日本のスマホは使える?フィリピン滞在時の設定方法まとめ

3
スポンサードリンク

フィリピン留学で気になることの1つと言えば、日本で使っているスマホをどうすればいいかということ。

スマホはパソコンと同じような役割で、Wi-Fiを使ったりデータを保存したりカメラとしても使えるので、留学先でも有効活用したいですよね。

今回は、フィリピンでスマホを使う時の設定方法について。どのように設定すれば、フィリピンでも快適にスマホを使えるのか、ご紹介したいと思います。

[Photo by Christian Hornick]

1.スマホの持ち歩きには十分な注意を!

まず最初に、日本ではほとんどの人が持っているスマホですが、フィリピンでは非常に高価なものとして扱われます。

本体自体が非常に高く売れるので、スリの対象になりやすいのが現実。日本のように、スマホをテーブルに置きっぱなしにして席を離れたり、ズボンのポケットに入れていたりした場合、あっという間に狙われ、スキをついて盗られてしまうこと多数。

実際に多くの観光客や留学性がスマホを盗まれています!

特に日本人同士で活動していると、まるで日本にいるかのような気分になって、ついついズボンの後ろのポケットに携帯を半出し状態でしまっていたり、スマホで撮った写真を友達に見せながら歩いていたり、酔っ払ってハメを外してスキを見せたときなど、一瞬のスキが全てです。

数秒後にはもうあなたの手元からスマホはなくなっているかもしれません。

ズボンのポケットには絶対に入れずに、チャック付きのバッグやリュックサックなどの奥の方にしまい、あまり外でスマホを無防備に出すことは避けましょう

2.飛行機モードでフリーWi-Fiを活用

では、早速フィリピンでのスマホの設定について見ていきましょう。

一番一般的とされるのが飛行機モードに設定後、フリーWi-Fiを使ってアプリやインターネットを使う方法。

これなら、海外設定なども不要で、Wi-Fi環境さえあれば、通話機能以外は日本にいるときと同じように使えます。(通信速度はフィリピンクオリティなので日本よりかなり悪いですが・・・)

【iPhoneの場合】

設定画面 ⇒ 【飛行機モード】 ⇒ 【ON】

通常の電波の部分が飛行機マークに変わります。

image

このように、飛行機モードに設定ができているかどうかは、ホーム画面の左上に飛行機マークが出ているかどうかで確認ができます。

カフェやホテルなどフリーWi-Fiが繋がっている場所に行けば、ネットに繋ぎ、通信型のアプリなどを使うことができます。最近では、ラインやメッセンジャー、スカイプなどで電話ができるので、通信機能がなくても十分日本とのやりとりは簡単になりました。

3.モバイルデータ通信&ローミングオフで現地のWi-Fi活用

飛行機モードだけで設定している人が多いですが、飛行機モードって何らかの操作ミスで解除されてしまったらちょっと怖いですよね。

海外での通話・通信を止めるのであれば、飛行機モードだけでなく、【モバイルデータ通信】と【ローミング】をオフにするのも忘れてはいけません。

【iPhoneの場合】

設定画面 ⇒ モバイルデータ通信

⇒ モバイルデータ通信【オフ】・ローミング【オフ】

image
  • モバイルデータ通信:日本国内の電波を受信する
  • ローミング:海外での電波を受信して、通話やデータ受発信を行う

飛行機モードと同じような効果を持ちますが、アクシデントで飛行機モードが知らぬ間に解除されてしまっていた時にも、ここまで設定をしておけば安心です。

日本に戻ったら、モバイルデータ通信のみをオンに戻せばOKです。

4.携帯の設定を一時的に変更する

短期の滞在だけど、仕事などでどうしても電話機能が必要な場合、現地に行ってからでも一時的に設定を変更することができます。

例えば、緊急時などで日本の電話番号がどうしても必要な場合に知っておくと便利な設定です。iPhoneの場合、海外での電波を受信して通話やデータ受発信ができるローミング機能を使うことができます。

【iPhoneの場合】

設定画面 ⇒ モバイルデータ通信 ⇒ ローミング【ON】

image image
  • 音声通話ローミング:海外での通話が可能
  • データローミング:インターネットやデータ通信が可能

例えば、インターネットやアプリなどは現地のフリーWi-Fiがあれば、問題なく使用できますが、仕事の関係や緊急時など、どうしても日本の番号から電話をかけたり受けたりする必要があるときもありますよね。

そんな時は、データローミングをオフにしたまま、音声通話ローミングのみオンにしましょう。そうすれば、フィリピンにいても電話のみの受発信が可能となります。

フィリピンの現地からでも設定変更可能

特に携帯ショップに行ってプランを変更してもらう必要はなく、設定画面からの変更で簡単に海外でも電話が使えるようになります。(※形態の機種やプランによるので要確認)

Wi-Fiに繋ぐ必要もないので、緊急時はiPhoneさえ手元にあれば、すぐに国際電話が可能です。

使う時だけオンにして使わない時はオフ

設定が簡単なので、電話する必要があるときだけ音声通話ローミングをオンにしておいて、不要な時はオフにしておけば、余計な料金がかかる心配もありません。

まとめ

以上、フィリピンでスマホを使う時の設定方法について。どのように設定すれば、フィリピンでも快適にスマホを使えるのか、ご紹介しました。

  • 飛行機モードでフリーWi-Fiを活用
  • モバイルデータ通信&ローミングオフで現地のWi-Fi活用
  • 携帯の設定を一時的に変更する

フィリピンに限らず、海外どこに行っても共通でできる設定です。

ご使用の機種によっては、方法が異なる場合があるので、各携帯会社にお問い合わせ下さい。(※参考までに、私はauのiPhone6を使っています。)

是非、参考にしてみて下さい^^☆

スポンサードリンク
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です