海外で使うポケットWiFiって結局どれがいいの?おすすめ3社の容量や価格を徹底比較

留学や旅行で海外に行くと、普段当たり前に使っているスマホのネットが使えなくなり、待ち合わせや場所探しに苦労するんですよね。

特に初めての海外の場合、何かの時に連絡をとる手段がなくなるのは、とても不安なことではないでしょうか。

出先で緊急の連絡をとりたい時に、近くにWi-Fiスポットがなかったらどうしよう!?
公共のWi-Fiは速度が遅いのが気になる・・・。仕事のメールをチェックしないといけないから、ネット環境は必須!

こんな風に思っている方も多いのでは?

ということで、今回、海外旅行や留学の持ち物としておすすめしたいのがポケットWi-Fiのレンタル。

ポケットWi-Fiを取り扱う会社はたくさんありますが、その中から3つのおすすめをピックアップし、それぞれのWi-Fiの比較を交えながらご紹介したいと思います。

ポケットWi-Fiの容量や速度って?

まず最初に、ポケットWi-Fiを借りる上で知っておきたい基本情報、容量と速度についてご説明します。

ポケットWi-Fiは容量の大きさや通信の速さによって金額が異なります。値段に惑わされず、使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。

容量250MBと500MBは何が違う?

※1日あたり 250MB 500MB
WEB閲覧 約1,000ページ 約2,000ページ
メール送信(画像添付500k) 約500通 約1,000通
LINEメッセージ 約12万5,000回 約25万回
LINE電話 約600分(10時間) 約1,200分(20時間)
Youtube閲覧 約2分 約4分
Google map閲覧 約67回 約135回
Skype音声通話 約75分 約150分(2.5時間)
Skypeビデオ通話 約7分 約15分

普通に生活するだけなら、250MBで十分ですね。

Youtubeの動画やSkypeのビデオ通話は、現地でのフリーWi-Fi(カフェや室内などの施設で使えるWi-Fi)を上手く利用すればいいので、大きな問題はないでしょう。

一方で、仕事の関係でメールや電話会議のやりとりが多い方は断然500MBが安心。外出先での急な電話などを考えると最低500MBはあった方がいいでしょう。

また、最近では500MBをさらに越える大容量1GB(1000MB)を取り扱っているところもあります。仕事で使う方におすすめです。

通信速度 3Gと4G LTEは何が違う?

3G 4G LTE
正式名称 3rd Generation 4th Generation
Long Term Evolution
通信速度 遅い 速い
価格 安い 高い
特徴 電波が障害物に強い 電波が障害物に弱い

Gとは通信の世代(ジェネレーション)を示す単位で、3Gは第3世代、4Gは第4世代を意味しています。

見たとおり、4G LTEの方が格段に速く、日本での通信速度に慣れていると3Gが非常に遅く感じてストレスになることも。

また、3Gは電波が障害物に強いため、室内などでの利用に向いていますが、室内ではすでにWi-Fiが通っていることが多いので、やはり外出先で役立つ4G LTEがおすすめです。

MIO
公共Wi-Fiと外出先での通信手段としてのポケットWi-Fiを上手く使い分けレバ、容量は250MBで十分。
通信速度は国によって、3Gと4G LTE片方しかない場合も多いです。
ただもし選べるとしたら、3Gだとせっかくお金を払ってWi-Fiを使っているのに、遅さがゆえに無駄にストレスがたまるので、私なら絶対4G LTEにしますね!

【1】グローバルWiFi

料金
(国によって変動)
1日:670〜1,870円
1ヶ月:15,000〜18,000円
受け渡し手数料 ・500円
空港受取・返却料金の場合は無料
通信速度 4G LTE / 3G
容量 250MB / 500MB / 1GB
延長料金 1,970円 /日
キャンセル料 渡航3日前から100%発生
カスタマーサポート 24時間365日
長期割引 23%OFF
対応国 全200ヶ国以上

  3G&4G 容量 長期割引
アメリカ 4G LTEのみ
カナダ 250MBのみ なし
イギリス
オーストラリア
ニュージーランド 250MBのみ なし
フィリピン

レンタルポケットWi-Fiの大手、誰もが名前を聞いたことがあるであろう『グローバルWi-Fi』。

価格もお手頃で評判も良く、カスタマーサポートも24時間というのが嬉しいですね。

初めての海外という方に自信を持っておすすめできるポケットWi-Fiです。

長期30日の割引パックもあるので、1ヶ月以内の短期留学用にぴったりですよ。

【2】イモトのWiFi

料金
(国によって変動)
1日:680〜1,280円
1ヶ月:14,200〜23,000円
受け渡し手数料 500円
東京本社(渋谷)での受け取りの場合は無料
通信速度 4G LTE / 3G
容量 400MB / 500MB / 1GB
延長料金 2,000円 /日
キャンセル料 手配後は2,100円
カスタマーサポート 平日:9:00~20:00
土日祝:10:00~19:00
長期割引 最大40%OFF
対応国 全200ヶ国以上

  3G&4G 容量 長期割引
アメリカ
カナダ 3Gのみ
イギリス
オーストラリア なし
ニュージーランド なし
フィリピン

『グローバルWi-Fi』と並ぶ大手の『イモトのWi-Fi』。200カ国以上に対応し、接続状況もよくデバイスも使いやすいと好評です。

30日の長期パックもありますが、料金は若干『グローバルWi-Fi』よりも高めです。また、カナダでは通信速度3Gのものしか取り扱いがないので注意。

一方、イギリスなどヨーロッパに渡航の際は『グローバルWi-Fi』だと国によって利用できる機種が異なるため、断然『イモトのWi-Fi』がおすすめです。

知名度も高く、口コミ評価も高いので、安心感は十分にあるでしょう。

【3】Wi-Ho!(ワイホー)

料金
(国によって変動)
1日:680〜1,150円
受け渡し手数料 500円
通信速度 4G LTE / 3G
容量 250MB / 350MB / 500MB / 1GB
延長料金 延長日数分の金額
キャンセル料金 渡航2日前より2,160円
カスタマーサポート 9:00~18:00(年中無休)
対応国 全150ヶ国以上

  3G&4G 容量 長期割引
アメリカ 4G LTEのみ なし
カナダ なし
イギリス 4G LTEのみ なし
オーストラリア なし
ニュージーランド 4G LTEのみ なし
フィリピン 4G LTEのみ なし

上記の2社に比べて知名度は低いものの、日の単価がリーズナブルなのが魅力の『Wi-Ho!(ワイホー)』。

ただし長期割引に対応していないので、1〜2週間の超短期留学や旅行・出張向けのポケットWi-Fiでしょう。

ヨーロッパやアジア諸国の周遊プランもあり、こちらも『グローバルWi-Fi』よりも割安な価格でレンタルができます。

短期間&低価格を求める方におすすめですよ。

注目のポケットWiFi3社を比べてみた

最後に、今回のポケットWi-Fiレンタル3社を具体的な価格で比較してみました。


500MB・4G LTEのWi-Fiを1週間の海外出張で使用した時の料金を知りたい!
 7日間 グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
フィリピン 8,190円 8,960円 4,760円
カナダ 8,890円 6,860円〜※3Gのみ 5,950円
アメリカ 6,790円〜 11,060円 5,250円
オーストラリア 8,890円 11,060円 5,950円
ニュージーランド 12,390円 11,060円 6,860円
イギリス 8,890円 11,060円 5,950円

*250MB / 4G LTEの場合で計算しています。(同プランが無い場合は最安値で計算)

1週間の超短期留学・海外旅行・出張の場合は、Wi-Ho!が安くて使いやすそうですね。

英語圏の国ではほとんどが4G LTEと大容量に対応しているので、安定した通信が必須の出張時でも安心です。


250MB・4G LTEのWi-Fiを30日以内の留学用に使用した時の料金を知りたい!
 30日間 グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
※長期割引なし
フィリピン 15,000円 23,000円 20,400円
カナダ 18,000円 19,200円
※3Gのみ
25,500円
アメリカ 18,000円 28,000円 22,500円
オーストラリア 18,000円  47,400円
※長期割引なし
25,500円
ニュージーランド  38,100円
※長期割引なし
47,400円
※長期割引なし
29,400円
イギリス 18,000円 28,000円 25,500円 

*250MB / 4G LTEの場合で計算しています。(同プランが無い場合は最安値で計算)

1ヶ月以上の長期留学の場合は、グローバルWi-Fiが価格的に圧倒的にお得です。長期割が効かないニュージーランドを除いて、ほとんどが30日以内であれば2万円以内で利用することができます。

まとめ

以上、海外留学・旅行・出張時に持って行くと便利なポケットWi-Fi、おすすめの3社を比較してみました。

知名度がバツグンに高く、安心の大手『グローバルWi-Fi』と『イモトのWi-Fi』。どちらも評価が高く、使い勝手も申し分ありません。

全体的な価格は『グローバルWi-Fi』の方が安いですが、ヨーロッパ旅行の場合は『イモトのWi-Fi』が活躍します。

短期で安さを求めるなら『Wi-Ho!(ワイホー)』もおすすめ。対応国も多く、短期であればあるほどオトクです。

ぜひ、参考にしてみてください!