カナダ・トロントからアクセスしやすいおすすめ観光スポット10選

カナダ

トロント・ワーホリ中に、カナダ観光も楽しみたい!

1年間の滞在中に、カナダ国内を旅行してみたい人も多いのではないでしょうか。

今回は、トロントからアクセスしやすいおすすめ観光地スポット10選をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【1】Niagara Falls(ナイアガラの滝)

トロント近郊の観光地の定番、ナイアガラの滝

アメリカとカナダの境界となる壮大な滝で、観光シーズンのピークはやはり夏。滝の下をボートで通ったりと、様々なアクティビティが用意されています。

ナイアガラの街はカジノでも有名。トロントからカジノバスが出ており、低価格で往復が可能です。

街並みも賑やかで、カジノ以外にもアトラクション多数。トロントからであれば日帰りも可能で、滝以外も充分楽しめます。

夜のライトアップもとてもキレイで、カップルのデートにもぴったりですよ。

シーズンではない冬も、冬ならではの雪景色のコラボレーションでキレイな景色が楽しめますが、かなりの寒さとなりますので防寒は必須です!

寒すぎて滝の滞在時間は、10分が限度かも(笑)。

【2】 Canada’s Wonderland(ワンダーランド)


>>>公式サイトはこちら<<<

カナダで遊園地に行きたいなら『ワンダーランド』に決まり!

200種類以上のアトラクション、ジェットコースターのような乗り物が68種類、プールだってあるトロント唯一の大規模なアミューズメントパーク。子どもから大人まで思いっきり楽しめる、いわゆるカナダのディズニーランドです。

ヨークミルズ駅、もしくはヨークデール駅からGOバスで30~40分。チケットは事前のネット予約で割引を受けられますよ!

トロントのワンダーランド情報まとめ!行き方やチケットなど

2015.05.01
スポンサードリンク

【3】Algonquin Park(アルゴンキンパーク)

トロントからは車で約3時間ほどの距離。レンタカー、バス、もしくはトロントからツアーを組んで行くことができる、有名な『アルゴンキンパーク』。

公園内にはアートセンターやミュージアム、シアターなどがあり、公園の自然や歴史について学ぶことができます。

ハイキングやキャンプも楽しめて大自然を満喫できますよ。

特に紅葉時期は本当に大人気!10月初旬~半ばあたりに計画を立てて行くことをオススメします。

見頃はいつ?トロント市内&近郊でおすすめの紅葉スポット5選

2015.04.20

【4】Montreal(モントリオール)

北米のパリとも言われるモントリオール。トロントに次いでカナダで2番目に人口の多い大都市です。

トロントからは車(バス)で7~8時間、飛行機で1時間強でつきます。

北米で唯一フランス語が公用語となっているケベック州の中心なので、英語だけでなくフランス語にも興味がある人にピッタリ。

カナダのポテト料理「プーティーン」の発祥の地はモントリオールで、カナダ一美味しい「プーティーン」を食べられます。その他にも美味しいレストランが多いのがポイント

スポンサードリンク

【5】Quebec City(ケベックシティ)

モントリオールに次いで人口が多い都市で、モントリオールの市街地から車で約3時間。モントリオールと一緒に観光するのがおすすめ。

ケベック州の旅行で1番良かった、印象に残った場所を聞くと多くの人が “ケベックシティ”と答えるほど満足度が高い場所です。

街並みや歴史的建造物に感銘を受け、まるでヨーロッパに来たのではないか、と思ってしまうほど、独自の雰囲気を醸し出しています。

【6】Ottawa(オタワ)

アメリカとの国境に近いカナダの首都・オタワ。

トロントから飛行機で1時間、車で5時間ほどの距離にあります。モントリオールやケベックとまとめて観光するのがおすすめ。

バンクーバーやトロントに比べて知名度は低いものの、自然豊かで四季が美しい都市です。

中心部にあるParliament Hill(パーラメントヒル)には、国会議事堂があり、ネオ・ゴシック建築の建物が印象的ですよ。

その他、カナダ歴史博物館や自然博物館、戦争博物館などがあり、カナダの歴史や文化を知りたい方にぴったりです。

スポンサードリンク

【7】 Prince Edward Island(プリンス・エドワード島)

日本人には『赤毛のアン』のモデルとして知られている “プリンス・エドワード島”

トロントから飛行機で2時間程度なので、ワーホリ終わりの小旅行にもピッタリ☆

大自然に恵まれた島でアウトドアのアクティビティーをしてみたり、田園や木々に囲まれてのんびり過ごす最高のひとときとなるでしょう。

赤毛のアンに出てくる家、Green Gables(グリーン・ゲイブルス)には、毎年多くの観光客が訪れています。

赤毛のかつらをかぶって写真を撮ったりとその世界に入り込めるのが素敵。可愛いもの好きの女の子にはたまらないです!

【8】Kensington Market(ケンジントンマーケット)

ここからは、トロント市内でおすすめの観光スポットをご紹介。

チャイナタウンに隣接しているケンジントンマーケットは、東京で言う下北沢のような、可愛くてオシャレな服屋、雑貨屋、カフェがたくさん!

のんびり歩いているだけでも新たな発見があって楽しめるスポットです。

現地のカナディアンにも観光客にも留学生にも大人気のケンジントンマーケット。休みの日は多くの人で賑わっています。

【9】St. Laurence Market(セント・ローレンスマーケット)


>>>公式サイトはこちら<<<

200年以上もの歴史を持つ、ダウンタウンにある広大な市場『セント・ローレンスマーケット』。

野菜、肉、魚、チーズやパンなどの食料品から、お土産になりそうなものまでたくさん

また、ここに来たらぜひボリューム満点のサーモンのサンドウィッチを食べてほしいですね。

【10】Graffiti Alley(グラフィティ路地)

トロントには見てるだけで楽しくなるカラフルな落書きで溢れた路地裏が存在します。

Graffiti Alleyは、通りの名前にもなっており、Queens Street West(クイーン通り西)の大通りから、一歩路地裏に入ったところにあります。Spadina Avenue(スパダイナ通り)からAugusta Avenue(オーガスタ通り)までの区間に広がっています。

オシャレでポップな壁の落書きがそこここに広がる、Graffiti Alleyは観光客にも地元の人にも大人気の撮影スポット。多くの人が写真撮影に訪れます。

【トロント】"Graffiti Alley"(グラフィティ路地)を楽しもう!

2015.08.24

まとめ

以上、トロントからアクセスしやすい、オススメの観光地をご紹介致しました!

広大な土地と、大自然、様々なアクティビティと、様々な人種。どの地域に行っても新鮮な驚きに出会えるカナダです。

また、今回はカナダ国内の観光地のみをご紹介しましたが、トロントはニューヨークにもアクセスしやすいので、観光先としてとってもおすすめですよ。

是非参考にどうぞ!

▶️まだまだ気になるトロントのこと!続きはこちら

スポンサードリンク