Are you ready?海外留学に必要&便利な持ち物リスト50【DL&印刷可】

留学先に持って行くもの、いったい何が必要で、あると便利なのでしょうか。留学を目前に悩んでしまう人も多いのでは?

そこで、国を問わず海外留学の際に持って行くべき必需品とあったら便利なものを、自身の留学経験を元にまとめてみました。

忘れないで良かった!持ってきて正解だったと思えるように、是非参考にしてみて下さい^^

スポンサードリンク

【ダウンロード&印刷可】留学持ち物リスト一覧

留学準備の持ち物チェック用にぜひ活用してみてください!

\印刷して冊子みたいにできるよ

必需品 10選
1 パスポート 必須
2 日本で使っている
携帯電話・スマホ
盗難などには気をつけましょう
3 航空券 Eチケットを印刷して持っておく
4 日本円 現地で両替する用の日本円
5 外貨 現地到着時に必要な外貨
(3,000〜10,000円程度)
6 クレジットカード 1〜2枚程度、準備しておく
7 学校 / ワーホリの書類一式 忘れ物がないように、とにかく一式全部
8 電子辞書 普段使用しているもの(換えの電池もあったら良い)
9 セキュリティーポーチ&旅行用財布 日本用の財布とは分けた方が安全
10 南京錠 / ワイヤーロック セキュリティーとして準備
必需品【日用品】 13選
11 文房具・筆記用具 100均でも日本製が優秀
12 カメラ 旅の思い出に
13 充電器類 スマホ用・カメラ用など一式忘れずに!
14 化粧品 敏感肌の方は特に日本製が安心
15 爪切り 忘れやすいので、化粧品と一緒にポーチにイン!
16 シャンプー類 こだわりがある方は持参
17 コンタクト用品 コンタクトの方は必須
18 生理用品 日本製が優秀
19 薬(飲み薬&塗り薬) 日本でいつも使用しているものが安心
20 絆創膏(バンドエイド)
21 折りたたみ傘 念のため。現地で買うのはもったいない
22 日焼け止め 海外の日差しは日本とはレベルが違います
23 サングラス
必需品【衣類】 13選
24 Tシャツ
25 パーカー / カーディガン 屋外だけでなく、クーラーの効いた室内でも活躍
26 下着類 1週間分持っていって、現地で洗濯しながら使うのが◯
27 靴下
28 帽子 キャップ帽・ハット帽など
なくしてもいいものが無難
29 ワイシャツ フォーマルなシチュエーションで使える襟付きシャツ
30 スニーカー 歩きやすいもの
31 サンダル 歩きやすいもの(ヒール以外)
32 ジーパン
33 ワンピース ちょっとしたパーティー用に
34 スーツ 就職面接がある方は必須
35 水着 行く国に応じて
36 ジャケット / コート
あったら便利 14選
37 ノートパソコン
38 ポケットWi-Fi どこでもネットが繋がる
39 英語手帳 スケジュール帳としても、勉強用にも
40 変換プラグ 行く国によりますが、コンセントの形が日本と違う国に行く場合は必要
41 昔のスマホ 昔のスマホをWi-Fiに繋げれば利用可能。今のスマホの紛失・盗難を防ぎたい方におすすめ
42 デジカメ・スマホ用ストラップ 紛失や落下防止にあると便利
43 インスタント日本食 みそ汁とかふりかけとか
44 日本のポストカード プレゼントや話のネタに
45 日本らしいお土産 かさばらないもの
46 スリッパ 機内用にも滞在先用にも
47 衣類圧縮袋 収納スペースが増えるので断然便利
48 洗濯ネット 洗濯機をシェアする時に便利
49 下着ハンガー 女性が部屋に下着を干す時に便利
50 レンタルスーツケース 短期の留学・初めての留学の方におすすめ!

忘れずに持っていってほしいもの《必需品》

まず最初に、必需品として持っていってほしいものの中から、いくつかピックアップして詳しく説明していきたいと思います。

(1) パスポート

言うまでもなく、海外には必須。また、パスポート内容の変更忘れなどのトラブルにも要注意です!

