セブの日本人経営のゲストハウス!『のどか』に泊まってみた

フィリピン

フィリピン・セブ島にはいくつかの日本人経営のゲストハウスがあります。

日本人経営の宿のいいところは、日本語が通じる、比較的清潔、治安が良いなど、日本人向けというだけあって、安心して泊まることができる施設です。

セブ島の留学の合間、前後や、一人旅の宿として、現地のゲストハウスを利用してみましょう。

今回は、日本食料理屋も多く、モールにも近いセブ島のA.S.Fortuna通り沿いにあるゲストハウス「のどか」について、ご紹介したいと思います。

(のどかは「キャピトル」近くの住所から「A.S.Fortuna」通りに移転しました。)

のどか ~NODOKA~

  • 住所:#855 A.S. Fortuna St. Brgy. Banilad, Mandaue City, Cebu 6014
  • TEL:+63 32 415 7680
  • 公式サイト:http://nodoka-cebu.com/(日本語)

場所は、A.S.Fortuna(エーエスフォーチュナ / エーエスフォルトゥナ)通り沿い。

JolibeeやBo’s Coffeeが入っている「The Space」という商業施設の大通りを挟んで向かい側(反対側)になります。

大きく看板が出ているわけではないので、わかりづらいですが、タクシー運転手にはThe Space on A.S.Fortunaと伝えましょう。

商業施設「The Space」と大通りを挟んだ反対側にゲストハウスがあるのですが、車通りが多いので渡るのが大変です。予め、ゲストハウス側に下ろしてもらった方がラクです。

宿の雰囲気は?

まだ工事中の部分も多いようですが、とても綺麗で日本人に好評の宿です。

フロントには日本人の方もいて、全て日本語で対応してくれました。

1階がフロントで2階がレストラン、2階以降は土足禁止なので、それもきれいに保てている理由かもしれません。

 

共有施設

共有施設は2階のレストラン・食事スペース、3階の各部屋の廊下にあるオープンスペース、共用バスルームです。

他の日本人経営のゲストハウスは、オーナーやスタッの生活空間である家の一部屋を貸すタイプが多いですが、「のどか」は民宿というよりホステルタイプの宿ですね。

施設は全体的に清潔感があります。ウォーターサーバーなども設置してあり助かります。

 

 

2階と屋上には洗濯物を干すスペースがあります。洗濯機もあるので(使用は有料)長期滞在者にもおすすめです。

宿泊部屋

画像は一例になりますが、基本的にはドミトリールーム(男女別)とシングルルーム・ダブルルーム・ツインルーム、そしてファミリールームで分かれています。

  • 料金
    ドミトリー→900ペソ(約2000円)
    シングル→1,500ペソ(約3200円)
    ダブル→1,800ペソ(約4000円)
    ツイン→2,200ペソ(約4600円)
    ファミリー→2,700ペソ(約5500円)

日本で考えたら1泊2000円は安いですが、フィリピンの物価で考えたらちょっと割高ですね。

ただ、上の価格はあくまでも公式サイトに書かれていたもので、エクスペディアやBooking.comから予約した場合、大幅に安くなります。

ちなみに私はダブルルームで料金が1泊2,768円でした。(エクスペディア予約)

ドミトリーは前もって予約すれば1000円程度で、シングルでも2000円ほどなので、留学の前後に気軽に1泊できる宿としても最適です。

 

部屋には各ベッドに、ウェルカムドリンクのペットボトルの水と簡単なアメニティー(歯ブラシと石鹸)があります。

4階の部屋に泊まってシャワーとトイレは共同。半分屋外というのがびっくりしましたが、中はいたってきれいで清潔です。

トイレとシャワーは1箇所にあるので、シャワーの時間が他の宿泊者とかぶったり、トイレに行きたい時に他の人がシャワーを使っていたら、速やかに他の階のものを使いましょう。

 

 

 

「のどか」の良いところ

値段を抑えて、マイペースに生活したい、女性の一人旅にもおすすめできるゲストハウスです。

大通りに面しているので、ちょっと車の音がうるさいですが、ベッドの寝心地も良く、コスパは非常に良いでしょう。

ただし、和気あいあいとしたゲストハウスというよりかは、ホステルのような感じなので、プライベートを守りたい人の方が向いているかもしれません。(時期にもよるかもしれませんが)

逆に、旅人同士で交流したい、セブでの情報共有・交流がしたい方は、他の日本人経営のゲストハウスで、日本人スタッフが住みこみのところがおすすめです。

セブ島の日本人経営宿!”トランジットゲストハウス” に泊まってみた

2016.07.12

まとめ

以上、今回は、日本人経営のゲストハウス「のどか」についてご紹介しました。

ホテルとゲストハウスの中間のような、どちらのいいところも持ち合わせているゲストハウスです。個人的にはとても快適に過ごせました。でも2~3泊がちょうどいいかな。移動が面倒でなければ、他のゲストハウスも比べてみるとおもしろいですよ。

ゲストハウス「のどか」、セブ島留学の前後などに、是非一度遊びに行ってみて下さい^^☆

スポンサードリンク