沖縄で無料の留学説明会&個別相談やってます♪

《スポンサードリンク》

年明け前の「良いお年を」は英語で何?ビジネスやメールで使える例文

日本では年末の最後の挨拶で「良いお年を」、年明けの最初の挨拶で「あけましておめでとう」と言うのが一般的ですよね。

「あけましておめでとう」は英語で『Happy New Year』ですが、年が明ける前の「良いお年を」は英語でなんて言えばいいのでしょうか?

今回は、年末の挨拶に使える「良いお年を」を表す英語メッセージ表現。ビジネスの場面や、メールでも使いやすい例文をご紹介します。

スポンサードリンク

クリスマスメッセージとまとめて「良いお年を」を伝えることが多い

まず最初に、欧米諸国では日本のように【クリスマス挨拶】→【年末挨拶】→【年始挨拶】のような3分割ではなく、【クリスマス+年末挨拶】→【年始挨拶】もしくは【クリスマス+年末+年始挨拶】と合わせて伝えることが多いです。

Merry Christmas and a happy new year!

メリークリスマス、そして良いお年を!

シンプルで、老若男女、誰でも使いやすいフレーズです。

Merry Christmas and enjoy the holidays!

メリークリスマス、休暇を楽しんでね!

こちらも非常によく使われる表現です。【the holidays】は、クリスマス〜年末年始の休暇が含まれているので、クリスマスメッセージに年末の挨拶までまとめることができます。

Happy holidays!

良い休暇を!

【Christmas】という言葉はキリスト教のイメージが強いため、他宗教の相手に送るメッセージの場合は【Merry Christmas】の代わりに【Happy Holidays】を使うのが良いでしょう。

一般的に使える「良いお年を」英語表現

続いて、友達や家族などに一般的に使える「良いお年を」表現を見ていきましょう。

Have a happy new year!

良い新年をお迎えください。
→「良いお年を!」

よく使われる表現です。年末に限らず、新年のメッセージにも使える表現です。

Have a great rest of the year.

今年の残りも良い時間をお過ごしください
→「良いお年を」

年末を強調する際に使えるメッセージ表現です。【rest of the year】で「その年の残り」を意味します。

Enjoy the holidays!

休暇を楽しんでください
→「良いお年を」

クリスマスメッセージのやり取りの後に使えるシンプルメッセージです。

スポンサードリンク

仕事関係の相手やビジネスメールで使える表現

最後に、仕事関係の相手への年末の挨拶や、ビジネスメールで使える表現です。

フォーマルなシチュエーションや、目上の相手、メール文でメッセージを送る場合は、しっかりと「主語+動詞」の文章にして送るのが良いでしょう。

I hope you have a great rest of the year.

今年の残りも良い時間になりますように。
→「良いお年を」

クリスマスメッセージの後に、年末の挨拶として送るメッセージ例文です。年明けには、年明けにまた新年メッセージを送っても自然な流れとなります。

I hope you have a great new year!

あなたにとって素晴らしい新年になりますように。
→「良いお年を」

こちらは年末の挨拶&新年の挨拶で兼用で使えるメッセージです。新年にメッセージを送る余裕がなさそうであれば、年末にまとめてこのメッセージを送るのも良いでしょう。

I wish you and your family the best for 2020.

あなたと家族にとって素晴らしい2020年になりますように。
→「良いお年を」

【I wish you the best】で「幸運を祈る」「上手くいくように祈る」を意味します。この表現に【you and your family】と相手の家族を考慮したり【for 2020】と新しい年を入れたりして応用してみましょう。

まとめ

以上、今回は年末の挨拶に使える「良いお年を」を表す英語メッセージ表現。ビジネスの場面や、メールでも使いやすい例文をご紹介しました。

日本語では、いろいろな場面で「良いお年を」の一言を使いますが、英語の場合はシチュエーションやニュアンスによって使う表現が微妙に異なります。

国境・国籍を超えて、大切な人に年末のメッセージを送る時にお役立てください!

他にもこんな記事が読まれてます♪

沖縄で【無料】留学相談・受付中♪

YOLOの記事を書いている、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます♪

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!無理な営業は一切無し!ご安心ください♪

留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントもご紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)


スポンサードリンク