迷ったらコレ!経験者が選ぶ留学時におすすめのクレジットカード7選

海外留学の準備をする時に、多くの人が悩むことの一つとしてあげられるのがクレジットカードについて。

「留学向きのクレジットカードはどれ?」
「そもそも留学にクレジットカードは必要なの?」
「留学のためだけにわざわざクレジットカードを作るのはちょっと面倒・・・。」
「海外保険やサポートがついているクレジットカードが安心!」

などなど、いろんな疑問や要望があるのではないでしょうか。

今回は、フィリピン留学と欧米留学の経験者として、クレジットカードの必要性や効果的な使い方、そして留学の時におすすめのクレジットカードを7つピックアップしてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

留学にクレジットカードは必要?

まず最初に、留学をする上でクレジットカードを持っていく必要はあるのかという疑問ですが、自分の経験上クレジットカードはあった方が絶対に安心です。

特に欧米圏ではレストランやスーパーでの買い物など決して大きな金額でなくても、クレジットカードの使用率はかなり高いです。多くの現金を持ち歩くよりは、クレジットカードを上手く使い分けて損はないでしょう。

ただし、クレジットカードを持っていく上で注意してほしい国がフィリピン。フィリピン国内では、まだクレジットカードの普及率は低く、クレジットカード対応のお店も欧米に比べて多くはありません。

中級以上のホテルやレストラン、カフェでは使えますが、ローカルなお店や交通機関では使用することができないので、必ず現金もある程度持って行くようにしましょう。

クレジットカードは何枚持っていく?

MIO
留学予定者によく聞かれる質問です!
留学に持っていくクレジットカードの枚数ですが、私はいつも2枚持っていくようにしています。

あるカードが使えなくなって現金も少ない時に、あと1枚があると安心感はバツグンです。でも、あまりにも多くのカードを持ち歩くと盗難などが怖いので、最大でも2枚と決めています。
持ち歩きは1枚、予備の1枚はスーツケースや金庫などに入れて施錠しておくとより安心ですよ。

クレジットカードを選ぶ時のポイント①国際ブランドをチェック

クレジットカードをつくるとき、国際ブランドを選びますよね。”VISA”とか”JCB”とか、いくつか種類がありますが、日本国内では問題ないのに、海外に行くと使えなくなる、対応してもらえなくなるものもあるので、注意が必要です。

基本的にクレジットカード対応の店ならどこでも受け入れてくれる国際ブランドが以下の2つ。

  • VISA
  • Master card

安定のビザ・マスター。どちらか、もしくはどちらも持っていて損はないでしょう。

逆にちょっと注意が必要なのが、以下のクレジットカード

  • American Express
  • JCB

対応していない店・施設もあるので、単体での持っていくことはおすすめしません。

もちろんポイントや、用途によって使い分けている人もいると思うので、AMEXやJCBを携帯することは全く問題ないですが、使用できないときのために、VISA / Master cardを常備しておくことをおすすめします。

クレジットカードを選ぶ時のポイント②保険の付帯条件をチェック

最近では海外旅行保険が付帯されている大変便利なクレジットカードが多いです。

クレジットカードに付帯の保険のメリットは、便利な上に追加の保険料がかからないこと。カードを持っているだけで約3ヶ月間の海外保険の役割を果たしてくれるのだから活用しなきゃ損ですよね。

ただし、ここで必ずチェックしてほしいのが、現在持っているカードやこれから作ろうとしているクレジットカードが【自動付帯】か【利用付帯】かということ。

クレジットカードの海外保険には【自動付帯】と【利用付帯】の2種類に分かれているので、自分が持っているクレジットカードはどちらのタイプの付帯なのかは必ず確認しておきましょう。

自動付帯 利用付帯
カードを持っているだけで海外で保険に加入状態になる カードを使って航空券などを支払えば保険に加入状態になる

自動付帯だと思い込んでいたら、実は利用付帯だった、なんてことも。気を付けましょう。

【自動付帯】の場合はただ持って行けばいいだけですが、もし【利用付帯】だとしても最近では航空券などはインターネットのサイトで購入することが多いので、海外旅行対応のクレジットカードで航空券を買えばそれでOKです。

MIO
クレジットは海外慣れしている人にはラクだし、最大で3ヶ月間ほどカバーしてくれるものも多いので、大いに利用すべきだと思います!
私自身も海外渡航のほとんどをクレジットカードの保険でまかなってきました。

スポンサードリンク

留学の時におすすめのクレジットカード7選

それでは、ここから留学経験者が選ぶおすすめクレジットカードを7種類、順番に見ていきましょう。

①楽天カード :貯めたポイントの使い道いろいろ!

