちらに保管しておくことで、海外で常に出し入れする財布の中身を最低限におさえることができます。

Amazonで購入する

セキュリティポーチ比較表

スキミング防止 防水・防汗 収納力 薄型
×
×
×
×
× ×

まとめ:絶対にあって損はないアイテムです

以上、海外旅行や留学先で貴重品を守るおすすめのセキュリティポーチを6つご紹介しました。

先進国から発展途上国まで様々な国を旅してきた経験から見ても、絶対にあって損はないアイテムです。

セキュリティーポーチが役に立つ理由

  • 貴重品の定位置にして紛失や置き忘れ防止
  • 日常使い用の財布の中身を最低限にできる
  • スキミング防止機能で個人情報を守る

もちろん、大事なものばかり入っているので、これごと盗まれたら終わりです。必ず身体に触れているように身につけるか、鍵付きのスーツケース内などにしまっておきましょう。

今回紹介したものはどれも2,000円以内で購入ができる上、海外旅行以外でもスポーツや通帳入れなど何かしら役に立つものばかりです。

是非、海外旅行・留学の持ち物の参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク