「うわ〜」「えっ?」など英語で20選!気持ちや反応を表す感嘆詞一覧

日本語でも驚いた時や感心した時などに「えっ?」「へぇ〜」「うわっ!」「うーん」などの言葉がついつい出ますよね。

英語でもこれに当てはまる表現がたくさんあります。

このように感動や応答、呼びかけとして使う言葉を『感嘆詞(かんたんし)』といい、言い方は感嘆詞以外にも『感動詞』『間投詞(かんとうし)』『嘆詞(たんし)』と呼ばれることもあります。

ちなみに、感嘆詞は英語でInterjectionといいます。

今回は、英語をよりナチュラルに話すために便利な感嘆詞について。日常生活ですぐに使えそうなものから、意外と日本人が知らないもの、時と場所をわきまえて使うべき表現まで一覧にまとめてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

覚えておくと超便利!【日本語⇄英語】感嘆詞一覧

状況 日本語 英語
驚いた時 えっ? Huh? / What?
おお! Oh! / Wow! / Whoa!
おっと!やばい! Oops! / Oopsies!
なんて〇〇なんだ! What a ~
How ~
あいづち ふむふむ、うんうん Uh-huh / mm hm
うーん、ふーん(悩み・考え中) hmmm
呼びかけ ねぇ Hey
喜んでいる時 やった!イエイ! Yay!
やった!万歳! Hooray!
やったー!ヤッホー! Woohoo!
ネガティブな反応 うわ〜、あ〜 Ugh
げっ(汚い、きもい) Yuck!
うえっ(きもい) Ew / Eww
えー!(避難・ブーイング) Boo!
チッチッ(舌打ち) Tsk-tsk
怒りやストレス あー / あ”ー(怒り) uhhh / grrr
ゲー!クソー!(怒り) Gah!
はぁ(ため息) Duh!
その他 ふぅ〜(安心した時) Phew
ブルブル、寒い Brr
ゴホン(咳払い) Ahem
困った時 / 感動した時など Aww!
邪悪な笑い / 大爆笑 Mwahahaha / Bahahaha

知っているものもあれば、初めて見るものもあるのでは?

会話だけでなく、カジュアルなメールやテキストメッセージでもよく使われている表現なので、自分の日常生活の中で使えそうなものを覚えておくと便利でしょう。

それでは早速、一つ一つ発音や例文などを含めて詳しく見ていきましょう。

1.Huh? / What?

  • 意味:「えっ?」「はっ?」
  • 発音:Huh(ハァ?) / What?(ワッ?)
  • 状況:驚き・聞き返し・イラっとした時(※同意を求める時→Huh「だよね?」)

ネイティブが日常会話で非常によく使う感嘆詞。驚きや聞き返す時に使います。

“Huh?”は驚き・聞き返し・イラっとした時に加えて、同意を求める時にも使われます。(文の最後の”~, right?”と同じ用法です)

“What?”は”Huh?”よりもさらに強い驚きや聞き返しで、「何?」というよりは「ちょっと待ってどういうこと!?」みたいなニュアンスです。言い方によってはキツく聞こえてしまうので注意しましょう。

【例】声が聞こえにくい電車の中

A: What are we doing after lunch?
「ランチのあと何する?」
– B: Huh? Sorry, what did you say?
「えっ、ごめん何て言った?」

【例】驚きのニュースを聞いた時

A: Mary is leaving Japan next week.
「メアリー来週日本出るって。」
– B: What!? She told me she would stay longer.
「えっ!?もっと長く滞在するって言ってたのに!」

【例】同意を求める時

It’s a pretty nice place, huh?
「結構いい場所でしょ?」

2.Oh! / Wow! / Whoa!

  • 意味:「おお!」「わー!」
  • 発音:Oh(オー)/ Wow(ワオ)/ Whoa(ウォウ)
  • 状況:驚いた時・驚いて興奮した時など

驚いた時や興奮した時に使う感嘆詞。ただし”Oh”と”Wow”は言い方によっては落胆の意味に聞こえることも。

驚いた時や興奮した時は、テンション高くちょっと大げさなくらいに言うのが良いでしょう。

Oh, really? I didn’t know that.
「おー!本当に?知らなかった。」

Wow! This is the best birthday gift I have ever had in my life.
「おお!これは人生で一番嬉しい誕生日プレゼントだよ。」

Whoa! We will soon be arriving at Disneyland!
「わー!もうすぐディズニーランドに着くよ!」

3.Oops / Oopsies

  • 意味:「おっと」「やばい」「しまった」
  • 発音:Oops(ウップス) / Oopsies(ウップシーズ)
  • 状況:びっくりした時、何かに気づいて驚いた時など

びっくりした時や、ヘマをした時などに使う定型フレーズ。

道でつまづいて”Oops”、軽い失敗をしてしまって”Oops”など、ネイティブが自然と口から出てくる感嘆詞です。

“Oopsies”は”Oops”よりも可愛らしい言い方で、主に女性が使います。

【例】道で人とぶつかってしまって・・・

Oops, sorry! Are you okay?
「おっと、ごめんね!大丈夫?」

【例】ブリトニーの男を弄ぶ感じの曲名としても有名

Oops, I did it again.
「やばっ!またやっちゃった」

4.What a + (名詞)! / How + (形容詞)!

  • 意味:「なんて〜なんだ!」
  • 発音:What a ~(ワッタ…/ ワラ…) / How~(ハウ…)
  • 状況:特定のものに対して驚いたり、感動した時

出来事やもの、人に対しても使える驚きや感動の感嘆詞

Whatの後にはものや人などの名詞が続き、Howの後には状態や性格を表す形容詞が続きます。

Wonderful(素晴らしい)やKind(親切な)といったプラスの言葉を入れても、Rude(失礼な)、Hell(地獄)といったマイナスの言葉を入れて使うこともできます。

What an amazing view!
「なんて素敵な景色なの!」

What a cute boy!
「なんて可愛い男の子なの!」

What the hell!
「なんてこった!」

How kind of you!
「あなたはなんて親切なんだ!」

How beautiful!
「なんと美しい!」

How rude of you!
「君はなんて失礼なんだ!」

5.Uh-huh / mm hm

  • 意味:「うんうん、ふむふむ」
  • 発音:Uh-huh(アーハー)/ mm hm(ンーフー)
  • 状況:相手の話にあいづちを打つ時

海外ドラマや映画でもよく聞く感嘆詞「アーハー」「ンーフー」というやつです。一般的にあいづちの際に使われます

日本語で言う「うんうん、それで?」と話を聞きながら続きを促したり、電話口であなたの話を聞いているよというあいづちとして使ってみましょう。

Uh-huh. Go on.
「うんうん。(話を)続けて。」

Mm hm, okay.
「ふむふむ、なるほど。」

6.Hmmm

  • 意味:「うーん」「ふーん」
  • 発音:Hmmm(ふんー、ふぅー)※口を閉じて鼻から息と声を吐き出す感じ
  • 状況:相手との会話の中で、返信を考えている時など

考え事をしている時に使う感嘆詞。相手との会話中に考えていることを示す際にも使えるし、独り言でも使います。

Hmmm… I wonder where?
「うーん、どこだろう?」

Hmmm. I have no idea what we should do.
「うーん、何をすべきかさっぱりわからないや。」

7.Hey

  • 意味:「ねぇ」
  • 発音:Hey(ヘィ)
  • 状況:呼びかけ

友達同士や家族など身近な人に使うカジュアルな呼びかけです。日本語で言う「ねぇ」。

2回続けて”Hey hey!”「ねぇねぇ!」「ちょっと、ちょっと!」と言うこともあります。

Hey, where are you going?
「ねぇ、どこ行くの?」

Hey hey! You dropped something!
「ちょっと、ちょっと!何か落としたよ!」
※相手が明らかに目上の人や、初対面の人の場合は、”Hey hey”の代わりに”Excuse me”を使うのが良いでしょう。

8.Yay / Hooray / Woohoo

  • 意味:「やったー」「万歳!」「わーい!」
  • 発音:Yay(イェィ)/ Hooray(フーレイ)/ Woohoo(ウーフー)
  • 状況:喜んでいる時、興奮している時

欲しいものが手に入った時、行きたかったコンサートのチケットが買えた時、勉強や練習の結果が出た時、などなどなど、喜びや興奮している時などに多く使われるフレーズです。

“Yay”は「よっしゃ」「イェイ」といった軽めのものから「やったー」と思いっきり喜んでいる時まで幅広く使います。

“Hooray”は「万歳」の意味があり、意訳すると「わーい!」といったニュアンスになります。とても嬉しいことがあった時に叫ぶ感嘆詞として有名です。

“Woohoo”も喜びを表す「わーい」や「やったー」を表すカジュアルな感嘆詞です。

Yay, I finally did it! Woohoo!!!
「よっしゃ、ついにできた!ヤッホー!!!」

Hooray!!! I got a new DSLR camera!
「わーい!新しい一眼レフカメラ買ったよー!」

9.Ugh

  • 意味:「うわっ」
  • 発音:Ugh(アーッ(グ)
  • 状況:嫌悪感や不快な気持ちを表す

めんどくさい、つまらない、イライラ、気分が悪いなどの嫌悪感や不快感をあらわすときに幅広く使える感嘆詞です。

Ugh, I made the same mistake again.
「うわ〜!また同じ間違いしちゃった。」

Ugh, I don’t like this class. It’s really boring!
「あ〜このクラス嫌い。超つまんないんだもん!」

10.Yuck / Ew / Eww

  • 意味:「げっ」「うえっ」「おえっ」
  • 発音:Yuck(ヤック)/ Ew(w)(ウゥゥ)
  • 状況:汚いものや気持ち悪いものを見た時

汚いもの、気持ち悪いものを見たり、ニオイを嗅いだり、食べたりしたときに嫌悪感をあらわす感嘆詞。

吐き気がするような嫌悪感の時に使います

Yuck! What’s this smell?
「うぇっ!なにこのニオイ!」

Eww, he is really disgusting.
「げーっ、彼マジでキモい」

スポンサードリンク

11.Boo!

  • 意味:「えー!」「おいー!」(ブーイング)「わっ!」
  • 発音:Boo(ブー)
  • 状況:何かを非難する、ブーイングするとき、人を驚かす時

反対や不満のブーイングの気持ちをあらわす時に使う感嘆詞。スポーツなどで審判へのブーイング、納得いかないことへの不満などを示します。

非難・ブーイング以外に、人を驚かすときにも使われ、日本語の「わっ!」に当てはまります。赤ちゃんや子どもに対していう「いないいないばあ!」は英語で”Peek-a-boo!”といいます。

Boo! That’s not fair!
「おいー!フェアじゃない(ずるい)ぞ!」

Boo! I am a ghost!!
「わあっ!オバケだぞ〜」

12.Tsk-tsk

  • 意味:「チッチッ」
  • 発音:Tsk-tsk(チッチツ)
  • 状況:非難や否定をする時

舌打ちの音を出して、非難や否定をあらわす感嘆詞。日本の舌打ちは「チェッ」と一言で吐き捨てるものもありますが、”tsk-tsk”は人差し指を立てて横に振って「チッチッ」と言う仕草が当てはまります。

You don’t get the point. Tsk-tsk.
「大事なことがわかってないな。チッチッ!」

13.Uhhh / Grrr

  • 意味:「あー」「あ゛ー」
  • 発音:Uhhh(アー)/Grrr(ガー / ガルルル)
  • 状況:怒ったり、ストレスが溜まっている時

機嫌が悪かったり、怒ったり、ストレスが溜まっている時に使う、うなっているような音をあらわす感嘆詞。

  • Uhhh! The vacuum cleaner is not working again!
    「あー!また掃除機が動かなくなっちゃった!」
  • Grrr! He is really freaking me out!
    「あ゛ー!彼のせいでマジイライラする!」

14.Gah!

  • 意味:「ゲー」「くそー!」「あーもう!」
  • 発音:Gah(ガー)
  • 状況:悔しい・怒り・いらだち

何かを必死でやろうとしても上手くいかない時の悔しさ、怒り、いらだちをあらわす感嘆詞です。

パソコンの設定にてこずってイライラしてる時

Gah! I hate computers!
「くそー!パソコンなんか大嫌い!」

15.Duh

  • 意味:「はぁ」「当たり前のことを聞くな」「今さら何言ってんだ」
  • 発音:Duh(ダァ)
  • 状況:当たり前だとつっこむ時、呆れてため息をつく時

相手が言わなくてもわかるような当たり前のことを言ったり、今更わかりきったことを話題に持ち出してきたときに、呆れたように言い放つ感嘆詞。

「言われなくてもわかってるよ」「だから今やってるんだろ」といった皮肉まじりの表現です。

掃除中に遊びに来た友達が一言

A: Hey! Your room is so messy!
「おい!部屋めっちゃ散らかってるな!」

– B: Duh! That’s why I’m cleaning now. Don’t get in my way!
「はぁ〜、だから今片付けてんだろ。ほら、そこどいて!」

16.Phew

  • 意味:「ふぅ~良かった〜」
  • 発音:Phew(ヒュー / フィユー)
  • 状況:ホッとした時、安心したときのため息

ピンチを乗り切った後や、大仕事を終えた後などに使う、ホッとしたことをあらわす感嘆詞。

飛行機にぎりぎり間に合った時や、締め切り間際の仕事をようやく終えた時の「ふぅ~良かった~」がしっくり当てはまります。

Phew, that’s a relief.
「ふぅ、ホッとした〜。」

17.Brrr

  • 意味:寒い、ブルブル
  • 発音:Brrr(バー ※Rの音をしっかり発音する)
  • 状況:寒い時、寒くてブルブル震えている様子

寒さをあらわす感嘆詞。寒くてブルブル震えている様子を示しています。”Brrrrrr”とRの数を増やすことで、寒さの度合いを示すことができます。

Brrr! It’s freezing cold today.
「ブルブルっ!今日は凍えるくらい寒いね。」

18.Ahem

  • 意味:咳払い、ゴホン
  • 発音:Ahem(日本での咳払い同様、喉をならす)
  • 状況:人の注目を集める時、人の言動を非難する時

注目を集めるときや、言動を非難するときに使う咳払いをあらわす感嘆詞。

日本語では咳払いを「ゴホン」と書くことがありますが、英語では”Ahem”「エヘン」と書きます。ただし発音は「エヘン」という必要はなく、自分がいつもする咳払いで問題ありません。

Ahem. Everybody quiet please!
「ゴホン。みんな静かにしてください!」

19.Aww

  • 意味:「あ〜」状況による
  • 発音:Aww(ア〜)
  • 状況:同情する時、困った時、感動した時、喜んでいる時 etc…

状況によって様々な意味をもつ感嘆詞。

感動したときや、喜んでいるときの「あ~」「わ~」「きゃ~」、困ったときや同情しているときの「あ~」「あらら」「え~」のように、文脈や状況によってポジティブにもネガティブにもなります。

Aww, you are so sweet.
「あ〜、あなたは本当に優しいね。」(感動)

Aww, you poor baby…
「あ〜、かわいそうに・・・。」(赤ちゃんに対しての同情)

20.Mwahahaha / Bahahaha

  • 意味:大爆笑
  • 発音:Mwahahaha(ムワハハハ)/ Bahahaha(ブワハハハ)
  • 状況:悪役が何か企んでいる時、大爆笑している時

笑い声をあらわす”hahaha”の応用。悪役の邪悪な笑い方として有名で、何かを企んでる時に使われる”Mwahahaha”と、メールなどでの大爆笑で使われる”Bahahaha”など、笑いの種類によって使い分けてみましょう。

Mwahahaha! You will regret your own word!
「ムワハハハ!その言葉、いずれ後悔するだろう!」

Bahahaha! That’s hilarious!
「ブワハハハ!それ超ウケる!」

まとめ

以上、英語をよりナチュラルに話すために便利な感嘆詞を20種類まとめてご紹介しました。

ネイティブのSNSやメッセージで見たことはあるけど、意味は知らなかったという感嘆詞も多いのではないでしょうか?

是非この機会に使えそうな感嘆詞を覚えて、日常会話やメッセージでのやりとりに活用してみて下さい!参考にどうぞ☆

スポンサードリンク