セブ近郊の島を満喫しよう!アイランドホッピングのおすすめ

Crew of young friends sailing in a blue sea on the yacht
スポンサードリンク

フィリピン・セブ島で人気のアクティビティといえば、アイランドホッピング。

セブ島に留学や観光に来たときに、この「アイランドホッピング」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、セブでおすすめのアクティビティー、アイランドホッピングでおすすめの島や、島でできるアクティビティーなどをご紹介したいと思います。

1.アイランドホッピングとは?

まず最初に、アイランドホッピングという言葉自体は、島と島とをつなぐ短い旅を繰り返しながら大洋を渡ることを指しています。

セブ島のアクティビティーとして有名なアイランドホッピングに関しては、セブ近海の島にボートなどを使って遊びに行き、シュノーケルやダイビング、バーベキューを楽しむという広い意味で使われています。

アイランドホッピングは日帰りでできるツアーが多く、留学の合間の週末に気軽に、値段もお手軽に楽しめるアクティビティーとして人気です。

「アイランドホッピング」の他にも「アイランドピクニック」という名前でも知られています。

セブ島を訪れた際は、是非アイランドホッピングでセブ近海の島を訪れてみましょう。

2.アイランドホッピングにおすすめの島

それでは、セブ近海でアイラドホッピングにおすすめの島を見ていきましょう。島でできるアクティビティーなどまとめて参考にしてみて下さい。

ナルスアン島 -Nalsuan-

5663443823_975da8a849_b
[出典:denise narciso]

アイランドホッピングの行き先として有名な島・ナルスアン島。

ナルスアンの目印ともいえるのが桟橋。島から伸びる桟橋の下には、魚がたくさん泳いでおり、桟橋の近くでダイビングやシュノーケリングを楽しむことができます。

人気のスポットなので混み合ってはいるものの、ダイビングやシュノーケリング初心者にも安心して潜れる環境です。海に潜ったあとは、島でバーベキューなどもできますよ。

ヒルトゥガン島 -Hiltungan-

3503746299_67598f949a_b
[出典:tata_aka_T]

ダイビングやシュノーケリングスポットとしてとっても有名なヒルトゥガン島。

北西側の海洋保護区(禁漁区)がダイビングスポットとして大人気なので、島に上陸するよりも、海で潜ることがメインのアクティビティーです。

桟橋近くで潜るナルスアンに比べて、完全に足がつかない状況で潜ったり泳いだりするので、特にシュノーケルは海に慣れている方向けです。(ライフジャケットは借りられます。)

ヒルトゥガン島のアイランドホッピングでは海の上の船上バーベキューも大人気。潜ってお腹を空かせたときに船上で食べるバーベキューは最高です。船酔いする方は要注意!

パンダノン島 -Pandanon-

1506410_10152197207127855_197914299_n

空港のあるマクタン島から船で東へ約1時間半。小さいながらも青い海に白い砂浜が続き、ザ・南国感を存分に味わえる島です。

砂浜が浮き上がってきたかのような、絵に描いたような小さな南の島です。海流などの影響で珊瑚はあまりないので、ダイビング・シュノーケリングよりも、海で遊んだりビーチバレーなどのアクティビティーに最適。

のんびりと静かな時間を過ごしたい時におすすめ。

カオハガン島 -Caohagan-

img_cat01_02
[出典:http://caohagan.com/cat08_02.html]

「何もなくて豊かな島」というキャッチフレーズで本も出ているカオハガン島。実は、カオハガンは日本人が20年ほど前に購入し、所有している島なのです。

島民は600人ほどで、学校などもあります。セブの都市部のように店や施設は何もないけれど、人々は自給自足の生活をしており、人の温かさや島の自然を思いっきり堪能できますよ。

カオハガンでは、近海でシュノーケルをしたり、島中を歩いてみたり、島民とコミュニケーションをとってみたり、都市部ではできない体験ができますよ。

オランゴ島 -Olango-

2449143682_c9608f8a95_b
[出典:Marcelino Rapayla Jr.]

マクタン島から20分と割と近い距離にあるオランゴ島。上で紹介した4島はアイランドホッピングの行き先として有名ですが、オランゴ島はまだまだ穴場。

島はそれなりに広く、ホテルなどの施設もありますが、それ以上に自然が溢れる島で、のんびりとした時間を過ごせます。週末旅行の行き先としてもピッタリ。天気が良いときは、夕日が素晴らしくキレイです。

マクタン島にあふれるリゾートホテルとは一味違った地元感あふれる体験ができるでしょう。

オランゴ島の周りに上で紹介したナルスアン、ヒルトゥガン、パンダノン、カオハガンはそれぞれオランゴ島から少しだけ南部にいったところに位置しています。

3.アイランドホッピングの料金

アイランドホッピングの料金は、行く島の数やアクティビティーの内容、そして何よりも人数によって変わります。

一人で参加すると割高になることが多く、人数が多くなるほど一人当たりの金額が安くなるというパターンが非常に多いです。

【アイランドホッピングツアー料金一例】

  • 含まれるもの例:送迎・貸切ボート・飲みもの・ランチ(BBQ)・シュノーケル/ダイビングセット・ライフベスト・島への入場料
1人 2人 3人 4人
1島(シュノーケル) 要相談 2,300~3,400ペソ 2,200~3,200ペソ 2,000~3,000ペソ
1島(ダイビング) 要相談 3,600ペソ 3,400ペソ 3,200ペソ
2島(シュノーケル) 要相談 3,500~4,500ペソ 3,300~4,300ペソ 3,000~4,000ペソ
2島(ダイビング) 要相談 5,200~6,500ペソ 5,000~6,400ペソ 4,700~6,200ペソ
あくまでも数あるマリンショップ/ダイビングショップの、アイランドホッピングの料金の一例に過ぎません。人数やアクティビティーの内容によって料金も大幅に変わるのでご了承下さい。

4.アイランドホッピングの参加方法

セブ島に留学中の方は、週末アクティビティーなどで学校を通してアイランドホッピングに参加することができます。人数が多くなったり、学校の特別割引で金額に変動があるかもしれません。各語学学校に確認しましょう。

もしくは、セブ・マクタン島にあるダイビングショップに直接問い合わせる方法もあります。直接の申し込みが可能かどうか、現地で電話などで確認してみましょう。

日本人経営のショップは日本語対応可能
【例】AQUA SCAPE / エメラルドグリーン ダイビングセンター / SEA LION 等

旅行等で行く場合は、日本から申し込むこともできます。手配などが日本語で出来る分、楽で安心ですが、その分料金は上記の金額よりもさらに割高となります。

まとめ

以上、セブでおすすめのアクティビティー、アイランドホッピングでおすすめの島や、島でできるアクティビティーなどをご紹介しました。

都市部のセブで留学している方にとっては、週末を使ってアイランドホッピングで近海の島を巡るのはとっても良い気分転換になりますし、留学生にも旅行客にもおすすめできるアクティビティーです。

シュノーケリングやダイビングなどを思いっきり楽しむ日として、アイランドホッピングのアクティビティーを大いに利用してみて下さい!

スポンサードリンク
Crew of young friends sailing in a blue sea on the yacht

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です