英語で「おいしい!」を伝えよう!料理が美味しい時に使う表現例文

日常英会話

料理を食べた時、英語で「おいしい」を表す自然なフレーズをいくつか紹介したいと思います。

カナダのレストランで働いていたときに、お客さんからよく聞く表現などもまとめてみました。

スポンサードリンク

「おいしい」を表す英語

  • Good (おいしい)
  • Tasty (風味が良い)
  • Yum / Yummy (子どもが使う、うまい・おいちい)
  • Delicious (とてもおいしい)

「おいしい」を表す英語はたくさんありますが、上記の4つは同じ「おいしい」という日本語でも若干ニュアンスが異なるので注意。

特に “Yummy” は子どもが使う表現なので大人は使わないようにしましょう。

レストランで、 “Is everything okay?” と聞かれた時には “Good” や “Tasty” が一般的です。

Delicious” は1単語で「とてもおいしい」という意味なので、 “very delicious” 「とてもとてもおいしい」はちょっと不自然に聞こえます。

「かなりおいしいです。」

  • It’s pretty good.
  • It’s pretty tasty.

Good” や “Tasty” にpretty” (かなり/とても)を付けて強調します。

例えば、オススメされて初めて食べたものの感想を聞かれた時に、以下のように答えれば、ただ “Good” というより感情が入って良いかもしれません。

It was actually pretty good! I’ll definitely have that again!
(あれはマジでかなり美味しかったよ!絶対また食べたい!)

スポンサードリンク

「とてもおいしいです!」

  • It’s really good!
  • It’s so great!

「すごく美味しいよ!」「本当に美味しい!」

こちらもかなりよく使われる表現。淡々と言っても上手く伝わりにくいので、心を込めて伝えましょう。

  • It’s soooo great!!!
  • It’s REALLY great!!!

文章で書く場合は、SOやREALLYを強調しながら言ってみると、より気持ちが伝わるでしょう。

「おいしくて感動しました!」「素晴らしいです!」

  • It’s awesome!
  • It’s amazing!
  • It’s terrific!
  • It’s wonderful!
  • It’s fantastic!

「美味しくて感動した」「素晴らしい!」という気持ちを伝えたい時。

これ以外にもたくさんの表現がありますが、これら Awesome , Amazing, Terrific , Wonderful , Fantastic は、実際にカナディアンのお客さんからもよく聞く言葉です。

スポンサードリンク

「今まで食べた中で一番おいしい!」

This is the best Sushi I’ve ever had in my life!
(これが、今までの人生で1番美味しい寿司だよ!)

“寿司”の部分を変えれば、どんな料理でも可能です。

「これを作った人と結婚したい!」

I will marry the person who made(cooked) this!
(これを作った人と結婚したいよ!)

こんな言い方もユーモアがあっていいですね。

上で紹介した Great , Awesome , Amazing , Terrific , Wonderful , Fantastic 等と組み合わせてみても良いですね。

・Oh my god! It’s fantastic! I’ll marry the person who made this! hahaha
(Oh my god, これ最高に美味しいよ!これ作った人と結婚したいくらい!笑)

・It’s so amazing! I really love it! I think this is the best sushi I’ve ever had in my life.
(すっごく美味しい!大好き!これが今までの人生で食べた中で1番美味しい寿司だと思う!)

スポンサードリンク

「普通においしい」「まぁまぁおいしい」

It’s okay.

最後に、作った相手にはあまり直接使わない方がいいですが、レストランの料理の感想などでお世辞にも「すごくおいしい」とは言えない場合に使えるのが “Okay” です。

bad” や “not good” を使うと「不味い」「おいしくない」という強い表現になってしまうので、 “okay” くらいが無難かと思います。

まとめ

以上、料理が「美味しい!」時に使える表現をご紹介しました。

使う言葉ももちろん大事ですが、何よりも重要なのが、「表現力」。

英語では、ちょっと大袈裟なくらいに表現した方が良く伝わります。上手く活用して心からの「美味しい!」を伝えましょう

スポンサードリンク

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/