年会費:永年無料
  • 国際ブランド :VISA / Master / JCB
  • 発行までの期間:約1週間(3〜9日程度)
  • 海外旅行保険 :利用付帯(出国日から3ヶ月後まで適用)
楽天市場・楽天トラベルなどで買い物時ポイント使用可能

持ちたいカードNo.1のCMでお馴染みの楽天カード。ネットショッピングもあり、ポイントもためやすいカードです。さらに、楽天カード海外旅行時にもいろいろと特典有り。

海外渡航者に楽天カードをおすすめしたい理由の一つにあげられるのが海外旅行傷害保険の充実。利用付帯なので、旅行代金(航空券代など)をカードで支払うことによって保険が適用されます。

嬉しいのは、他の年会費無料のカードに比べて、保険の適用額が高いこと。万一の事故や病気に備えられますね。

傷害保険に加えて、空港までの手荷物宅配の割引があったり、WI-FIのレンタルも20%OFF。ポイントをANAマイルに移行することもできます。

楽天カード申込みはこちら

②EPOSカード :買い物好きや旅行好きにピッタリ!


年会費:永年無料
  • 国際ブランド :VISA
  • 発行までの期間:約1週間
  • 海外旅行保険 :自動付帯(出国日から最大90日間適用)
エポスポイントはマルイでの割引の他に、商品券や各種ポイント・マイルなどに交換可能

持っているだけで優待盛り沢山のマルイのエポスカード。日本でも様々なレストランやカラオケ、ホテルなどで優待を受けることが出来ます。

そして特定の旅行会社でカードを利用するとポイントがなんと3~10倍にも!このエポスポイントをANAのマイルに移行することも可能です。

海外旅行保険も自動付帯なので、持っているだけで保険適用。傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、救援者費用、携行品損害など幅広くカバーしてくれます。世界38都市に現地ヘルプデスクがあり、日本語でサポートしてくれるのが嬉しいですね。

EPOSカード申込みはこちら

③三井住友カード :海外携行用にバツグンの安心感


年会費:¥1,250~¥1,500
(初年度年会費無料)
  • 国際ブランド :VISA / Master
  • 発行までの期間:最短3営業日(ネット申込み)
  • 海外旅行保険 :利用付帯(最長3ヶ月間適用)
景品交換、マイレージ変換可能、キャッシュバック可能

世界中で問題なく使えると定評がある三井住友カード。

基本のクラシックには「クラシック」と「クラシックA」の2種類があり、「クラシックA」は年会費が¥1,500+税と少し高い分、旅行保険が充実。海外・国内旅行両方に対応し、保険の適用額も上がります。国内外問わず旅行が好きなら「クラシックA」がおすすめです。

また、海外におけるサポートデスクの対応の速さや的確さにも定評があるので、初めて海外に行く方にもおすすめです。何か問題が起きた時にも、日本の大手銀行、三井住友フィナンシャルグループ系列なので安心感はバツグンですね。

年会費がかかるのが難点ではあるものの、年会費分に値するサポートはしっかりついていますよ。

三井住友カード申込みはこちら

④JALカード :マイルをためて空の旅に活用


年会費:¥2,160
(入会後1年間は無料)
  • 国際ブランド :VISA / Master / JCB / American Express
  • 発行までの期間:約4週間
  • 海外旅行保険 :自動付帯(出発日より90日間適用)
マイルを航空券に変換、座席アップグレード、航空券やツアーのクーポンなど

留学以外にも海外旅行や、飛行機移動の旅行が好き、マイルをためて賢く旅行したい人にオススメなのが、JALカード。

毎日の買い物、公共料金やETCカードのご利用でも自動的にマイルがたまるので、日常生活で無理なくマイルをためることができます。マイルへの移行手数料や面倒な手続きも不要。

JALグループや提携航空会社の航空便をよく使う人は、お得な割引やサービスを受けることができます。

海外旅行保険も自動付帯なので、航空券などの旅行代金を払わなくても持っているだけで適用。国内旅行・海外旅行どちらにも対応しています。

ただし、発行まで約1ヵ月かかるので、留学前に確実に申し込みを終わらせ準備しておきましょう。

JALカード申込みはこちら

⑤学生専用ライフカード :学生ならではの特典盛りだくさん


年会費:永年無料
  • 国際ブランド :VISA / Master / JCB
  • 発行までの期間:最短で3営業日
  • 海外旅行保険 :在学期間中のみ自動付帯(最長90日間適用)
海外ショッピング利用5%キャッシュバック、学生専用お問い合わせ窓口有り

最近では大学在学中に長期休暇を使ったり、1年休学して海外留学に行く学生さんがとっても増えています。

そんな学生さんにピッタリのクレジットカードが、その名の通り「学生専用ライフカード」。大手『ライフカード』から学生に嬉しい特典盛りだくさんのクレジットカードが登場です。

在学中に加入すれば、年会費は学校卒業後も永久無料。学校に在学中の期間は、クレジットカードの保険が自動付帯なのが嬉しいポイントですね。カードを利用しなくても携帯しているだけで保険が適用されます。

学生専用お問い合わせ窓口があるので、クレジットカードを持つのが初めての方でも安心。海外渡航前にいろいろ問い合わせておくとよいでしょう。

ライフカード申込みはこちら

⑥セゾンブルー アメリカン・エキスプレス・カード :海外旅行サポートが充実


年会費:¥3,000
(25歳以下は無料)
  • 国際ブランド :American Express
  • 発行までの期間:最短即日
  • 海外旅行保険 :自動付帯(出発日より90日間適用)
海外旅行保険内容や手荷物宅配サービスなどのサポート充実

年会費が高い「アメリカン・エキスプレス・カード」が「クレディセゾン」の提携により、年会費が劇的に下がった『セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード』。

年会費を3,000円に抑えつつも海外保険や海外サポートの内容がトップレベルとされる、留学のみならず海外旅行好きの若年層にピッタリのカードです。(しかも25歳以下なら年会費無料。)

ただし、国際ブランドが「American Express」のみとなっているので、コレ1枚での渡航はおすすめしません

海外保険の内容が充実しており、さらに自動付帯なので、保険やサポート専用のカードとして持っていき、現地で使う用にビザかマスターの国際ブランドがついている別のカードを持っていくのが良いでしょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード申込みはこちら

⑦セゾンゴールド アメリカン・エキスプレス・カード :持っているだけで優越感


年会費:¥10,000
  • 国際ブランド :American Express
  • 発行までの期間:最短3営業日
  • 海外旅行保険 :自動付帯(出発日より90日間適用)
海外利用ポイント2倍や空港ラウンジ使用などの特典たくさん

本家の「アメックス」の場合、最も年会費の安いグリーンでも12,000円、ゴールドだと29,000円とちょっと躊躇してしまう金額ですよね。

しかし『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』なら、年会費1万円で、お値段以上の好待遇を受けることができるのです。

特に海外保険内容が充実しており、航空機遅延費用の補償なども行ってくれます。また、国内の空港ラウンジの利用もできたりと、持っているだけで優越感を感じられる特典がそろっています。

ただし、『セゾンブルー・アメックス』同様、国際ブランドが「American Express」のみなのが難点。もう1枚、ビザかマスターの携帯で安心です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード申込みはこちら

おすすめのクレジットカードの海外保険の上限額を比べてみました

年会費 付帯 傷害死亡
後遺障害
疾病治療 携行品
損害
楽天カード 無料 利用 2,000万円 200万円 20万円
EPOSカード 無料 自動 500万円 270万円 20万円
三井住友カード
(クラシックA)
1,500円 利用 2,000万円 100万円 20万円
JALカード 2,160円 自動 1,000万円 なし なし
学生専用
ライフカード
無料 自動 2,000万円 200万円 20万円
セゾンブルー
アメックス
3,000円 自動
3,000万円 300万円 30万円
セゾンゴールド
アメックス
10,000円 自動 5,000万円 300万円 30万円

まとめ:各カードの特徴を活かして組み合わせよう

以上、経験者が語る、留学時におすすめのクレジットカードを7種類、選ぶ際のポイントや必要性なども交えてご紹介しました。

結論としては、留学に行く際にクレジットカードは絶対にあった方が安心だし、お得なことがたくさんあります。

ただし、持っていくクレジットカードを選ぶ際には、国際ブランドや海外保険の付帯条件をチェックすることを忘れずに!そして何よりも盗難や使用不可などの状況に十分気をつけましょう。

MIO
個人的なおすすめは、普段使いで使える王道カード+サービス・特典・保証がしっかりついているカードの組み合わせですね。

私自身、日本国内でポイントをオトクにためて使える王道の『エポスカード(VISA)』に、補償内容やサービス内容がバツグンに良い『セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス』を組み合わせて使っていました。
海外旅行や留学を複数回考えている方なら、これだけのサービスや補償がついて年会費1万円なら全然安いです。

今現在は、年間海外渡航回数が減ってきたことに加え、エポスカードをゴールドカードに無料でランクアップできたので(通常は年会費5千円)、今は『楽天カード』と『エポスゴールドカード』の組み合わせで、適度に空港ラウンジを使ったりと、上手く活用しています。

このように、2種類のクレジットカードを上手く組み合わせることで、より効果的にオトクにクレジットカードを活用できるでしょう。

是非、参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク