海外旅行のための化粧品の知恵袋|特にサンプルは便利でおすすめ

留学とワーホリ

海外旅行や留学、ワーホリの持ち物で、持って行き方に悩むものといえば化粧品。

特に敏感肌の方は、水が合わなかったり、海外の製品では強すぎたりするので、いつも自分が使っているものを持って行きたいですよね。

でも、海外に化粧品を持っていく際に気をつけなければならないのが、飛行機に乗せる液体の制限やルール。

国内線と違って、国際線は液体持ち込みのルールが厳しいので、渡航前に必ずチェックしましょう。

ということで今回は、海外への旅行・留学のための化粧品のあれこれをご紹介したいと思います。

【1】化粧品の機内持ち込み制限に注意!

まず最初に、国際線で海外に渡航する場合に要注意なのが、液体物の機内持ち込み。

ペットボトルの飲み物や大きな化粧水のボトルなどは手荷物として機内に持ち込むことができません。

国際線ご利用の際、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されております。

_空港公式サイトより

ただ化粧品の場合、クリームなどは液体じゃないから大丈夫なんじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、クリームや塗り薬なども液体にバッチリ含まれます。

事実、量的制限の対象となる液体物の例として・・・

軟膏、救急用塗り薬、日焼けローション、保湿クリーム、ハンドクリーム、薬用クリーム(医薬部外 品)、化粧水、液状コンシーラー、化粧下地クリー ム、ボディーローション、スキンローション、洗顔フォーム、メイク落とし

これら女性にとっては必需品が全て液体物としてみなされ、持ち込みが制限されてしまうのです!

【2】化粧品(液体物)を海外に持っていく3つの方法

では、普段使っている化粧品を海外に持って行きたい場合、一体どうしたらいいのでしょうか。

①スーツケースなど預け荷物の中に入れる

飛行機内に持ち込むのはNGですが、預け荷物として持っていくのはOK!

長期の旅行や留学の場合は、荷物を預ける人が多いでしょう。預け荷物の中に、しっかりと蓋を閉めた状態で入れておけば問題なく持っていくことができます。

②出国手続き後の免税店で購入する

手荷物検査を終えて、出国手続き後の免税店エリアで買った液体物は持っていくことができます。

ブランド物の高品質な化粧品が免税価格で買えるので、好きなブランドがある方は、出国後の時間を上手く使って化粧品をゲットしましょう。

③100mlの小分けにして、1L以下のジッパー付きビニール袋に入れる

「短期間の旅行で預け荷物がない」
「格安のLCCなので預け荷物にお金がかかってしまう」
「預け荷物もないしブランド物の化粧品もいらない」
「途中の乗り継ぎて一泊分の化粧品が必要」
「機内で乾燥するから保湿系の化粧品を持ち込みたい」

こんな方々も多いのではないでしょうか?

①②の方法以外で化粧品を持って行きたい、機内に持ち込みたい方は、ちょっと面倒かもしれませんが、小分けにして機内に持ち込める容量におさえましょう。

上の右図のように、それぞれの化粧品を100ml以下の容器に移し換えて、1L(リットル)以下のジッパー付きのビニール袋、もしくはビニールポーチに入れます。

詰め替えが面倒であれば、空港内で旅行用の100ml以下の容器に入っている化粧品を買うこともできます。ジッパー付きビニール袋やビニールポーチも割高ではありますが売っています。

(※1リットルの袋は、透明で中身が見えるものでなければいけません。)
(※画像は20cm × 20cmですが、1リットル以内であれば形が違ってもOK)

【3】経験者おすすめ|海外旅行に持っていく化粧品一式ならコレ!

最後に、化粧品を機内に持ち込む時に役立つ便利なアイテムや小技をご紹介します。知っておいて損はないですよ!

①100円均一の100ml以下の容器+ジップロックでコスパ◎

最もコスパの良い持って行き方は、100円均一を有効活用することです。100mlや50mlの空の容器が売っているので、いつも自分が使っている化粧品を詰め替えて持っていきましょう。

容器とジップロックだけ買えばいいので、(持っていく化粧品の種類や数にもよりますが)だいたい500円くらいで済むでしょう。

②無印のミニ化粧品シリーズは便利でお肌にも優しい!

旅行用の化粧品一式を買いたいけど、どのメーカーやブランドのものを買えばいいかわからない、しかも敏感肌だから合うかどうかも不安、という方におすすめなのが無印良品の携帯用化粧品シリーズ。


(Mioの私物です!海外渡航の際にいつもお世話になってます^^)

携帯用は50mlなので、持ち込み液体物としても条件クリア。シンプルで便利、そしてお肌にも優しいので、多くの方におすすめできます。

空港店舗なら持ち込み用にできる透明ビニールポーチも売っているところもあります。

③化粧品のサンプルやトライアルはどんどん活用するべき!

旅行時にかなり役に立つのが、化粧品売り場やネット通販で安く購入できたり無料でもらえたりするサンプル品やトライアル品。

今まで無料サンプルやお試しセットがあっても、すぐになくなってしまって効果がわからなかったり、もったいなくていつ使えばいいかわからなかったりしたのですが、旅行の時にものすごい力を発揮します。

特に、日本から離れ海外に行く場合、現地の化粧品や日本で安く買った化粧品だと、肌荒れを起こす危険性も。せっかく楽しい海外旅行なのですから、お肌のトラブルに悩まされたくないですよね。

サンプルやトライアルは良質な商品でも比較的安い金額で買えるので、こういう時こそ良いものを試してみるといいですよ。

ちなみにこちらは『ライスフォース』の10日間のトライアルセット。名前の通り、ライスつまり米(米ぬか)が使われた、保湿&美白効果バツグンの化粧品一式です。

化粧水+美容液+クリームの3点セットは通常5,000円が特別に900円で販売中。化粧水+美容液+クリーム+美白美容液+日焼け止めの5点セットは7,400円→1,400円で販売中。

『ライスフォース』は一例に過ぎず、他にも多くのメーカーがトライアルを出しているので、お気に入りの化粧品にサンプルがあるかチェックしてみてください。

まとめ

以上、今回は海外旅行に化粧品を持っていくときに知っておくべき役立つ情報と、おすすめの化粧品やサンプルをご紹介しました。

現地でももちろん化粧品は売っていますが、現地でつくられたものだと日本人の繊細肌には合わないことが多いです。特に肌荒れ中の方や敏感肌の方は、少しかさばったとしても日本のものを持って行くのをおすすめします。

是非、海外旅行・留学・ワーホリで化粧品を持っていく際の参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク