カフェの店員さんが英語で接客する時に役立つフレーズ集

接客英会話

《接客英語シリーズ!》

外国人の利用客が多いカフェの店員さんが使える、おすすめの接客英語フレーズをご紹介します。

基本フレーズをしっかり覚えて、外国人のお客様に対しても自信を持って接客できるようになりましょう♪

スポンサードリンク

カフェで使える接客英語フレーズ

まずは、カフェの店員として使える基本的なフレーズをご紹介していきたいと思います。

こんにちは、ご注文は何にしますか?

Hi, what can I get for you?

How are you?とともに明るくお客さんを出迎えましょう。

サイズはいかがなさいますか?

What size would you like?

飲み物のサイズを聞くときに使います。

ホットかアイスどちらがよろしいですか?

(Would you like it) Hot or iced?

忙しい時やパッと英語が出てこない時は、 “Hot or Iced?” だけでも大丈夫です。

新しい味が出たので、試してみますか?

Would you like to try our new flavor?

オススメや、新商品を聞かれた場合に使えます。

ホイップクリームを上に乗せますか?

Would you like it with whipped cream on it?

ご一緒に何か食べるものはいかがですか?

Would you like anything to eat?

余裕があったら、どんな選択肢があるのか伝えてみましょう。

We have cookies, muffins, and pastries.
(クッキー、マフィン、パン菓子などがありますよ。)

他にご注文はございますか?

Anything else?

同じ意味で以下のフレーズも使えます。

  • Is that all?
  • Is that everything?

お会計12ドルでございます。

That will be $12, please.

こちらがおつりです。

Here is your change.

あちらでご注文の品を受け取って下さい。

You can pick up your order over there.

あちらの赤いランプの下で少々お待ちください。

Please wait for your order under that red light.

日本のコーヒーチェーンの多くは、ランプの下でドリンクを渡すパターンが多いですね。

お席までお持ちします。

We will bring your order to your table.

時間がかかるので、席まで持っていくことを伝えたい時に使います。

どうもありがとうございました!

Thank you so much.

ごゆっくりどうぞ!

Enjoy your drink! 

コーヒーの種類を英語で言ってみよう

また今回はカフェの番外編として、一般的によく注文される人気のコーヒーの種類をご紹介したいと思います。意外と知らないコーヒーの種類も合わせて見ていきましょう。

Espresso:エスプレッソ

コーヒー豆を深く焙煎して、専用のマシンでエスプレッソ式抽出したもの。

Americano:アメリカーノ

  • Espresso+Hot water
    《エスプレッソ+お湯》

Cappuccino:カプチーノ

  • Espresso + Steamed Milk + Foamed Milk
    《エスプレッソ+蒸気で温めた牛乳+泡立てた牛乳》

シナモンやココアパウダーを上に乗せて飲むとGood!

Caffe Latte:カフェラッテ

  • Espresso+Milk (or Steamed Milk)
    《エスプレッソ+牛乳(または豆乳)》

発祥の地イタリアでは、エスプレッソに牛乳を混ぜたもの。アメリカではエスプレッソにスチームミルクを混ぜるのが一般。

Caffe mocha (Mochachino):カフェモカ(モカチーノ)

  • Espresso+Steamed Milk+Chocolate (or Cocoa)
    《エスプレッソ+蒸気で温めた牛乳+チョコレート(またはココア)》

Cafe Macchiato カフェ マキアート

  • Espresso+Foamed Milk
    《エスプレッソ+泡立てた牛乳》

エスプレッソに少量の泡立てた牛乳を注いだもの。

Cafe au Lait カフェオレ

  • Drip coffee+Milk
    《ドリップコーヒー+牛乳》

カフェオレはエスプレッソを用いず、コーヒー豆を浅く焙煎し、ドリップ方式で抽出したドリップコーヒーと牛乳を混ぜたものです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、カフェで外国人のお客様に対して使える英語のフレーズ、またカフェでよく見るコーヒーの種類の違いも合わせてご紹介致しました。

カフェで働くには、フレンドリーな接客はもちろんのこと、オススメのメニューを聞かれたり、商品の違いを説明する機会もしばしば。

シンプルなコーヒーの種類の違いを理解して、お客様とのコミュニケーションを楽しみましょう!

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/