【関連記事】パスポートの変更忘れ!留学直前のこんなトラブルへの対応例
(・・・私が実際にやらかしたミスを紹介しています。汗)

(2) 携帯電話・スマホ

海外に行く前の空港まで、もしくは帰ってきた後の連絡手段として携帯やスマホは必要ですよね。

でも一旦日本を出てからは、盗難や紛失に気をつけて管理しなければなりません。海外でスマホをいじりながら歩いたりは絶対にやめましょう。

(3) 航空券

最近ではネットで購入することがほとんどだと思います。航空券情報の書かれたEチケットなどを必ず印刷して携行しておきましょう。

英語で書かれたものを用意しておいて、海外の空港のカウンターでパスポートと一緒に提示するとよりスムーズです。

(4) 日本円

日本国内で全額両替するとレートが悪い可能性があるので、現地で両替する用の日本円を持っていきましょう。

また、留学から帰ってきてから一文無しになっても困るので、日本での電車代なども日本円で残しておきましょう。

(5) 外貨

現地到着時に必要な金額(3,000円〜)を外貨に両替しておきましょう。

留学地についてから、学校やエージェントがレートの良い現地の両替所を紹介してくれることがほとんどなので、日本での両替は最低限(1〜2日間の生活費)のみで大丈夫です。

(6) クレジットカード

現金だけではなく、クレジットカードも1〜2枚程度持っていきましょう。特に欧米諸国はカード文化なので、ちょっとした買い物などでも現金を持ち歩かずに対応ができます。

ただし、盗難・紛失・スキミングなどには十分に注意しましょう。

【留学におすすめのクレジットカードはこちら!】
迷ったらコレ!経験者が選ぶ留学時におすすめのクレジットカード7選

(7) 学校・ワーホリの書類一式

滞在先(ホームステイ先)の情報、学校の情報、入学許可証、ワーホリの許可証など、とにかく関係のあるものは全部持っていきましょう。

ポケットタイプのファイルに書類の種類ごとに分けて収納しておくと、見せるときにもわかりやすくておすすめです。

(8) 電子辞書

留学の必須アイテムといっても過言ではない電子辞書。重くてかさばる紙の辞書に比べて何十倍も便利になりました。

また、電子辞書は音声がついているものがいいです。単語を覚える際に発音できなければ使えないので、ネイティブの発音機能がついているものを選びましょう。

【留学ワーホリにおすすめの電子辞書はこちら!】
留学やワーホリで絶対役立つおすすめ電子辞書6選!選び方のポイントも

(9) セキュリティーポーチ&旅行用簡易財布

日本では馴染みのないものでも、海外では役に立つことも。スリなどから自分の身を守るために便利なグッズです。

セキュリティーマネーベルト

security-purse[出典:http://amzn.to/2hkiMPX]

薄型のベルトタイプのポーチ
腰に装着してその上からズボンを履きます。
パスポートやクレジットカードなど絶対になくしたら困るものを持ち歩くときに便利。

これなら肌身離さないので置き忘れ防止に。
薄型なので上からズボンや上着を着れば見た目にはわかりません。

(10) 南京錠・ワイヤーロック

南京錠やワイヤーロックは、スーツケースやカバンにつければ金庫代わりにもなるので準備しておくといいでしょう。

(11) 文房具・筆記用具

日本の100円均一は、世界でもかなりのハイレベル。今や生活用品などたいていのものはここで手に入りますよね。海外にも「ダラーショップ」など1ドル~商品が買える店もありますが、クオリティーに関しては日本の比じゃありません。

欧米はともかく、フィリピン留学を考えている方は、クオリティーに差が出る上に、特に文房具は日本よりも高かったりします。

ノート・ペンなどの筆記用具や、教材の整理に役立つファイル、はさみ・テープ・ホッチキスといった文房具をセットでそろえておくのがおすすめですよ。

(12) カメラ

旅の思い出を残すためにも、カメラは必須ですよね。最近では携帯で写真を撮る人が多いですが、盗難などの被害を考えると、携帯やスマホはあまりむやみに出さない方がいいでしょう。

留学用に新しくカメラを探している人には、ウェアラブルカメラがおすすめです。

ウェアラブルカメラとは身体等に装着しハンズフリーで撮影する事を目的とした小型カメラの総称。スポーツカム・アクションカム・アクションカメラとも呼ばれています。

有名だけど高いイメージのある「GoPro」カメラに負けない高画質なのに、価格が安いことから人気となっています。小型なので、スマホやデジカメよりも持ち運びやすく、旅行やスポーツ時にも持って行きやすいことから非常に人気です。

スキーなどのウィンタースポーツが人気のカナダにも、マリンスポーツが人気のフィリピンにも、もちろん日常使いにも申し分ないので、留学前に一つ用意しておくのがおすすめです。

wifi搭載 スポーツカメラ
action-camera

➡️出典:http://amzn.to/2hNTaif

  • メーカー:DBPOWER
  • 価格:¥6,480(Amazon.jp)
  • 画素:1,200万画素
  • 防水:30m

★Wi-Fi搭載

Wi-Fiに接続できるタイプのウェアラブルカメラ。
Wi-Fiはスマホやタブレット端末で「finalcam」アプリをインストールすればOK。
スマホから撮った写真のデータを操作したり、撮影画面の操作もできます。

Wi-Fi搭載で価格は¥6,480。コスパ◎です。

(13) 充電器類

スマホやカメラを持っていっても、充電器を忘れたら意味がありません。現地で買うと、種類がたくさんあってわからなかったり、割高になったりするので、忘れずに持っていきましょう。

(14) 化粧品

化粧水・乳液など直接肌に付けるものは、日本製の普段から使い慣れているものがおすすめ!

海外に行くと日本とそもそも水の質が違います。最初は肌や髪の毛に日本とは違う変化を感じる人もいるかもしれません。

現地でももちろん化粧品は売っていますが、現地でつくられたものだと日本人の繊細肌には合わないこともよくあります。特に肌荒れ中の方や敏感肌の方は、少しかさばったとしても日本のものを持って行くのをおすすめします。

また、化粧品の中でも特に液体系を持って行く場合は、100均で買えるミニボトルもおすすめ!

(15) 爪切り

こちらも忘れがちですが、衛生上、他の人とシェアできないので、自分のものを忘れずに持っていきましょう。

(16) シャンプー類

現地でも買えますが、買い物に行く暇があるかわからない最初の数日間分は日本から持っていった方が良いでしょう。

この時も100均で売っているミニボトルにシャンプーを詰め替えて持って行くのがおすすめ!

(17) コンタクト用品

言うまでもなく、コンタクトの方は必須です。

(18) 生理用品

女性の必需品。生理ナプキンは海外でも購入できますが、日本製の方が良質です。

布製のものを洗いながら使っている方は、忘れずに日本から持っていきましょう。

(19) 薬(飲み薬&塗り薬)

留学先で一番心配なことといえば体調不良や病気。もし日本で普段から使っている風邪薬や頭痛薬があるなら持って行きましょう。

日本でおなじみのオロナインなどの塗り薬(ニキビや擦り傷系)や、冷えピタシート(熱っぽい時など)はあると何かのときに助かります。

(20) 絆創膏(バンドエイド)

現地でも買えますが、日本のものがクオリティー◎。特に水がしみないバンドエイドなど。

(21) 折りたたみ傘

急な雨に備えて、カバンに一つ入れておくと便利。現地で買うほどのものではないので、一つ持っていっておくと安心感があります。

(22) 日焼け止め

アメリカ・カナダ・オーストラリア・フィリピンといった留学の人気国は、日本に比べて日差しが非常に強いのが特徴。

お肌を強い紫外線から守るためにも日焼け止めは必須です。現地で買ってもいいですが、肌に合わない場合もあるので、日本からも持って行くのがおすすめ。

(23) サングラス

日焼け止め同様、日差しがものすごく強いのでサングラスは必須。持っていない方は、購入して出かける際は必ず持ち歩きましょう。

(24) Tシャツ

何枚あっても困らないTシャツ。

(25) パーカー・カーディガン

肌寒い時はもちろん、暑い夏の室内などクーラーが強く効いている時にも役立つので、季節問わず必要です。

(26) 下着類

最悪現地でも買えますが、1週間分くらいはまとめて持っていきましょう。

(27) 靴下

下着と同じく、1週間分くらいを洗って使いまわすのがおすすめ。

(28) 帽子

キャップ帽・ハット帽、かぶり慣れているものでいいですが、万が一なくしてしまってもいいものがおすすめ。高価なものは持っていかないようにしましょう。

(29) Yシャツ

ちょっとした面接・面談、パーティーなど襟付きの服が必要になることもあります。現地で買うとサイズが合わない可能性もあるので、日本から1枚持っていきましょう。

(30) スニーカー

履き慣れたものを一足。かさばるので、一足で大丈夫。

カナダなど雪国で冬を過ごす場合は、ウィンターブーツは現地で買う方がおすすめです。(雪国用にしっかり作られている)

