デパートや免税店の販売員が使える接客英語フレーズまとめ

接客英会話

日本でも海外でも老若男女問わずお馴染みのデパート、百貨店、免税店。

今回はデパートなどの販売員が使える接客英語の基本フレーズをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】デパートや免税店スタッフが使える接客英語フレーズ

早速、デパートや免税店のスタッフが使える基本の接客英語フレーズを見ていきましょう。

いらっしゃいませ、何かお手伝いしましょうか?

Hi! Can I help you?
「こんにちは!何かお手伝いしましょうか?」

直訳は「手伝いましょうか?」ですが、何かお困りですか?お探しですか?質問はありますか?など幅広い意味で使えます。迷っていたり、明らかに何か探していそうな人がいたら、声をかけてみましょう!

Are you looking for anything in particular?
「何か特にお探しのものはありますか?」

決まり文句です。In particular =「具体的に」「特に」「格段」という意味で使えます。

Do you need any help?
「何か手伝えることはありますか?」

Please let me know if you need any help.
「何かあれば、お気軽にお尋ね下さい。」

サイズや色など探しているものを聞かれたら・・・

お客さん
  • Do you have this in Medium?
    『これのミディアムサイズはありますか?』
  • Do you have this in black?
    『これの黒はありますか?』

– Please let me quickly check.
「すぐにお調べします。」

– I’m afraid that we don’t have any of these left in stock.
「申し訳ありませんが、在庫切れです。」

試着したいと言われたら・・・

お客さん

Can I try this on?
『これを試着してもいいですか?』

– Sure, the fitting rooms are over there.
「もちろんです。試着室はあちらです。」

セール中(安売り中)のものについて聞かれたら・・・

お客さん

Is this on sale?
『これはセール中ですか?(安くなってますか?)』

– There’s a discount of 20% on this.
「こちらは20%オフとなっております。」

支払いの場所を聞かれたら・・・

お客さん

Where can I pay?
『どこで商品の支払いをすればいいですか?』

– The cashiers are over there.
「レジはあちらです。(あちらでお支払ください。)」

※Over there(あちら)の他にも、「The cashiers are on the first floor(レジは1階です)」 など応用して使ってみましょう。

トイレの場所を聞かれたら・・・

お客さん

Where is the washroom / bathroom / restroom?
『トイレはどこですか?』

– Please go up to the second floor, and you will see the sign.
「2階にあがると、トイレの案内板がありますよ。」

【2】店のタイプをそれぞれ英語で言ってみよう

意外と知らないデパートとショッピングモールの違いや、アウトレットの意味など、英語と日本語で見ていきましょう!

デパート・百貨店

Department store

…A store having separate sections for a wide variety of goods

様々な商品が、種類やセクションごとに分かれて売られている店

ショッピングモール

Shopping mall

…A large building with lots of different shops inside

各々独立した店が一つの大きな建物内に集結した、大型施設

※イギリス英語では、Shopping Centre

アウトレット

Factory outlet

…A shop where you can buy clothes directly from the factory

工場から直接出てきたメーカー品やブランド品などを低価格で販売している店

免税店

Duty-free shop

…A shop where you can buy goods with no tax, especially one at an airport or on board a ship, that sells perfume, tobacco, etc…

(空港や港などでよく見かける税金なしの価格で購入できる店。香水やタバコなどが売っている)

スポンサードリンク

まとめ

以上、デパートなどの販売員が使える接客英語の基本フレーズをご紹介しました。

大きなショッピングセンターやデパートで場所や商品を聞かれたら基本的なことだけでも英語で対応できるように練習してみましょう。

▶️もっと他のシチュエーションも学びたい!続きはこちら

スポンサードリンク

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/