セブでスペイン料理が食べられるのは?おすすめレストラン3選

フィリピン

フィリピン・セブのグルメ情報☆

セブに長期滞在するならフィリピン料理だけでなくいろんな料理を楽しみたい!セブには各国の料理を扱ったたくさんのレストランがあります。

今回は、セブでおすすめのスペイン料理を取り扱うレストランを4つピックアップしてご紹介したいと思います。

  1. Hola Espana(オラ・エスパーニャ)
  2. Ipar’s(アイパル)
  3. HALA PAELLA(アラ・パエリア)

それでは、順番に見ていきましょう^^

スポンサードリンク

1.Hola Espana(オラ・エスパーニャ)

img_0480
  • 住所 :1 paseo saturnino, Banilad 6000 Cebu City, Philippines
  • TEL:(032) 414 2818
  • 営業時間:10:00 ~ 22:00

高級店が並ぶバニラッド地区・マリアルイサ通りにあるスペイン料理のレストラン。セブには数少ないスペイン料理の中でも、美味しいと評判のお店です。

パエリアが美味しいお店と評判です。時間がかかるので、早めに注文しておいた方がいいですよ。(そして量もかなり多いので、2,3人でシェアがおすすめ。)

ちなみに店員さんがおすすめしてくれるパエリア(1,200ペソ≒2,500円くらい(!))はサイズが大きすぎて、5人でも食べ切れないほどでした。頼めば、半額でハーフサイズもできるので、3人くらいのシェアならハーフサイズがおすすめです。

2.Ipar’s(アイパル)

  • 住所 :157 F Ramos Street, Cebu City
  • TEL:(032) 410 7727
  • 営業時間:10:00 ~ 14:00 / 18:00 ~ 22:00
  • 公式HPhttp://www.ipars.com.ph/

オスメーニャサークルの近く、ラモス(Ramos)ストリート沿いにあるスペイン料理レストラン「アイパル」。セブ島内でスペイン料理を専門に扱っているのはココくらいかもしれません。

料金は平均的な250ペソ前後、ただしメインのパエリアは1,000ペソ近くするので、数人で行ってシェアするのがおすすめです。

メインのパエリヤはもちろん、タパス(アピタイザー)としてチョリソーや、スペイン風オムレツ(トルティーヤ・デ・パタタ)なども人気のメニューです。意外と知られていない穴場なので、チョイスに困った時におすすめ!

スポンサードリンク

3.HALA PAELLA(アラ・パエリア)

img_0191

スペイン料理レストランではないですが、パエリアの専門店として人気の「Hala Paella」。

BTC(バニラッドタウンセンター)の中にある店舗は屋外のオープンスペース、オスメーニャサークルのロビンソン・サイバーゲート内の店舗は室内で食べることができます。

基本的にメニューはパエリアがメイン。5種類から好きなパエリアを選びます。一人分の量から、ファミリーなどの大人数用まで量が分かれているので、一人でも気軽に入れるお店ですよ。

まとめ

以上、セブでおすすめのスペイン料理を取り扱うレストランを4つピックアップしてご紹介しました。
以前、スペインの植民地であったフィリピンですが、スペイン料理のレストランは意外と少ないんですね。
定番のパエリアなど、友達みんなでシェアするのにピッタリのスペイン料理、是非セブでのレストラン選びの参考にしてみて下さい!

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます♪

YOLOの記事を書いているひと(沖縄で留学相談・受付中!)

MIO
YOLOの記事を書いているのは私、Mioです!
沖縄県内で無料の留学説明会、個別相談やってます*

県内の最寄りのカフェなどで留学やワーホリに関する情報を無料でシェアしています。

説明会参加や相談自体は完全無料!留学の意志が固まったら、フィリピンのセブまたはカナダのトロントに現地オフィスを構えるエージェントを紹介できます。(手数料無料・現地サポートあり)

\お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ!/

スポンサードリンク