(31) サンダル

夏に行く場合は、ヒールなどがない歩きやすいサンダルを一足。かさばるのでたくさん持って行く必要はありません。

(32) ジーパン

動きやすくて無難。どんな国でも一足はあると便利です。

(33) ワンピース

女性はパーティーなどのちょっとしたフォーマルな場で着られるワンピースがあると便利。お気に入りのものを1着持っていきましょう。

(34) スーツ

ワーホリや就職などで面接がある方は、必ず1着持っていきましょう。

(35) 水着

フィリピンなど南国に留学に行く場合は必須。ビキニよりも動きやすい短パンなどがおすすめ。

(36) ジャケット・コート

冬に渡航する場合は、上に羽織るジャケットやコートを1着。

ただし、カナダなどの雪国では、日本で買ったものじゃ寒さに通用しないので、現地で購入するのがおすすめです。

スポンサードリンク

経験者がおすすめ!あると便利なもの

続いては、あったら便利なものと、留学経験者が日本から持っていって重宝したものをいくつかピックアップして詳しく見てみましょう。

(37) ノートパソコン

調べ物をしたり、授業のプレゼン資料を作ったり、スマホだけではなくパソコンもあった方が安心です。

持ち運びに便利な軽くて小さいノートパソコンがおすすめ。

(38) ポケットWi-Fi(レンタル)

無料Wi-Fiを使うこともできますが、緊急時に連絡が繋がらなくなったり、外出時に友達と連絡を取り合うために、ネットが必要な時がありますよね。

ポケットWi-Fiを持っていれば、スマホやタブレット端末がどこにいてもネットに繋がるようになります。

【海外で使えるおすすめのレンタルポケットWi-Fiはこちら!】
海外で使うポケットWiFiって結局どれがいいの?おすすめ3社の容量や価格を徹底比較

(39) 英語手帳

海外に持って行く手帳をまだ準備していないなら、英語手帳がおすすめ!

英語で日記をつけたりスケジュール管理するのを助ける機能がたくさんついている手帳で、日常英会話を上達させるのに役立つアイテムです。

留学前から英語で手帳をつける習慣を身につけておくと、さらに効果が期待できるでしょう。

【関連記事】
英語漬けの毎日にするために、[2018年版] 英語手帳を買ってみた
英語で手帳をつける時のスマートな書き方&便利な略語

(40) 変換プラグ

留学先の国によってコンセントの形が違うことがあります。日本の形と違う場合は、変換プラグが必要です。

(41) 昔のスマホ

意外と重宝するのが使わなくなった昔のスマホやiPhone、iPod。

最近では機種変の時に古い機種を下取りしてしまう人も多いですが、もし昔のスマホが残っているなら、留学時に持って行きましょう。

英語圏や観光地では日本に比べて公共の場(カフェや駅構内)で無料のWi-Fiが通っている場所が多く、Wi-Fiを使って昔のスマホでアプリやネットを使うことができるのです。(写真も撮れますね)

最悪、盗まれたとしても、今使っているスマホを盗られるよりよっぽどマシでしょう。

(42) デジカメ用・スマホ用ストラップ

デジカメ・スマホの盗難や落下防止のため、ストラップをつけておくと安心です。

(43) インスタント日本食

やっぱりしばらく日本を離れるとどうしても日本食が恋しくなるんですよね。日本人が多い留学先であれば日本食のスーパーやレストランもありますが、問題は値段。輸入品なのでとっても高いんです!

以下、私が実際に留学先に持っていて重宝した日本食をご紹介します。

インスタントみそ汁

miso-soup
[出典:http://amzn.asia/7Qvy0UZ]

お茶漬けの素

%e3%81%8a%e8%8c%b6%e6%bc%ac%e3%81%91
[出典:http://amzn.asia/6eI8pyk]

チャーハンの素

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%83%b3
[出典:http://amzn.asia/6HM3ACC]

日本茶のティーバッグ

green-tea
[出典: http://amzn.asia/16Celz2]

(44) 日本のポストカード

最後に、日本のポストカード。お土産に留学先のポストカードを買うならわかるけど、なぜ日本からわざわざポストカードを持って行くの?と思うかもしれませんが、これが意外と役立つんです。

留学先ではきっとたくさんの国の友達ができます。楽しい時間を過ごして、最後には感謝の気持ちを伝えたいですよね。その時に使えるのが日本のポストカード。

留学現地のポストカードは誰でも買えますが、日本のポストカードは現地ではなかなか買えないですよね。そこに感謝の気持ちやメッセージを書いて友達やホストファミリーに渡しましょう。特別感が増し、日本にも親近感を抱いてくれるはずです^^

(45) かさばらない日本らしいお土産

留学先でホームステイをするならホストファミリーへのお土産、もしくは向こうで仲良くなった友達にあげる用の日本らしいお土産を持って行きましょう。

ただ、他にも必要な荷物はたくさんあると思うので、かさばらないものが◎。実用性のあるマグネットやカレンダー、相手が日本好きだとわかっている場合は、お箸や扇子なども喜ばれるはず。

海外では日本のものはまだまだ珍しく、かつ価格も高いので、日本で購入してからある程度持って行くのが良いでしょう。

(46) スリッパ

ステイ先で履くのはもちろん、飛行機の機内などでも使えるので、旅行用に1つあると便利です。

(47) 衣類圧縮袋

かさばったり、膨らみがちな衣類も、圧縮袋を活用すればスーツケース内のスペースを確保することができます。

お土産用のスペースをうまく作ることができるので、あったら間違いなく重宝するでしょう。

破けてしまった時のために、複数持っていくと安心。日本製が優秀です。

(48) 洗濯ネット

ホームステイ先やシェアハウスなどで洗濯機を共有する時や、下着や靴下を分けて洗いたい時に使う洗濯ネット。

意外と海外では見つけられないので、100均などで準備しておきましょう。

(49) 下着ハンガー

%e4%b8%8b%e7%9d%80%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%bc
[出典:http://amzn.asia/7q1FoTZ]

留学中の滞在方法として多いのがホームステイやルーム(ハウス)シェア。特に女性は下着などを洗濯したときにシェアスペースに干すのは抵抗がありますよね。

フェイスタオルや下着、靴下などは頻繁に手洗いして、個人の部屋に干すという方が多いのではないでしょうか。(※私は留学中そうしてました。)

そんな時、持って行きたい日本のハイクオリティーアイテム・洗濯バサミ付きのハンガー

360度回転するフックで、向きを気にせず干せるので、限られたスペースでもコンパクトに干すことができます。カラフルなハンガーなので、お部屋が明るくおしゃれになりますよ^^

(50) レンタルスーツケース

短期の留学や初めての留学で1回きりしかスーツケースを使わないかもしれない、という方には、断然レンタルスーツケースがおすすめ!

いくつかメーカーがありますが、その中でも高品質のスーツケースを送料無料・破損保障付きで借りることができる『アールワイレンタル』がおすすめです。

【関連記事】
スーツケースのレンタルなら『アールワイレンタル』が圧倒的におすすめ!な5つの理由

おまけ:旅行・留学・ワーホリで役立つアプリ

持ち物というわけではありませんが、海外旅行や英語留学の際にダウンロードしておくと便利なスマホアプリはご存知ですか?

海外でWi-Fiがない環境でも使えるアプリや、英語学習に役立つアプリなど、実際にあってよかったと思えるおすすめの15のアプリを紹介しています。

もちろん全てダウンロード無料ですよ!ぜひ、合わせて参考にしてみてください。

【海外で役立つおすすめのアプリをご紹介!】
海外旅行や英語留学できっと役立つ!便利&おすすめ無料アプリ15選

スポンサードリンク