海外だから味わえる体験!セブ島でカジノがあるホテル3選

Fotolia_117709736_Subscription_Monthly_M
スポンサードリンク

日本では馴染みがないですが、世界中の多くの人が賭博を楽しむ施設「カジノ」。ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭けます。

趣味で楽しんでいる人もいれば、本気で勝ちに来ている人も、プロとして活動している人まで様々。日本では味わえない「カジノ」の独特な世界観を一度は経験してみたいですよね。

今回は、セブ島にあるカジノがあるおすすめのホテルを3つご紹介したいと思います。

  1. Waterfront Cebu City Hotel & Casino(ウォーターフロントホテル セブシティ)
  2. Waterfront Airpirt Hotel & Casino MACTAN(ウォーターフロントホテル マクタン)
  3. Crown Regency Hotel & Towers(クラウン リージェンシー ホテル & タワーズ)

それでは、順番に見ていきましょう^^

1.Waterfront Cebu City Hotel & Casino(ウォーターフロントホテル セブシティ)

33974568

[出典:http://www.booking.com/]

  • 公式HPhttp://waterfronthotels.com.ph/
  • 住所:1 Salinas Drive Lahug, 6000 Cebu city, Philippines
  • 価格:7,000~13,000円/一部屋当たり(シーズンによる)
  • カジノ営業時間24時間

マクタン島の国際空港からはタクシーで約30分。セブシティーの都市部の好立地で、ホテルからセブの2大ショッピングモールとされる『AYALA Mall(アヤラ)』と『SM Mall(エスエム)』まで無料のシャトルバスが出ています。

セブシティにそびえたつ巨大で高級感あふれるホテル。夜はライトアップがまるでお城のようで、セブ内の目印にもなっているほどです。

セブのカジノといえば、誰もが声を揃えて『ウォーターフロント』というほどカジノで有名なホテル。24時間オープンのカジノは、連日多くの人で溢れ活気であふれていますよ。

カジノがある建物とホテル客室棟は分かれているので、客室ではもちろん落ち着いて過ごすことができます。

ウォーターフロントのカジノはセブの中で最も規模が大きく、スロット系・トランプゲーム系・競馬などなど、種類も豊富です。もちろん宿泊者ではなくても、外からカジノのために簡単に入ることができます。身分証なども特に必要ありません。

カジノ初心者でも比較的入りやすい雰囲気です。カジノに興味がある方は、一度雰囲気を見るだけでも、遊びに来てみましょう。

  • スロットマシーン
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • スーパー6
  • ポンツーン
  • パイガオ
  • スタッドポーカー
  • ルーレット
  • レッドホワイト
  • 大小(タイサイ)
  • クラップス

※自分はここでブラックジャックにはまりました(笑)20代女性でも気軽に入れる雰囲気ですが、一人よりは何人かで、男性が一緒だとより安心です。

2.Waterfront Airpirt Hotel & Casino MACTAN(ウォーターフロントホテル マクタン)

5PTLJj

[出典:http://travel.rakuten.co.jp/]

  • 公式HPhttp://waterfronthotels.com.ph/
  • 住所:1 Airport Road, Lapu Lapu City, 6015 Philippines
  • 価格:7,000~15,000円/一部屋当たり(シーズンによる)
  • カジノ営業時間24時間

『ウォーターフロントホテル』のエアポートホテル。マクタン島の空港の目の前にあります。空港まで徒歩圏内。到着日の1泊、もしくは出国前の1泊に非常に便利な立地ですね。

セブシティの『ウォーターフロントホテル』同様、ホテル内にカジノも完備しています。セブ島のカジノと比較すると規模は小さいですが、こちらも24時間営業でいつでもゲームを楽しむことができます。

  • スロットマシーン
  • バカラ
  • ブラックジャック
  • スーパー6
  • ポンツーン
  • パイガオ
  • スタッドポーカー
  • ルーレット
  • レッドホワイト
  • 大小(タイサイ)
  • クラップス

3.Crown Regency Hotel & Towers(クラウン リージェンシー ホテル & タワーズ)

27345231

[出典:http://www.booking.com/]

  • 公式HPhttp://www.crownregencyhotelandtowers.com/
  • 住所:Osmeña Boulevard, 6000 Cebu city, Philippines
  • 価格:5,500~30,000円/一部屋当たり(シーズンによる)
  • カジノ営業時間:昼2時~深夜4時

セブ市の都市部から車で15分ほどの立地。周りには飲み屋も多く、特に夜はスリなどが多いので注意が必要です。

このエリアのランドマークともいえる、一際目立つにぎやかな高層ホテルが『クラウンリージェンシー』。ジム、プール、カジノに加えて、4Dシアターやジェットコースター、ロッククライミングなど絶叫系のアトラクションを多く備えたエンターテイメントホテルです。

『クラウンリージェンシー』のカジノはそこまで広くはなく、24時間営業のウォーターフロントに比べて、営業時間も昼2時から明け方の4時までです。

ローカルの人が多いので、初心者にはちょっと行きづらい雰囲気かもしれません。

カジノの賑やかな雰囲気を味わいたいなら、間違いなく『ウォーターフロント』がおすすめですが、現地のフィリピン人はどんな感じでカジノを楽しんでいるんだろうと、興味がある方は『クラウンリージェンシー』のカジノものぞいてみて下さい。

まとめ

以上、セブ島にあるカジノがあるおすすめのホテルを3つご紹介しました。

フィリピンは日本より物価が安いため、やろうと思えば結構な金額をカジノにつぎ込むことができます。アメリカのラス・ベガスなどよりはもちろん規模は劣りますが、初心者にも行きやすい環境ですよ。

海外留学という機会に、日本では味わえない経験が出来るホテルに滞在、訪問してみましょう。是非、参考にどうぞ☆

スポンサードリンク
Fotolia_117709736_Subscription_Monthly_M

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です